テーマ:花咲くいろは

花咲くいろは 第26話(最終回)「花咲くいつか」

お札に書いた緒花の願い事は、さすがにちょっと笑ってしまったw いや、最高に面白いアニメでした。こんなに心が晴れ晴れとしたのは、いつ以来だろう?w 四十万スイになりたい。様々な苦難をまっすぐに全力で乗り越えてきた緒花が掴み取った、夢であり目標。それをばーーんとぶち上げて、怒涛のような『花咲くいろは』全26話が完結した。2クー…
トラックバック:65
コメント:2

続きを読むread more

花咲くいろは 第25話「私の好きな喜翆荘」

親子三代そろい踏み!! これが見たかったんだ!w 横暴とも言える女将の態度に怒り心頭の喜翆荘メンバー。シリーズ中かつてない危機感をもって描かれたこの両陣営の対決にあって、四十万の女の血を引くものとして女将の薫陶を受けてきた緒花が、ぼんぼり祭りの手伝いに出向いたという事実だけをもって敵扱いされてしまうのは、可哀そうとはいえ仕…
トラックバック:58
コメント:4

続きを読むread more

花咲くいろは 第24話「ラスボスは四十万スイ」

ラスボスというか、もはや怪獣あつかいな女将。 今回はボリューム満点すぎる! 緒花と孝ちゃんの切ないラブロマンスに始まり、ぶつかり合い混乱する喜翆荘の様子や、いまだ真意の知れない女将。迫力満点の入浴シーンに、はじめて明かされる次郎丸太郎の素性。覚悟を決めた若旦那や、祖母と孫娘の心温まる交流・・・。たった20分強という時間の中…
トラックバック:55
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第23話「夢のおとしまえ」

今回のラストシーンはズルい!ズルすぎる!! 女将による衝撃の喜翆荘閉業宣言から1週間。今回は、まだその事実を消化しきれていない喜翆荘の面々を照らし出しつつも、物語の主眼を東京にいる孝ちゃんの心情へと一転させて描かれた。夢や恋を追い求めて焦燥感に駆られる若者の姿を、切なくも情熱的に切り取ってみせたエピソードだった。西村純二の…
トラックバック:58
コメント:2

続きを読むread more

花咲くいろは 第22話「決意の片思い」

女将の発言もまた、”決意の片思い”だったのかもしれない。 波乱の結婚式編(?)後半となる今回。シリーズ中もっともシリアスな展開であったと言えるが、それでも緒花がとにかくアクティブにかき回してくれるので、民子との掴み合いの喧嘩シーンを筆頭に、決して陰鬱にはなり切らずにテンポよく状況が移り変わっていくのが、相変わらず心地よい。…
トラックバック:58
コメント:0

続きを読むread more

『花咲くいろは』の聖地を訪ねて、のと鉄道に乗って来ました♪

アニプレッション! 投稿記事の宣伝です。 『花咲くいろは』の聖地を訪ねて、のと鉄道に乗って来ました♪ タイトルの通り、『花いろ』の聖地巡礼記事です。しょぼい写真ではありますが、我慢してご覧いただければ幸いですw にほんブログ村 ↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第21話「蘇る、死ね」

シリアス成分急増! そして後継問題も勃発か!? サブタイトルやら先週の次回予告やらで、どうも民子が緒花を敵視する展開になってきそうだとは思っていたけれど、まさかそのきっかけが若旦那と崇子さんの結婚なんて話になるとはまったく予想していなかった。それだけに、なんかもう清々しいくらいにベッタリな二人の様子には驚かされたなぁ。…
トラックバック:58
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第20話「愛・香林祭」

大輪の花咲く香林祭。オムライスの上に降臨した愛の大きさに噴きましたw 文化祭編後半エピソードとなる今回は、民子とクラスメートたちの確執もさることながら、それ以上に恋と友情のドラマとして完成されていた、珠玉の青春ストーリーだった。 というか何よりも、浦畑脚本の中でもとくに『ストロベリーパニック』第8話「紫陽花」…
トラックバック:29
コメント:2

続きを読むread more

花咲くいろは 第19話「どろどろオムライス」

民子が学園祭も仕事だと言ったのは、彼女はあくまで仕事人としての自分を徹さんに認められたいからなのだろうなぁ。 今回からのエピソードで取り上げられるのは、青春の定番・学園祭。劇中でも語られているように、普段なかなか一致団結することのないクラスの友人たちと何か一つの物を作り上げるというのは、本当にエキサイティングで、楽しい…
トラックバック:61
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第18話「人魚姫と貝殻ブラ」

菜子のキャラクター像が遥かに深みを増したエピソードだったなぁ。きもなこち、はひどいww 今回はどうやら1話完結エピソードで、いままでも決して活躍の少なくなかった菜子を、まったく新しい側面から照らし出そうと言うお話。水泳が得意な彼女を人魚姫になぞらえて、「自分らしさ」とは何かと葛藤する菜子の小さな、しかし確かな転機を描き出し…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第17話「プール・オン・ザ・ヒル」

笑い転げたwww なんだったんだ今回はw 映画撮影と若旦那の自立?を描く前後回の後半戦。怪しい映画プロデューサー、珍しく放任を決め込む女将、期待を膨らませる緒花たち、若旦那の青春と崇子との恋模様、喜翆荘後継者をめぐる姉弟の微妙な関係、プールとスク水と電話のベル、そしてついに次郎丸に訪れた好機・・・・・・。 これで…
トラックバック:32
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第16話「あの空、この空」

一見、楽しそうなシチュなのに……? 今回からまた新たなエピソードの開幕。もうかなり長いこと、真面目な話が続いてる印象があるけれど、序盤のようなある意味でナンセンスなコメディ回を挟んでいる余地はないというか、そういう回をやらずとも十分にエンターテイメント性を保てるという判断なのだろう。いままではどんなにシリアスな展開でも、か…
トラックバック:51
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第15話「マメ、のち、晴れ」

洋輔くん、男を上げたね。思わずホロっと来てしまった。 2話連続で描かれた、結名の夢と人生の葛藤の物語。前回はかなりグダグダだった許婚・日渡洋輔が緒花たちの頑張りに感化されてぼんぼる姿を見せたことで、彼にキツイ一発をお見舞いした結名のほうが、逆に洋輔の生き方に歩み寄る様子を見せた。人にはどんな可能性だってあるし、何を追い求め…
トラックバック:63
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第14話「これが私の生きる道」

後半戦突入! いきなり波乱万丈すぎるw そして新OP・ED(とくにED)がすっごくイイ!  唐突に水着回が始まるから何かと思ったら、2クール目の最初のエピソードは修学旅行から。喜翆荘から遠く離れた舞台だし、女将たちも登場しない(代わりに級友たちモブ勢が多数登場)のでちょっと不思議な感じだが、それでもやっぱり旅館という仕事場…
トラックバック:61
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第13話「四十万の女 ~傷心MIX~」

CMの前後あたりから、なんかもう涙腺緩みっぱなしだった。親子の絆の物語はやっぱりいいなぁ。 タイミング的には1クール終了ということで、作り手も当然それを意識しているのであろう、最終回的な雰囲気で綺麗に締めた良エピソード。皐月さんがやってくるというシチュエーションや、若旦那以下の喜翆荘の面々の怖がりようから推測されたほどには…
トラックバック:66
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第12話「じゃあな。」

シリアスはせいぜい1週間ちょっとしか続かない。それが『花咲くいろは』。 でもコミカルなやり取りの中にこそ、物語やキャラクターの本質が多分に含まれている作品と思う。松前皐月はいかにも道化的なキャラクターであり、彼女が登場しただけでまるで突風のようにして陰鬱な空気感を吹き飛ばして見せるのだけれど、しかしその風の中心は、どこか空…
トラックバック:75
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第11話「夜に吼える」

すごくカッコいいタイトルだったのできっと緒花がスカっとするような活躍をしてくれるかと思っていたのに、とんだ展開になってしまった。それにしても毎週ごとに面白くなっていくなぁ、この作品は! 前々回、女将を欠いたチーム・喜翆荘がなんとか奮闘してみせたことによって、雑誌の覆面記者問題はベストな形で収束した。でもそういえば評価そのも…
トラックバック:70
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第10話「微熱」

柚子小町サイダー!! 今回は緒花が風邪でダウンしてしまうお話。風邪をひいたときの一種独特な浮遊感みたいなものを表現しようと、様々な工夫を凝らしていた秀逸な回だった。現時点で、このシリーズ中でもっとも好きなエピソードになったくらい。色んな意味で面白い回だったなぁ。断片的なシーンのパッチワークのような構成や、意味のあるのか無いのか…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第8話「走り出す」

緒花の本領発揮か!? 珍しく1話では完結せずに、結末は次週へと持越しとなった第8話。考ちゃんの再登場と緒花との絡みももちろん気になるけど、女将不在という喜翆荘の大ピンチを前に走り出した松前緒花の姿に興奮必至の、傑作エピソードだった! ・女将と緒花の絆に涙! 他の作品の感想でも何度か書いてきたかもしれない…
トラックバック:64
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第7話「喜翆戦線異状なし」

緒花さんが真似しそうで怖いw 今回は待望の巴さんメイン!! 能登麻美子さんとしてはちょっと珍しいタイプのキャラではあるけれど、だからこそ彼女の演技の幅広さも含めて、ほぼ全編にわたって能登ボイスを堪能できた回だった。 巴さんのイメージと言えば、お姉さんというよりは、自分的にはもうオヤジ的な感性の持ち主である中年…
トラックバック:53
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第6話「Nothing Venture Nothing Win」

親子の絆や歴史のぬくもりを感じさせるエピソード。年を経て親子が同じことをやってるっていうのは、ドラクエ5をプレイして以来、大っ好きな物語展開だったりします^^ ・今回のお話 今回のお話は、以前からちらほらと名前の挙がっていた川尻崇子女史が登場し、伝統を維持しつつも斜陽の真っただ中にある喜翆荘の立て直しを図るエ…
トラックバック:66
コメント:2

続きを読むread more

花咲くいろは 第5話「涙の板前慕情」

会話が噛み合って無さすぎて、しっちゃかめっちゃか。この混沌っぷりを演出できるのが、緒花の魅力だろうなぁ。 金沢・能登旅行から帰ってきて、いの一番に視聴しました。あんまり『いろは』っぽいところは回ってこれなくて残念だったけど、ひとつだけ言えることは、石川県はすっごく良いところ!! さて今回の『いろは』は、徹さん…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第4話「青鷺ラプソディー」

青鷺でけぇ! とか、逆様笑顔の緒花が怖い! とか、新キャラ異星人すぎるwww とか、色々言いたいことはある。でも何と言ったって、能登麻美子の演技の面白さが最高!! 今回も申し訳ないですが殴り書きみたいになってしまいます。先週今週は本気で時間取れないので。明日火曜日から1泊もしくは2泊でお仕事を詰めてくるのと、あと月末か…
トラックバック:32
コメント:2

続きを読むread more

花咲くいろは 第3話「ホビロン」

ほびろん!! あはは、面白いw 今度使ってみよう。 今回はほぼ全編コミカルに、ダメダメ小説家の次郎丸が旅館のみんなを振り回したエピソード。次郎丸ってなんだか犬みたいな名前だけど、なんと彼の本名は次郎丸太郎というらしい。みるからに道化だが、秀逸なネーミングセンスだなぁ。 『花いろ』でエロをやってもどうし…
トラックバック:66
コメント:7

続きを読むread more

花咲くいろは 第2話「復讐するは、まかないにあり」

いやぁ、素晴らしい。いい感じになってきたじゃないですか。なんだかオラ働きたくなってきたぞ。 ・不条理な人生 前回、さんざん「働きたくない」という論旨のことを述べて恥を晒したので(笑)、もう少し自分の趣味に沿った見方をしてみようと思いますw というのも今回、「働きたいのに!」と息巻いていた緒花が、ふと…
トラックバック:55
コメント:0

続きを読むread more

花咲くいろは 第1話「十六歳、春、まだつぼみ」

やばい、こんなに面白そうなアニメだとは、予想通りだったけど予想以上だった!w 2011年春アニメ、第1弾。この時間なら、生で見れるからありがたいなぁ。それにしても素晴らしい第1話だった! 電子レンジの内部から部屋を撮影するという、なんともイレギュラーなカットから始まったこの作品。Aパートはとにかくこのような独特な…
トラックバック:77
コメント:2

続きを読むread more