妄想詩人の手記

アクセスカウンタ

zoom RSS 輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」

<<   作成日時 : 2011/07/09 05:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 55 / コメント 8

もし運命があるのだとしたら、僕はこの作品に出会うために、アニメを好きになったのかもしれない。そうだったらいいな、という話。


残念なことに「ウテナ的な作品」じゃないんです。どっちかというと「ペンギン的な作品」なんです(・⊝・) 
――2011年6月26日 幾原監督のツイートより



待ちに待った、なんていう言葉じゃ、幾原ファンの心境を正しく言い表すのは難しいのかもしれない。『少女革命ウテナ』以来、とうとう幾原邦彦が、TVアニメの監督としては14年ぶりとなる新作を世に問う日がやってきた。


自分は、『セーラームーン』の頃はまだ本当に子どもで、「あんな女の見るアニメなんか恥ずかしくて見てられるか!(←そのじつすげぇ見たかった)」なんて心理も働いてまともに見た記憶はほとんどない。また『ウテナ』にしても、いちおう生で視聴してはいたけれど、1997年当時はまだ精通も来ていない年齢だったため、あの魔力的な作品のスゴさなんてちっとも分かっていなかった。高校生になって、ヘッセ『デミアン』に傾倒した直後のころに”再会”したことで、はじめて『ウテナ』の虜になったのが、自分のアニメファンとしての原点である。


そのような中途半端な来歴の自分が、幾原監督作品のことを知ったように語る気は毛頭ない。だから、冒頭に掲げさせていただいた幾原監督の冗談めかした、しかし意味深な発言を前にしては、やはりここは『ウテナ』の残滓を完全に振り切って視聴しなければならないと、そんな決意を持って今回、この『輪るピングドラム』に臨ませていただいた。


だってそうでしょう、いつまでも『ウテナ』に縛られていては、視聴者にとっても、そしておそらく幾原監督にとっても、なんの生産性もあるはずがない。卵の殻は破られなければならない。生まれ出ようとする者は、ひとつの世界を破壊しなければならない。生まれ出た鳥が飛翔し目指す先はどこか、幾原監督とウテナファンにとっての神アプラクサスがどのような姿かたちをして我々を迎え入れようとするのか、その一端を垣間見せてくれなければ、12年ぶりの監督作品としての意味も意義もないだろう。


『輪るピングドラム』がどのような航跡を描き、どこにたどり着くのか。それが幾原監督にとってどのような意義を持ち、アニメ視聴者に何を考えさせ、そしてアニメの歴史にいかなる影響を及ぼすことになるのか。我々はいま、伝説が生まれる瞬間を目の当たりにすることになるのかもしれない。


----

「運命って言葉が嫌いだ」



まずは、第1話「運命のベルが鳴る」の感想をつらつらと書いておきたい。


冒頭とラストを、昌馬と冠馬の二人による「運命って言葉が嫌いだ」とのセリフで挟み込んだ第1話。昌馬のそれは、理不尽に人の幸不幸や生き死にを操る運命への嘆きの言葉であり、主人公たちがこれから辿ることになる数奇な人生を予感させるもの。冠馬のそれは、人がシンプルでもなく美しくもない姿で創り出された不可解さと、それでも自分たちを縛ろうとする運命への呪いの言葉であって、昌馬の予言めいたセリフよりはずっと卑近で切実な想いと物語の波乱を感じさせるものだった。この二人がひとまず提示した主題に対して、次回、陽鞠がどのような回答を用意しているのか。それが物語の方向性や主題をより明確にするのであろうから、楽しみだ。


Aパートは、しきりに奇抜であったり目新しかったりするデザインや演出が画面中に取り込まれており、目を楽しませてくれる。モブキャラを極度に記号化するのはシャフト作品に限らずすっかりお馴染みとなった演出だが、今作の場合は単なる簡略化やデザイン性重視という意味の他に、アニメを通して世界を再構築してみせる上での何らかの方針の一環なのかもしれない。モブ以上に記号化されている駅や路線図の描写が、この作品のひとつの”顔”であるらしいのも、何らかの強い意図を感じさせる。それでいて、例えば高倉家の部屋の様子などは重度に装飾過多で、しかも多分に幼児時代の趣味を引きずっている。水族館にいたペンギンもやたらリアルで、普通、認識票まで描くか? と思う。


第1話を見た限りでは、主人公3人の心象と密接にリンクした”内側の世界”と、彼らにとってあまり関係のない”外側の世界”を、あからさまに分離して描いているような印象だ。ただ、その”外側の世界”的な手法で描かれている電車関連の描写が、この作品において非常に重要な意味を持っていそうだというのは面白い。OPも含めて何度も意識させられた改札口や、電車内の広告「本日の標語」、CM前後のアイキャッチ、そして何より、診察室回想シーンへの導入も電車の発車ベルと電光掲示板を用いて強烈なインパクトを残しているのを見ると、電車(劇中ではTokyo Sky Metro となっていた。もしかして空飛んでる?)の存在は作品を解き明かす鍵のひとつとなりそうだ。


あくまで想像だが、色彩豊かな画面が主人公たちの内側で、シンプルな記号的画面が外側の世界であるというのが正しいのであれば、電車というのは内側と外側のアクセスに用いる道具であることから、運命とか宇宙とかいった概念と対峙する主人公たちにとって、外的世界からの強制的な干渉を象徴するものとして、電車という装置が機能することになるのかもしれない。少なくともすでに第1話においてさえ、電車は妹の死という不幸に間接的に関与していると言えるし、診察室シーンへの導入として鳴り響く発車ベルは、乗り遅れた者を放置してでもダイヤ通りに運行される電車の性質を、個々の人間の不幸や死など何も問題とはならない社会や運命の残酷さになぞらえているのは間違いない。誰が引いたのか分からないレールの上を、強引に、横暴に、しかし極めて冷静に、猛スピードで駆け抜けていく機械仕掛けの乗り物。誰かが乗り遅れたり、客車から投げ出されたり、あるいは車輪に巻き込まれて死んだとしても、何十億という人間たちを乗せて時間通りに走り抜けていく。そうしたイメージを、運命もしくは宇宙という概念に付与しようするのは、これはきわめて幾原監督らしい語り口ではないか。


また、作中で語られる宇宙というキーワードも、電車と同じような意味で、主人公たちを残酷に不条理に縛り付ける存在としてまずは語られていると思われる。やはり決定的なのは診察室に置いてあった天球儀だが、高倉家の居間にある蛍光灯の傘も、亀と象に支えられた須弥山という、古代インドの地球観をなぞった形状となっている。この傘の象の部分は、くるりと巻いた飾りが象の鼻を連想させるものだと思うが、さらに直接的なモチーフとしては象の湯沸しポットが登場し、傘のヒモにぶらさがる三匹の親子亀とともに、高倉家の室内の空間を地球を中心とした小さな宇宙になぞらえている。妙に煌びやかで子供っぽい内部装飾の混沌ぶりも、居間の中心に地球が浮かんでいるのだと考えれば、なるほどいかにも宇宙然とした印象がある(本当はさらにそれを蛇が支えているんだけれど、ちょっと画面から明確な蛇の要素は判別できていない。窓際ににょろにょろと長い飾り物はあるけれど、あれを蛇と断ずるのは苦しいかw)。またその室内のシーンにおいて、ソファで寝転ぶ陽鞠を見下ろすように撮影したカットで、鳥籠と蝶の飾り物が強い存在感を示しているのは、なかなか暗示的だ。


なお、リンゴ=宇宙説を唱える子供が登場したが、自分はあまり『銀河鉄道の夜』の内容を覚えていないのだけれど、愛のある死を選択した者へのご褒美として、この世界とあっちの世界をつなぐリンゴ(=掌にのる小さな宇宙)がもらえるという話は、直接的にはBパートの展開に対する前振りでありながら、同時にこの作品そのものが取り組もうとしているテーマをも象徴しようとしているのかもしれない。リンゴと言えば、『少女革命ウテナ』において”世界を革命する”という行為を象徴するもっとも早い演出のひとつとして有名なモティーフであり、『ピングドラム』でもどうやら重要なキーアイテムとなってくるようなので、注目しておきたい。


----


生存戦略、しましょうか



さて、問題のBパートだが……えっと、どうしてこうなったwww


まぁ、不安や憶測をさまざまに掻き立てるものの、やはりなんとなく地味でありがちなストーリーという印象のAパートだったので、この270度の急速回頭は期待通りの予想外といったところ。どシリアスに展開していた矢先の「せいぞん、せんりゃくぅー!」という掛け声が妙に気の抜けた印象と、双子兄弟の可笑しな驚き様、弟に先を起こされて恥ずかしながらも陽鞠に抱き着いた冠馬の可愛らしい姿に、突然カチコチに凍ったペンギンが配送されてくるというナンセンスなシチュエーション。ていうか凍らせて大丈夫なのかよペンギンどもっ!?w 傘を届けに来たペンギンがバタバタと追いかけてきたシーンには、もう腹を抱えて笑い転げてしまったw


そして、もちろん、その後の予想外すぎる展開には本当に度胆を抜かれてしまったわけで。家庭に謎の生命体がやってくるなんてシチュはまだアニメ漫画等ではお馴染みのものだが、まさかそこからアイドルソングにのせて宇宙船だかロボットだかよく分からない舞台装置が起動し、ペンギン女王(?)が宝塚ばりにかっこつけたポーズを決めながら股間を強調つつ登場しようとは、誰が想像できようかw


むろん『ウテナ』や『タクト』のファンなら、この手の物語展開や映像演出は、馴染みがありすぎてニヤニヤが止まらないところだろう。ダサかっこよくてインパクト絶大な掛け声と同時に大がかりな機械装置が起動、主人公たちをまったくの異次元に連れ去って絢爛豪華な舞台空間が画面いっぱいに広がってゆく。そこで交わされる言葉や行為は、意味深で、かっこよくて、詩的で、またエロティックだ。これだ、こういうのが見たかったのだ!! 


「生存戦略、しましょうか」との言葉とともに、陽鞠の服は脱げ、彼女は冠馬の胸に手を伸ばす。生存戦略という言葉の持つ意味に加え、兄妹という背徳感も手伝って、このシーンのエロさはすごいものがある。影絵演出、胸から取り出したる光、失神するほどの快楽、画面いっぱいに広がる植物の赤と黒・・・。『ウテナ』を連想するなというほうが無理があるが、それでもやはりピングドラムはピングドラムなりのやり方でもって、この、まだ何が起こったのかよく分からないながら決定的な何かが起こったのだということは感じさせるシーンを、作り上げることに成功している。もし今後このシーンが各話構成のパターンに組み込まれるのであれば、この意味不明なシチュエーションがどのような役割を持っているのか、じっくり考えながら今後の展開を楽しみたいところだ。


ピングドラムを手に入れるのだ、という指令(?)が何であるのか、その具体的なところも今後近いうちに明かされるであろう。いちおう現段階で想像できる範囲で考えるなら、女王に胸の奥を引きずり出された冠馬は、実の妹に欲情するという禁断の果実の味を、はっきりと噛み締めたのではないかということか。Bパート冒頭において、陽鞠の薄幸の運命を「俺たちに課せられた罰」だと語っていたところを見ると、当然、昌馬も陽鞠を妹以上の存在として見ているのだろうし、その時点で十分に自らの罪な欲望を自覚していただろうとは思う。だが、冠馬が改めて自分自身を「本当に人なのか」と問いかけ、口づけという決定的な行為に及んだというのは、”生存戦略”なる行為を”した”からこそのものだったのではないだろうか。


このあたりの事情や、主人公の彼らに課せられた使命については、どうしても次回以降の展開で語ってくれるのを待つしかない。しかし少なくとも、なんだかとんでもない作品がはじまってしまったぞ、という強い印象をしっかりと残して第1話が届けられたという事実を、嬉しく、そしてますますの期待感を持って受け入れることになったのだった。



----


人は、何のために生まれるのか。



さて、第1話の時点で時期尚早とはいえ、次回からまた急展開を迎えてくれてもいいように、事前に今作のテーマを推測して、置いてけぼりを食わないように身構えておきたい。


たぶん、幾原監督が彼の人生においてもっとも切実に希求し思索し続けている問題というのは、青年時代からなにひとつ変わっていないのではないかと思う。それは監督自らの思索や創作活動によって常に探求されてきたものであろうし、『ピングドラム』という作品においても変わらずに、いやむしろいっそう強く打ち出されているテーマではないかと思う。それは作中でも語られている、人は(自分は)何のために生まれてくるのか、何のために生きているのか、といった言葉におおよそのところが集約されるであろうが、その背後に存在している思索や想いを表現するのは数語の言葉では絶対に不可能で、だからたくさんの思想家や哲学者や宗教家や芸術家が、自分たちなりのやり方で追求し、表現しようと試み、そして失敗してきたものだ。


自分は、アニメはとっくに少年少女たちの専有物ではなくなり、ひとつの芸術分野として確固たる花を咲かせている現在においては、そろそろ、そうした実存哲学的な思索や葛藤に真っ向から取り組む作品が出てこなければならないと思っていたし、そういう点で『少女革命ウテナ』をアニメ作品の最先端・最高峰に位置付けて考えていた。エヴァやウテナが発表されてからすでに十数年のときが経ち、その間あまり満足にこの手のテーマを扱った作品が現れず、たまにこれに取り組む姿勢を垣間見せたとしても到底『ウテナ』ほどの深みにまで踏み込んではくれなかったのが現実であった。そこで、いよいよ真打ちの登場というか、改めて幾原監督が、現代日本においてドストエフスキーやヘッセらの系譜を受け継ぐ者として取り組もうとするのが、『ピングドラム』という作品なのではないかと思う。


系譜を受け継ぐ、などと軽々しく書いたが、ことはそう生易しいものではない。過去、深い思想を備えた偉大な作品が登場した際、作家の深い精神的闘争が行われたのはもちろんのことだが、それを娯楽として発信し、若者たちに電撃的な感銘を与えることができて、はじめて彼らの作品は古典として歴史に名を刻むことができたのだ。仮にヘッセに憧れたとして、幾原監督が『ウテナ』においてヘッセと同じことを述べようとしていたら、とてもではないが歴史に残るような作品にはならなかっただろう。幾原監督と彼の旗下のスタッフが、彼ら自身の中で思索と葛藤を繰り広げ、作品テーマとその表現法を一から組み上げることで、はじめて傑作が完成したのだった。


仮に幾原監督が、『ピングドラム』を単に娯楽として楽しめるだけでなく、また売り上げを稼ぐためだけでもなくて、この作品に作り手としての魂を込めようとしているのなら、あるいはこの作品を持って過去の代表作を乗り越えようと戦うのだとしたら、それは本当に大変な事業になっていることだろう。娯楽作品という点では大衆に開かれた面白さを備えていながら、それでいて監督やメインスタッフによる極めて私的な思想的葛藤の告白の場。このような相反する二つの役割をひとつの作品に担わせるということが、どれだけの意義と価値を有していることか。おそらく幾原邦彦という人物は、この難題にもっとも真剣に挑戦しているアニメ監督の一人だ。だから我々視聴者も、せめて一握りの人間でも良いから、作り手が作品に込めようとしている魂に触れる努力をしなければならない。(自分の記事がその一助となれば幸いなのだが、自分もこればっかりは自信がありません^^)




それにしても、本記事冒頭で紹介した幾原監督の発言、「ペンギン的な作品」という言葉には、いったいどんな意味が込められているのだろう。そして幾原監督は、この作品を通じて何を考え、何を発信しようというのだろう。


ペンギン的な作品、という発言。「きっと何者にもなれないお前たちに告げる」という決め台詞。運命とか、宇宙とか、人の生まれる意味などといったキーワード。そこには、この作品の主題の尻尾が見え隠れしている。まだまだなんだかよく分からないけれど、しかしなんとなく思索の糸口が捕まえられそうな、ぼんやりとしたとっかかり。そこから想像を繰り広げることが、正解不正解を問わず、視聴者が作品の魂に触れようとするもっとも基礎的な作業となるはずだ。


おそらく、ペンギンとは「何者にもなれない者」の象徴ではないだろうか。ペンギンは言うまでも無く鳥類で、これは科学的に疑いようのないものである。だが、我々の一般的に想像する鳥とはまるで異なり、空を飛ぶ翼はなく、陸上ではまるきりヌイグルミのような生き物で、しかしクジラやイルカのように完全に海中で暮らすほどには覚悟を決めているわけでもない。泳ぎ方は魚とは異なり、空中を飛ぶように泳ぐのだと評する人も多いが、あの運動を翼を持った鳥が空中でやってもすぐに墜落するだけだ。ペンギンはあくまでペンギンとして、泳ぎ、歩き、生きている。


もとは鳥の仲間として自由に大空を駆け巡っていたであろう彼ら。いまでは鳥とも魚とも似つかない独特な生態や容姿で、わざわざ寒冷地帯の荒野を選んで生息している。考えてみればこの姿は、世俗の人間社会を去って荒野に逃げ延びた隠者のようではないか。それも、自ら好んで出家したというよりは、鳥社会から落ちこぼれたグループが仕方なしに自分たちなりの生存戦略を確立しようとあがき、その結果として行き着いたと考えるほうが納得できる。ペンギンは、不条理な運命にもてあそばれ、急発進した列車に乗り遅れた鳥たちの、哀しくもしたたかな姿であると言えよう。


食物連鎖(宇宙のルール)の頂点に立ったり、あるいは他のライバルを蹴落として生き残ったりするだけの強さを持たなかったペンギンたち。彼らの生存戦略が、空から逃避することであり、肥沃な森林地帯を捨て去ることであり、しかし決してあきらめずに運命と戦い続けることであった。もし”ペンギン的な”という発言にこうした意図が込められているのなら、そのペンギンたちに選ばれた高倉昌馬・冠馬・陽鞠、あるいはまだ未登場のキャラクターたちが、いかなる宿命を背負い戦っていくのか、おぼろげながら想像できるのではないだろうか。


決められた社会のルールや、生き物として課せられた運命なるものに対抗しようとした偉大なる鳥類に、ジョナサン・リヴィングストン(『かもめのジョナサン』)がいる。今作があの霊感豊かな孤高のカモメを意識しているかどうかは知らないが、おなじ鳥類として、またカモメ以上に運命の名のもとに虐げられながら生存し続けてきた者として、”何者にもなれない者”ペンギン達の奮闘を眺めてみるのも、あるいは面白いかもしれない。




――で、ドラムってのはなんなんだろうね?w



----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(55件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新アニメ「輪るピングドラム」第1話
生存、戦略 ...続きを見る
日々“是”精進! ver.A
2011/07/09 05:59
輪るピングドラム1話「何だかわからないけど、最高に面白い幾原邦彦監督12年ぶりの新作!」(感想)
幾原邦彦さんがアニメに本格的に帰ってきた。 それだけで私は感無量です。 ...続きを見る
失われた何か
2011/07/09 06:04
輪るピングドラム 第一回 感想
運命のベルが鳴る ...続きを見る
飛び道グブロ具
2011/07/09 06:14
輪るピングドラム 第1話
高倉冠葉、晶馬は双子だが、性格は真逆なようである。 女の子にモテてナンパな一面を持つ冠葉と料理が得意な晶馬。 病気で余命幾ばくもない末の妹・陽毬が家に帰宅してくる。 晶馬は、美味しそうな朝食を作り、母の味のお味噌汁を堪能する高倉家。 陽毬の誕生日に、彼女が行き ...続きを見る
ぷち丸くんの日常日記
2011/07/09 06:18
輪るピングドラム 流石としか言いようがない。完璧にハマった。一見の価値有りな第1話
&#160; ...続きを見る
狼藉者
2011/07/09 06:26
輪るピングドラム 1話感想
「ウテナ」の幾原邦彦が脚本・監督を担当し、ブレインズ・ベースの制作による今期期待のオリジナルアニメです。 ...続きを見る
つぶかぼアニメ感激ノート
2011/07/09 06:46
輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」
おかえりなさいませ幾原監督!! ...続きを見る
中濃甘口 Second Dining
2011/07/09 07:12
??????????????????????????????????????????????????...
????? 2011?7???????? ??????????????????????? ????? &nbsp;&nbsp;&nbsp; &nbsp; ????? ???????? ? ?????????????????? ??? &nbsp; &nbsp; &nbsp; ????? ??????? ?????Mr.T????? ????????? ????????? &nbsp;&nbsp; &nbsp; &nbsp; &nbsp;... ...続きを見る
??UrawaReds&SubCul
2011/07/09 07:37
輪るピングドラム 01 「運命のベルが鳴る」
輪るピングドラム 1st STATION 「運命のベルが鳴る」 さて、これでしょ ...続きを見る
藍麦のああなんだかなぁ
2011/07/09 08:04
輪るピングドラム第1話 運命のベルが鳴る 感想
僕は、運命って言葉が嫌いだ・・・ ...続きを見る
KAZUの暮らし
2011/07/09 08:06
輪るピングドラム 第1話 「リンゴはなんにもいわないけれど リンゴの気持ちはよくわかる」
宮沢賢治の 「銀河鉄道の夜」 を用いてこの作品の裏設定らしきものを語っていましたが、リンゴといえば 「白雪姫」。毒リンゴを食べた白雪姫が喉に詰まらせていたおかげで息を吹き返すという話。 陽鞠が幸運にも不治の病から生き返ってしまうあたりは 「白雪姫」 を彷彿とさせます。またディズニーが考えた 「王子様のキスによって生き返る」 という話も、ラストのキスシーンがそれっぽいですよね。 ...続きを見る
スキマの美学
2011/07/09 08:52
輪るピングドラム第1話感想「運命のベルが...
お試し視聴したら・・・・以外と面白くて、続きが気になっちゃった(^^)公式サイトも謎のままなので、これは明日にならなきゃ開かれないってことかな?監督はウテナの幾原邦彦さ... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2011/07/09 08:59
輪るピングドラム 第1話 感想「運命のベルが鳴る」
お試し視聴したら・・・・以外と面白くて、続きが気になっちゃった(^^) ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2011/07/09 08:59
【輪るピンクドラム 第一話 運命のベルが鳴る 感想】
わけわからなさすぎワロタwww ...続きを見る
ようちゃん!!
2011/07/09 09:19
【アニメ】輪るピングドラム 1話 俺は運命って言葉が嫌いだ
輪るピングドラム 1話「運命のベルが鳴る」 の感想を ...続きを見る
おもしろくて何が悪い ケの人集会所
2011/07/09 09:22
『輪るピングドラム』#1「運命のベルが鳴る」
「俺は運命って言葉が嫌いだ」 ...続きを見る
ジャスタウェイの日記☆
2011/07/09 09:26
【輪るピンクドラム 第一話 運命のベルが鳴る 感想】
わけわからなさすぎワロタwwwなんだろう、全く理解できない不思議な世界を見たんだけど、妙に心躍ると言いますかwつい制作サイドの思うツボになってるような感じでもありますが、そ ... ...続きを見る
ようちゃん!!(ライブドア)
2011/07/09 09:32
輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」 感想
「運命」 ...続きを見る
crystal cage
2011/07/09 09:50
輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」 感想 
 悲しみに打ちひしがれていた彼らに届けられたのは、運命。 ...続きを見る
靴の先は二次元の入り口
2011/07/09 10:11
???????? ?1????????????
???????? ?1???????????? &nbsp; &nbsp; &nbsp; ????? ??????? ?????????? ??????? ?????? ???????????????? ??????? ????? &nbsp; ???????????????(*&???`)???? &nbsp; &nbsp; ???????????????????????????????????... ...続きを見る
?????????????????
2011/07/09 10:37
輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」 感想
生存戦略! イクニがやってくれたぜ。 ...続きを見る
書き手の部屋
2011/07/09 11:07
[アニメ]輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」
「せいぞーん、せーんりゃーく!!」 ...続きを見る
所詮、すべては戯言なんだよ
2011/07/09 11:17
輪るピングドラム 第1話 『運命のベルが鳴る』 感想
放送前に公式サイトを見ても、どんな内容なのか全く分からず、オサレ系やアート志向なのかなと思っていたら、十分にエンターテイメントで、かつアニメならではの魅力にあふれる作品でした。 輪るピングドラム 第1話 『運命のベルが鳴る』 のレビューです。 初回なので、視聴を検討中の方のために、なるべくネタバレ無しで書きますが、一部の設定については言及します。 ...続きを見る
メルクマール
2011/07/09 11:36
輪るピングドラム第一話 感想
僕は運命って言葉が嫌いだ ...続きを見る
知ったかアニメ
2011/07/09 11:56
輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」
きっと何者にもなれないお前たちに告げる――。 分らないけど、すごく気になる(笑) 少女革命ウテナ以来、ひさしぶりの幾原邦彦監督作品。 意味不明の中毒性は変わってませんねw  ...続きを見る
SERA@らくblog
2011/07/09 12:07
「輪るピングドラム」1話 運命のベルが鳴る
「生存戦略しましょうか!」 ...続きを見る
蒼碧白闇
2011/07/09 13:04
『輪るピングドラム』 第1話 感想
うぉぉ。昨日、ちらっとこのアニメについての感想※を目にしてしまったのですが、 なるほどぉ。 ...続きを見る
シュミとニチジョウ
2011/07/09 14:02
??????????1???????????
??????????????????? ...続きを見る
??????????????
2011/07/09 14:51
輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」感想
何故 ペンギンは 空を飛ぶことを選ばなかったのか・・・ これは 久々に考察していきたいと思わせる作品が来ました。 素晴らしい映像美と音楽、期待が高まります。 生存戦略、なぜこの作品のモチーフに ペンギンが選ばれたのか?少し考えてみたいと思います。 ペンギン… ...続きを見る
サラリーマン オタク日記      
2011/07/09 15:43
輪るピングドラム第1話『運命のベルが鳴る』の感想レビュー
Aパートの時点でヒロインが◯◯してしまう斬新アニメ(゚∀゚)キタコレ!! 自分は先にノベライズ版で予習をしていたので心の準備が出来ていましたが、初見の人はかなり驚かされたのではないかという感じでしたね。 ...続きを見る
gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
2011/07/09 16:21
輪るピングドラム 第01話 『運命のベルが鳴る』
感動作か・・・!?監督に「少女革命ウテナ」の幾原邦彦、キャラクター原案に「おとめ妖怪 ざくろ」の星野リリィを迎えて送るオリジナルアニメです。一見あばら屋、でも外見も内面もサイケな家に暮らす高倉三兄妹。しかし妹の陽鞠(ひまり)は難病で余命数ヶ月という身の上だった。 水族館で容態が急変し命を落とした彼女だったが直後に蘇生。生存、戦略ーーーー!!言動は意味不明だったが、生き返ったことと病状が回復&安定している事に安堵する兄二人。直後に周囲ではおかしなことが発生しだしたのでした。&nbsp; 後半のぶ... ...続きを見る
こいさんの放送中アニメの感想
2011/07/09 16:45
輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」
この幾原邦彦監督のオリジナルアニメーションでは、主人公たちの高倉家は荻窪5丁目にあるようだ。 「少女革命ウテナ」以降久しぶりの原案・監督作となる「輪るピングドラム」は事前情報の少なさや、この第1話を見た上でもなお姿を見せぬ方向性に期待と不安が 入り交じったままだ。... ...続きを見る
アニメレビューCrossChannel....
2011/07/09 16:49
輪るピングドラム 第1話 「運命のベルが鳴る」
幾原邦彦監督が織り成す、 ...続きを見る
ハルソラ ~Spring Sky~
2011/07/09 17:17
【輪るピングドラム】1話 凄い疾走感のあるカオスアニメだな
輪るピングドラム #01 運命のベルが鳴る ...続きを見る
にわか屋
2011/07/09 17:18
輪るピングドラム:1話感想
輪るピングドラムの感想です。 ...続きを見る
しろくろの日常
2011/07/09 17:30
輪るピングドラム #01 「運命のベルが鳴る」
現実と ...続きを見る
nationwiseのZALEGOTOぶ...
2011/07/09 19:18
輪るピングドラム 1話
物凄いオーラを感じる…! ...続きを見る
10+1次元の世界
2011/07/09 19:29
輪るピングドラム 第01話
わからないことが多い。でも面白い ...続きを見る
記憶のかけら*Next
2011/07/09 19:32
輪るピングドラム 第1話 我々は再びアニメ史の目撃者になるのか!?
■輪るピングドラム ...続きを見る
めもり〜る〜む
2011/07/09 19:52
輪るピングドラム TBS(7/08)
第1話 運命のベルが鳴る 公式サイトから 両親のいない高倉家には3人のきょうだい ...続きを見る
ぬる〜くまったりと
2011/07/09 19:59
『輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」』
えーと、なになに? 三兄妹で暮らしていて... ...続きを見る
ひろしのアニオタ日記
2011/07/09 20:24
輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」
NO.6も気になって見てたのですがひとまずこちらを先に〜 事前の情報が限定されてたので全くどんなものかわからないのが 逆に興味を惹かれてお試しです♪リリィ先生がキャラ原案なのもポイントですがw 初見... ...続きを見る
Spare Time
2011/07/09 21:23
輪るピングドラム 1話
おかえりなさい。 というわけで、 ...続きを見る
アニメ徒然草
2011/07/09 21:45
輪るピングドラム #1「運命のベルが鳴る」
...続きを見る
せめて哀しみとともに。
2011/07/09 23:21
輪るピングドラム第1話「運命のベルが鳴る」 レビュー・感想
「生存戦略、しましょうか。」 わけが解らないけど、これはスゴいアニメが出てきた・・・ 最初アバンからAパートまで観た時点では綺麗な色彩感覚の家の中とそれに似合わない周り ... ...続きを見る
ヲタブロ
2011/07/09 23:48
輪るピングドラム 第1話
本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 ポカ────────( ゚ д ゚ )────────ン 意味は分からないけど、めちゃくちゃ面白い……気がする。意味が分からないけど、何かが伝わってくる……気がする。 では、以下レビューです ↓ ...続きを見る
冴えないティータイム
2011/07/09 23:52
輪るピングドラム STATION 01「運命のベルが鳴る」
オープニングテーマ「ノルニル」歌:やくしまるえつこメトロオーケストラ生存戦略ー!高倉陽鞠は不治の病で、医者に寄れば歩いているだけでも奇跡的で、余命はもって数ヶ月。長男・高倉冠葉と次男・高倉晶馬は陽鞠を連れて、家族の思い出の場所である水族館へ遊びに行くが、冠葉が ...続きを見る
無限回廊幻想記譚−アニメ・映画感想−
2011/07/10 01:41
輪るピングドラム #1「運命のベルが鳴る」MSA方式感想
この記事は“MSA方式”の感想記事です。基本は、アスカとエルの語りで記事が展開されます。いわば自キャラクターなりきり感想と思えばよろしいと思うのでお願いします。エル「 ... ...続きを見る
リバー オブ チェリー
2011/07/10 02:42
[アニメ]「輪るピングドラム」1話
さかなクンで実写化決定(嘘)。 面白かった。妹のクラシカルなロングスカートは変身後の為の前振りだったんだな。映像体験という意味では「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」も強烈だったけど、話題性はそれ程でもなかった。マジキチの落差こそ人は語りたがるか。 ...続きを見る
懐柔する怪獣
2011/07/10 04:30
輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」感想
 2011夏開始アニメ感想第2弾は「輪るピングドラム」。番宣のフレーズが印象的でずっと気になっていた作品で、今期一番期待していた作品です。ウテナの監督・幾原監督の久しぶりの新作ということでも注目されていた作品でした。 で、その第1話ですが、あらゆる意味です... ...続きを見る
コツコツ一直線
2011/07/10 13:08
輪るピングドラム 第01話 「運命のベルが鳴る」
今年はオリジナルアニメの当たり年っぽいがこの作品も波に乗れるか!? あの話題作「少女革命ウテナ(AA)」の幾原邦彦監督、キャラクター原案に 「おとめ妖怪ざくろ(AA)」の星野リリィ先生と注目の「輪るピン... ...続きを見る
ゆる本 blog
2011/07/10 13:12
輪るピングドラム #01 『運命のベルが鳴る』 感想 〜悪役的生存戦略の肯定か否定か〜
  ...続きを見る
隠れオタん家
2011/07/10 20:42
輪るピングドラム第1話「運命のベルが鳴る」
輪るピングドラム第1話「運命のベルが鳴る」「生存戦略しましょうか」夏アニメ第9弾です公式HPより両親のいない高倉家には3人のきょうだいが暮していた。双子の兄の冠葉と弟の... ...続きを見る
SOLILOQUY
2011/07/15 00:07
輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」
輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」 ...続きを見る
SOLILOQUY別館
2011/07/15 00:10
「 輪るピングドラム 」1話の感想
「 輪るピングドラム 」1話、観ました。双子の兄の冠葉と弟の晶馬、そして妹の陽毬は両親を亡くし3人だけで暮らしていた。陽毬は不治の病に冒されており、担当医から余命が長くないと宣告される。数日後、自宅へ帰ってきた陽毬は兄達と一緒に水族館へ行き、そこで倒れ命を落 ...続きを見る
最新アニメ・マンガ 情報局
2011/07/23 11:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
怒涛のBパート、これを観ただけで幾原監督が帰ってきたと大興奮でした。意味は分からずとも何かとんでもないものが始まった、というのはウテナを知らない人にも伝わったんじゃないかな、と思いますね。

ビングドラムの意味ですが正解か分かりませんけど某掲示板からのコピペです。

ping(ピン[1]、ピング[2])はIPネットワークにおいて、ノードの到達性を確認するためのソフトウェアである。
IPネットワークにおける基本的なツールの一つであり、IPが実装されている環境のほとんどにおいて、何らかの形で用意されている。

磁気ドラムメモリ(じき-、Magnetic Drum Memory)は、1932年、オーストリア ウィーンの技術者グスタフ・タウシェクが発明した[1]記憶装置である。
ぽんず
2011/07/09 08:58
>ぽんずさん
機械関係さっぱりな自分には、その説明では何が何やらw ブロガーの中にもやはりそっち系(ITとか?)の用語から「ピングドラム」のタイトルの意味を推測されている方がいらっしゃるようですが、そのジャンルだと自分にはお手上げなので、どうか自分のフィールドに近い分野からのネーミングネタであることを祈っていますw(ていうか普通にペンギンと打楽器だろうとしか思って無くて、他の単語の意味を内包している可能性をスルーしてました)

それにしても、『ウテナ』を見てない視聴者にどう受け止められるか心配していましたが、おおむね好評というか、むしろかなり盛り上がっているような印象で、大変うれしいですね。今後もこのまま盛り上がり続け、ゆくゆくは日本アニメ史に残る作品になって欲しいところです。
おパゲーヌス
2011/07/09 16:54
これが幾原監督か…!という感じです。

かっとんだラストに目が行きがちですが陽毬が死ぬ前の最後の時間を過ごす描写とか、普通で高品質のドラマをしっかりと作れる実力のある方だと思いました。
ウテナの評判から変わってるものばかり作られる方かと思ったら、ストレートも変化球も投げられる方なんですね。

タクトもピンドラも一筋縄では行かないのは同じですが、タクトが傍若無人な部分もあったのに対しピンドラにはそういう部分を感じませんでした。
わかってもらえないかもしれないが、分かって欲しい。
そのための手がかりはすぐそばに用意してある、という印象です。

ペンギンの象徴する「何者にもなれない」の意味といい、哲学的な伏線もすごく魅力的です。
「rock over japan」のアレンジもそのシーンの視聴者を引きずり回すかのような豪奢な演出もすこぶる良かった。
ちょっとした中毒になりそうです(笑)。
ふぬけやろうど〜もを〜♪なんてあんなカワイイ声で歌ってるのがイイ!
yuki
2011/07/09 17:08
>yukiさん
たしかに幾原監督は、評判だけだと思いっきり変化球投手という印象は、あったかもしれませんw 『ウテナ』にしても、確かにぶっ飛んだ展開や演出ばかりが注目されがちな作品ですが、表現したいことを表現するためのアニメーション、というものを追求するのが、幾原監督のスタイルなのでしょう。このへん、比較的かっこつけたがりなシャフト演出とは一線を画す側面かもしれませんね。

『タクト』のキャラが傍若無人だというのはその通りだったかもしれませんw 『ピンドラ』のキャラの動かし方は今後の注目点ですね。いまはまだ普通(陽鞠だけちょっとヘンな子かな?w)なキャラクターたちですが、今後壊れていく可能性もあると思うので。

この作品の中毒性は仰る通りハンパ無いですね。自分も今日一日中、頭の中で「生存戦略ー!」とか「いまーじーん!」とかいう叫び声がぐるぐる回っていましたw
おパゲーヌス
2011/07/09 19:01
いつもお世話になっています。
コツコツ一直線・ソウキです。
TB誤爆してしまってすいません…。
お手数ですが削除お願いします。

ピングドラム、これからどうなっていくんでしょうね…?
おパゲーヌスさんの感想、とても読み応えがありました。
これからもウテナ愛を貫いてください!
これから毎回感想楽しみにしていますー。
ソウキ
URL
2011/07/10 12:59
>ソウキさん
TBの件、了解しましたー。わざわざどうもありがとうございます。

さすがにこの作品、どの感想読んでも皆が「考えたい!」「語りたい!」と思ってるようなのがよく伝わってきて、ブログ廻りも面白いですね。そんな中で自分の記事がちゃんと目立つことができるのか不安ですが(笑)、しっかり楽しんで視聴&更新していきたいですね。

自分もソウキさんの感想を楽しみにさせていただきます。プリンセスオブなんとかって名前はソウキの記事で初めて知りましたw 次回もよろしくお願いします^^

おパゲーヌス
2011/07/10 16:49
やっちまいました。
いや、なんていうか、前衛芸術みたい映像作品ってアニメ以外だと早々お目にかかれないよなぁ、とか思いました。


え?
後半?
テーマソングと共にヒロインがス^パーカーにチェンジ!ドレスアップとかそういうちゃちぃハナシじゃあないのだぜ!!
…という前例を知っていると、ポカーンってなるくらいで済みました。

ええ、ポカーンで済みましたとも。
あの衝撃はヤバかったwww

第一話の時点ではまだまだ何にもわからないので今後に期待です。


ところで、目の前に山積している卒業論文と前期試験&レポートおよび就活勢力をどうしよう……か?

正直素直に楽しめないというか見てる暇もないというか……いやぁ、困った。
しずく
2011/07/13 22:16
>しずくさん
スーパーカーww まぁたしかに、前衛的と評せるかどうかはともかく、作り手が意欲的にいろんな手法に挑戦できるのはアニメならではのものになってしまってますよね。

自分の経験ですが。卒論は3日あれば書けますww 試験やレポートも最低限単位もらえる程度でいいのなら、量にもよりますがアニメメインのシフトでいけるのではないでしょうか。就職活動は・・・アニメなんか見てないで頑張ってくださいwww

自分も、震災前後はちょうど個人的な問題(生活の一変とか身内の不幸とか)が重なって、時間がないという以上に、意欲が起きなくてアニメに積極的に向き合えない時期が続いてしまいました。最近ようやく、時間やエネルギーのやりくりができるようになってきたかなと。そしてこういうときは仕方がないので、惰性で見てしまうような作品は切ってもいいのではないでしょうか。そうしてるうちに、自分が本当にアニメが好きなのかどうかが、改めて分かってくるかもしれません。たぶんアニメの楽しさは忘れられないので、大丈夫ですよw
おパゲーヌス
2011/07/14 20:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


opagenusをフォローしましょう

↓ランキングに参加中です。一日一回、クリックして頂けると喜びます
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

QLOOKアクセス解析

アニプレッション!!
 参加者絶賛募集中!!


メールアドレス

opage_nus@livedoor.com

輪るピングドラム 第1話「運命のベルが鳴る」 妄想詩人の手記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる