化物語 第2話「ひたぎクラブ其の二」

OPが見れました。尾石スタイル全開。メインヒロインによって歌と映像変わりそうですね。巨大化ひたぎはびっくりした。


しかしアバンからAパートまるまる、えちぃシーンが続きました。原作通りだとしても、ああも扇情的に描く力量はさすがというか。

Aパートのひたぎの家は、「月詠」以来よく見る舞台セット風の表現の発展型。無駄に柱などが描き込まれていてごちゃごちゃしていた。ひたぎと阿良々木が目の前で怒鳴り合っているのに、その真ん中に太い柱がずどんと立っていたりするのは面白かった。一方でBパート、とくに儀式(?)の中で忍野が質問をしていく場面あたりからは、前衛芸術か何かと思うような、抽象的な描写が展開されていった。




これは私の勝手な思い込みなのだが、今作に見られるような、おそらく尾石達也氏の手腕による映像表現は、とにかく見る者を圧倒しようという意図のもと、ビジュアル面を非常に重視した表現法に見える。前回の記事でも同じようなことを書いたが、画面を埋め尽くすひとつひとつの物体にはほとんどメッセージ性のようなものは込められておらず、その劇における必然性は特にないのだが、見た目が面白いから配置してみた、といったように感じる。もちろん演出的に何かの意味を込めた部分もあるのだが、そうでない部分の不必要な情報量があまりにも多いと思う。

それは、今作においてはしかし、セリフ回しにおいても同じことが言えて、とくにひたぎと阿良々木のやりとりなどは、肝心な情報が、不必要な言葉遊びの羅列の中に埋没されていてもどかしいのだが、それが最大の魅力でもある。原作が「映像化は不可能」と評されるのは恐らくここの部分で、登場人物の会話にしても、また場面の描写等においても、一見、意味深に見えてじつは意味のない言葉の迷路の中に、本当に大切な言葉が隠されていて、読み手は迷路の構造そのものを楽しみつつも、その中に込められた真なるものを探すというトレジャーハンティング的な行為に誘いこまれるのが小説の魅力なのではないだろうか。

もちろん私は原作どころか西尾氏の小説など1ページも目に入れたこともないので単なる推測なのだが、しかしこのアニメの映像表現が目指すものは何かと考えたときに、原作の持っている、映像に出来ないとされる部分がきっとあって、スタッフがそれをなんとか映像化しようと工夫した結果がこの映像表現になっているのだとしたら、と考えてみると、現段階では、言葉の迷宮を、映像の迷宮として描いて見せていると考えるのが妥当なのではないかと思う。


前回、原作ファンの方が、やはり映像化は無理だったとか、原作に比べたらつまらんとかおっしゃっていたのだが、それについて気になったので上記のようなことをちょっと考えてみた。当を得た推論かどうかはあまり自信がない。




ストーリー展開そのものは、PVなどから事前に予想してたよりもずっと人間ドラマ的だった。「夏目友人帳」っぽいというか。いやけっこう設定はえぐかったけれど。Aパートでさんざん扇情的な描写をしておいて、その後ひたぎの過去話に性暴力の話を持ってくるとか、男子としてはどう反応していいのか困ってしまう回だった。

ただ、宗教を社会悪の代表みたいな設定で持ち出すのは、そういうエセ宗教が多いからとはいえ、日本人らしい安易さだ。こういう設定は、宗教がもっと深く根ざした社会ならインパクトがあるが、いまの日本でやっても、母親がバカをやったとしか受け取られないので、ずいぶんと低俗な話になってしまう。かつてヨーロッパ文学がキリスト教と対峙したときのような影響力を、今の日本の宗教は持っていないのだ。日本においては、宗教批判は悪徳商法を批判するのと大して変わらない。そして、真面目な宗教活動家がますます偏見の目で見られている。このような状況で、信仰の愚かさを描いて見せても、そこにはエンターテイメントとしても、芸術としても、何の価値も存在しない。そんな設定を持ってきてしまったストーリーには、若干、残念な気持ちがあった。



「ひたぎクラブ」はこれで完結(?)ということで、次回はヒロイン変わるのか。早速OPも新仕様になったりするのかな?



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2009年07月11日 18:58
トラックバックとリンクありがとうございました。

この作品、ラノベにありふれた退魔ものではなく、短編人間ドラマですね。映像演出に誤魔化されそうですが、少し前の日曜劇場とか向田邦子ドラマみたいな匂いがします。
引き続きよろしくお願いします。
おパゲーヌス
2009年07月11日 21:29
>wataruさん
いえいえ、こちらこそ突然のリンク、失礼しました。どうぞよろしくお願いします。

自分は実写ドラマなんて全然見ないのですが、でも映像演出や小洒落たセリフ回しをはぎ取ったあらすじ部分は、おっしゃる通りの世俗的で実写ドラマ的な展開ですね。

どうやら原作ファンの方は「まよいマイマイ」こそ面白いとおっしゃってるので、映像以外の部分もまだ期待は高く持っておこうとは思いますが、最終話時点でベタ褒めできる作品になるかどうかはまったく未知数です。

この記事へのトラックバック