狼と香辛料Ⅱ 第4話「狼と浅知恵の末路」

アマーティに商人としての決闘を申し込んだロレンス。ここにきていよいよ目が離せなくなってきた。


アクションではなく、こういう展開を待ち望んでいた身としては、信用買いとか説明されてもいまいち要領を得ない自分の文系脳を恨むしかないww

ええっと、とりあえず信用買いってのは、先にお金をもらって、その時点での金額で商品を買ってきてもらうということでいいんでしょうか。ただそれだと単なる使い走りに見えるのだけれど、時間によって金額が大きく変動する商品であるという点がミソになっているという話。それで、今回は商品の引き渡し時までに暴落を引き起こすことができるかどうかというのが勝負点。そこまでは理解した。ただ、もうちょっと複雑なことを言ってたよね。うーん難しいww



以下、自分自身の理解のために、本編見ながら要点をまとめてみます。

ロレンスの提示した信用売りは、「現時点で、トレニー銀貨500枚分の黄鉄鉱を、明日の夕刻に売りたい」という提案。

たとえば、今仮にトレニー銀貨500枚で500kgの黄鉄鉱が買えるとする。もし明日、黄鉄鉱の値段が上がり、トレニー銀貨500枚で250kgの黄鉄鉱しか買えないとなると、アマーティは500kgの黄鉄鉱(トレニー銀貨1000枚分)を、半額の値段で手に入れることができ、その時点ですぐ売却すればトレニー銀貨500枚を儲けることができる。
逆に、明日、黄鉄鉱が安くなって、トレニー銀貨500枚で1000kgの黄鉄鉱が買える値段になった場合、アマーティは本来なら250枚の銀貨で済んだはずの黄鉄鉱500kgを、倍の値段で買ってしまったことになる。その時点で黄鉄鉱を売らなければならなくなったら、銀貨250枚の損失となる。

そこでアマーティは、普通の商売と何が違うのかと疑問を口にする。ロレンスがもし今、銀貨500枚分の黄鉄鉱を持っていたら確かにその通り。しかしすぐに気付いたのは、このやり方なら今、手元に金が無くても商品が手に入るということ。そこまでは理解できた。ただ難しいのが、「いろいろな商売があるのですね」というセリフに行きつくまでの説明部分。

つまりこういうことか?ロレンスが黄鉄鉱を買うのは、今ではなく明日の夕刻。明日、上記のような値段の変動があったとき、もし値段が上がっていれば、ロレンスは黄鉄鉱500kgを入手するために、銀貨1000枚を費やさなければならない。逆に値段が下がっていれば、250枚の銀貨で黄鉄鉱を入手できるため、残りの250枚を自分のポケットに入れることができる。そういう、相場の変動をある意味で賭け事の対象にした勝負、それが今回の決闘ということ。

。。。っていう解釈であってるの???


このあとマルクとの会話がまた難しい。黄鉄鉱の取引に興じている商人たちを麦の買いつけに走らせることで、黄鉄鉱の売りが増える。そうなると、需要に対して供給が少なすぎた黄鉄鉱が市場に出回り始めることで、黄鉄鉱の値段は頭打ちし、次第に下降していくことになる。もともと生活にはなんの値打ちもないただの石ころであるため、いったん値段が下がり始めると見るや商人たちは我先に黄鉄鉱を売り始め、結果大暴落が起こる。要はそのきっかけを意図的に与えようというのがロレンスの作戦。それは分かる。

ただそのあと、一度に銀貨1000枚分の黄鉄鉱を一度に売りに出すというセリフ。そして、あと銀貨500枚分の黄鉄鉱が現物でそろえば、値段が上がろうが下がろうが、こっちの腹は痛まないという。

銀貨500枚はアマーティからもらってあるとして、いますぐ銀貨1000枚分の黄鉄鉱を揃えるのなら、あと銀貨500枚分は自腹で揃えなければならない。マルクにも買ってこいと頼んでいるので、自腹で買うのだろう。ただ、それでなんで自分の腹が痛まないんだろう?

えーっと、、、

銀貨1000枚分の黄鉄鉱を一度に売りに出すタイミングは、噂が流れて黄鉄鉱の値段が下がり始めた頃。ロレンスの売りが直接のトリガーとなって、黄鉄鉱のバブルは一気に崩壊するだろう。マルクが、「いくら損することか!」と最初に驚いたのは、このタイミングの問題だろう。値段の高いときに売ったら、儲けにはなるが、大暴落発生の決定打となるかは分からない。すでに始まりかけている暴落を後押しするための売りでなければならず、そのための損失は覚悟しなければならないのだろう。

アマーティとの契約に関する限り、黄鉄鉱の値段が下がれば下がるほど、ロレンスの利益は大きくなっていく。ただ、この取引では銀貨500枚以上の利益を出すことはできない(よね?)。もし黄鉄鉱がほぼ無価値になったとして、銀貨500枚分の利益をアマーティから吸い上げるのはいいとして、そこに自腹で払う銀貨500枚はどう関わってくるのか。自腹で払う金額が400や300ではなぜいけなかったのか。

たとえば暴落を引き起こすのに、銀貨1000枚ではなく、アマーティの金で買った分の500枚分の黄鉄鉱では、威力が弱いのだろうという推測はできる。ただ、そこでさらに買い集める黄鉄鉱が銀貨500枚分でなければならないという必然性が分からないし、それでどうして自分の損失が0なのかが理解できない。

つまり、「黄鉄鉱があと銀貨500枚分、現物で揃えば」という条件と、「自分の腹は痛まない」という結果がつながらないんだよなぁ。誰か教えてくださいww


あれかなぁ、アマーティからいくら絞りとれるかは相場次第だけど、最大で500枚までなら絞りとれる。つまり、銀貨500枚までなら、自腹を切っても構わないという理屈か。それなら、暴落を起こすのに売り払う黄鉄鉱は多ければ多いほどよく、そういう観点で現時点での最大量が、アマーティとの契約が銀貨500枚分の取引なので、その倍の1000枚分ということなのだろうか。これだと、銀貨1枚も損失を出したくないという、ロレンスのセコさ全開な決闘になってしまうのだけれど。

んっ、もしかしてそれが「浅知恵」?? んー、そうなるとロレンスの今回の自信を取り戻した表情が、またひっくり返されることになりそうですね。1期のときにくらべて、ドラマの展開が激しくて面白い。




ちなみにアマーティの財産ですが、現金が銀貨200枚、手持ちの黄鉄鉱が銀貨300枚分、処分可能な財産が銀貨200枚分という話でした。合計銀貨900枚分(ただし黄鉄鉱の値段による)。
これを見ると、ロレンスの申し込んだ銀貨500枚という金額が決闘にふさわしいだけのものであることが分かりますし、銀貨1000枚分というホロの借金まであと少し、というアマーティの余裕ぶったセリフも納得できますね。



次回の「希望」と「絶望」がいかなるものなのか。不穏なタイトルだよなぁw



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック