CANAAN 第7話「慕漂」

墓標。はかじるし。埋葬のしるし。かつて生きていて、いまはそうでないモノの、最後の存在証明。

「慕う」とは、会いたく思うこと、恋しいと思うこと。また、離れがたく思ってあとを追って行くこと。「漂う」とは、安定していない、しっかりしていないこと。 迷いあるくこと、さまようこと。マリアを慕うカナン、カナンを慕うマリア。アルファルドを慕うリャン・チーと、彼女をどうとも想っていないアルファルド。漂っていないのは、誰をも慕っていないアルファルドだけのようだ。あるいは彼女も、カナンの名を慕い、それに囚われ漂っているのだろうか?


今回は冒頭からラストまで怒涛の展開だった。前回の話と合わせて、大作アクション映画を楽しんだような印象だ。とくに銃撃戦をはじめとするアクションシーンは、前回あまり見られなかった分、今回は相当の気合いの入れよう。そして、まるでいち視聴者のようにそれを見守り楽しんでいるアルファルドの不気味さが印象に残る。

冒頭の、激しい銃撃をくぐり抜けるカナンのアクションはまた素晴らしい動きで、今回は以前バスの上で戦ったときとは違い、ちゃんと銃弾が柱などを傷つけていて、その細かさには目を見張るものがあった。またアメリカによる爆撃の決定・実行の一連のシーンといい、それを阻止しようというカナンや夏目の動きといい、スピード感と緊迫感がすさまじく、食い入るように画面に見入ってしまった。そんじょそこらのハリウッド映画より面白かったと思う。


ストーリー展開のほうは、まだまだ良く分からないながら、ここに来てようやくキャラクターの心理が推測できるようにはなってきた。恐らくこの作品は、かっこいいアクションシーンや対テロ戦の顛末を描くことよりも、そうした戦いを通じてキャラクターの精神世界を描写することに主眼が置かれているのだろうから、彼女らのキャラがちゃんと理解できるときが最終回という展開になりそうで、現時点で謎に包まれた言動に見えてしまうのは仕方ないとは思う。こういう作品なんだと思って見るしかない。


アルファルドの冷酷さは、自身にとって大きな壁としてかつて存在していたカナンを乗り越えようとする、彼女なりの努力の表れだろう。自分の欲望を捨て去らなければカナンには勝てないと言われた彼女は、それを否定するために今の自分を構築してきたというのが、現時点で垣間見れる彼女の行動原理。それは、かつてカナンが、自分の欲望に無頓着のまま、ある種、純粋無垢な心でミッションをこなしてきたということを推測させる。それに対して、彼女はそうではなく、かつては恐らく褒められたいとか、自慢できる結果を出したいとかいう些細な感情が、現在ではカナンという壁を乗り越えたいという強い欲求があって、それを改めるよう指摘したのがシャムの言葉だったと思われる。そこで彼女は、打倒カナンという大目標はそのままに、しかし人間関係に関して徹底的な無関心を貫くことで、自身の欲求を満たしながら、かつてのカナンがいた境地にたどりつこうとしているように見える。そこで、マリアという友人を得て自身のミッションに対する純粋さを濁らせたカナンを見て、「堕ちてきてくださった」と表現したのだろう。

そんなアルファルドが、今回のようなテロ行為によって何をしようとしているのかはまだ謎のまま。対カナンという視点で言えば、堕ちたカナンがまだ遊ぶに足る存在であるかどうか、ライバルという認識を変えずに済むかどうかを試したかったという理由は見て取れる。しかしその一方でもっと別の構想も練っているようで、それは今後どう明かされるのか、期待しておきたい。



また今回はマリアに関して、いくつか明かされた事実と、新たに張られた伏線があった。ウーアウィルスのワクチンを父のけんじ(漢字分からずw)が開発しており、今回上海に降り立ったということ。そして、マリアはアルファルドとも何か因縁があって、それを忘却していることを「欺瞞」と称されたこと。またアルファルドがマリアを「あいつにとってのカナン」と呼んだこと。「あいつ」がカナンのことを指し、またそもそも「カナン」という語を約束の地の名として何か希望とか救いとかいったような意義で用いていることなどは推測できるが、具体的にそれがどういうことなのか。



次回はどうやらハッコーメインの回になりそうだ。能登さんの演技に期待。今回サンタナや夏目の「過去」が話題になっていたが、そろそろ彼らのキャラクターも掘り下げられるのだろうか。それから共感覚を失ってしまったらしいカナンも心配。特殊能力がないとリャン・チー相手にしてかなり苦戦しそうだし。

そういえば今回のミノさんは暴れるしかしていなかった。可哀そうな役回りだったが彼がいても足手まといだろうし、マリアを救おうと必死になる姿が情けなくもかっこよかったので良かった。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック