聖剣の刀鍛冶 第6話「皇女」

ビヤガーデンとは、いいご身分だなぁw


っかし、

こ れ は 面 白 いw


皇女さまの設定がありきたりだろうと、AパートとBパートのテンションが明らかに違和感があろうと、そんなものどうでも良くなってきた。自分がアニメ作品の”評価”と”気に入り度”を立て分けているということを前提とした話だが、純粋に好きだ。面白い。好みに合っている。


女の子たちがワイワイ楽しそうにしているというのは、それだけで魅力的なんだよね。それを、根底に殺伐としたものが横たわっているこのファンタジー世界でやるというトコロが気に入った。


自分はどちらかというとシリアス劇が好きなのだが、シリアスな内容の劇に挿入される笑いの要素というものにすごく惹かれる。アニメでキャラクターの立ち位置を見る時に、道化の存在に注目するのはそのためだ。劇によっては特定のキャラクターに道化役をすべて押し付ける場合もあるが、アニメではどちらかというと、シリアス回とギャグ回というふうに、週ごとの展開によって立て分ける傾向が強い。


ブラスミの今回のエピソードも、シリアスで陰鬱な世界観を抱えているということを以前からきちんと提示してある上で、いまだけは楽しい雰囲気を見せますよ、というスタンスに映る。最初から笑いしか求めていない純粋なコメディに比して、じきに重たい展開が待ち受けているだろうと予測できる分、現時点での笑いや、萌えや、和やかな雰囲気がとても貴重に思えて、それが何とも魅惑的な味わいがあるのだ。





してや今回はAパートで、我らがヘタレ騎士ことセシリーが、非道な輩に痛めつけられるというエグい展開から始まったわけで、とうとうシリアス突入かと心構えをさせられていた。それが、Bパートになってこんな楽しげな会食シーンなんか見せられたら、作品そのものの評価がもうひとつと思っていても、それはそれ、これはこれで、心を動かされるものがあった。


ていうかこの作品の女の子は、みんな大喰らいすぎるからwww


このままなし崩し的にお泊りイベント発生ということで、次週の展開がじつに待ち遠しい。きっと来週はAパートで軽いノリのコメディを見せて、Bパートでシリアスに一転したりするんだろうなぁ。





タレのセシリーについて少し言及しておこう。


どう考えたってその筋のツワモノ3人を相手に、まったくひるむことなく立ち向かうセシリーは、相変わらず青臭いがカッコいい。しかし、魔剣アリアを手にしてからは、調子に乗った厨二発言がいちいち鼻につくww


最初の魔剣使いとの戦闘で油断するのはいいよ?むしろアリアの攻撃力を知っているからこそ、ただの人間に対してそのチカラを振るうのをためらうのは、セシリーらしさが出てて非常に好感が持てる。けれど、ドリスが魔剣を持っていた時点で残り二人のことも警戒してしかるべきなのに、勝ち誇った顔で「この間合いなら私の勝ちだ」とかおかしいってw 


彼女は、まーだ自分が半人前だということを理解していないらしい。この突っ込みどころの多さがセシリーの魅力であって、その意味では今回は終始、セシリーに突っ込んで楽しむ回だったと言えなくはないのだけど、シリアスムードでこの言動はさすがに合わないなぁ。


この甘さを、早いところ、騎士としての勇気と信念に昇華させて欲しい。


この作品は、セシリーの成長を親心で眺めるアニメなのだろう。その意味では、ハンニバル団長が一番、共感できるキャラかもしれない。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑待望のFD発売決定!だそうです。全力で応援します!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック