生徒会の一存 第12話「生徒会の一存」&シリーズ感想

中目黒可愛いなw ぜひ女装をさせたい。


冬による衝撃の告白で、どんなラブロマンス展開が見られるのかとわくわくしたのだけれど、あくまで「生徒会の一存」としてのスタンスを貫いた。真冬の単独ルート突入は杉崎自身も望んでいないということを、真冬もよく分かっているということだろう。


今作の場合、恋愛的な要素はギャグシーンでこそ最も大きな力を発揮する。深夏のニヤニヤシーンは最高だった!w 


本当なら椎名姉妹だけでなく、くりむや知弦とのニヤニヤシーンももっと見せて欲しかったんですけどね。今回は真冬とのイベントを早めに片付けて、4人全員と杉崎との関係にスポットを当てたエピソードに仕上げていたのだから、知弦あたりにもドキっとさせられるような表情を見せて欲しかった。





好きな真冬が暴走しまくっていたのは、自分にとって大きなご褒美だった。本編で語られている通り、彼女は一番、杉崎と属性が近い。その彼女が夢に描いていた展開が目の前に実現している喜びが、描写や演技の随所からよく伝わってきていた。


学園祭の回で、彼女のはいてない属性が明るみに出たのだけれど、校門に隠れてお尻をふりふりしている描写はまさにダ イ レ ク ツ !だった。これはやってくれるww ますます真冬が気に入ってきた。




んな邪まな病弱少女(自称)を後目に繰り広げられる杉崎のBL…もとい、シリアスタイム。イジメられた経験を語る中目黒は、イジメそのものよりも、周囲の反応にこそ傷ついているような話だった。中目黒も、杉崎も、あるいは知弦さんも、それぞれ過去に人間関係に悩んで大きな傷を負っているという設定で、その詳細は語られていないので想像をたくましくするしかないのだけれど、かなり大変な思いを背負ってここまでたどり着いた人たちである。


当初、この作品はもっとおバカなギャグアニメだとばかり思っていて、だからこそなおさら、彼らの抱える傷の深さにドキリとさせられる。少年少女期における人間関係のストレスは、傍から見るより余程重大な影響力を与えるものだ。そのことを、今作の作り手はよく理解しているように見える。彼らが断片的に語る過去の記憶や想いというものが、ありきたりな設定にはなっておらず、子供時代から青春時代にかけての若者社会の負の部分を、かなり核心を突く描き方をしていて驚かされる。


今回限りのゲストキャラである中目黒にしてもそうだ。イジメられて引っ越してくるという設定は確かにあり得べきものだが、そこで彼を傷つけ、また杉崎がその義憤の矛先を向けているのは、イジメた張本人よりもむしろ、中目黒に無責任な言葉を投げかけた傍観者たちである。


不当な暴力を振るう者は悪だが、それを看過する者は、なおさら卑劣である。


直接的にだけではなく間接的にもイジメを受け苦しんできたのは杉崎も同じであったはずで、じかに語られることはついに無かったが、断片的な言葉の随所から、彼の経験してきたことの重さが伝わってくる。本気でハーレムを目指す常識はずれな彼の目標の根底には、どん底から這い上がろうとする彼に手を差し伸べた、4人の少女たちとの大切な思い出があった。それは彼の幸運であろうか?いや、彼が這い上がろうと努力していたからこそ、いつの間にか手にしていた運命的な出会いだったのだろう。作りもののお話らしい都合の良い設定だが、そこには、辛く苦しい想いを抱えて生きる若者たちへの、大切なメッセージが込められている。


中目黒が耐え、杉崎が乗り越えてきたもの。楽しく美しいばかりが青春ではない。否、楽しくないこと、美しくないことをたくさん抱えているからこそ、輝きを放つ青春がある。それが、「生徒会の一存」という作品が提示してみせた青春像であり、人間像だ。






作の感想の最後として、シリーズ中、私がもっとも印象に残ったシーンを紹介しておきたい。


それは、第7話「踏み出す生徒会」(合宿回)における1シーンだ。合宿と称して東京にやってきた5人は、一晩中騒ぎ明かした後、まだ夜も明けきらない時間に、海を見ようとお台場に繰り出す。そこで、1本の缶ジュースを回し飲みしながら、曇空に隠れた日の出を眺める、という場面である。


画像



画像



画像



ギャグもなく、画面も暗く、キャラの表情がまったく映らない、ご覧の通り絵的にはひどく地味なシーンなのであるが、しかしこの一連のシーンこそ、「生徒会の一存」が描こうとした青春像が象徴されていると、思う。


今作は学園を舞台とした作品として、曲がりなりにも青春時代を謳歌する若者たちを描く作品である。ところが、前述の通り、今作の提示する青春像は、一般的にイメージされるものとは少し毛色が違う。


青春時代を過去に置いてきた大人たちにとって、青春という言葉の持つ響きは、あまりにも甘美なものとして美化されすぎている。それは、楽しく、輝かしく、友情と恋と夢と希望の詰まった、生への欲求に満ち溢れた時代として、郷愁と憧憬の念を持って想い描かれることがほとんどであろう。


ところが今作は、青春時代の負の要素に面と向き合い、それを重要なファクターとしてドラマに盛り込んでいる。だからこそ杉崎たちは、何でもない日常の喜びを噛みしめ、大切にしている。それが描かれたのが第1話であり、やはりそこに帰結したのが最終話であったと、言っていい。




青春時代の辛く苦しい思い出はおもにシリーズ後半において断片的に描かれていたが、杉崎がその辛さ、苦しさを乗り越えてきたからこそ、いま手にすることができている生徒会という人間関係の幸福さを際立たせている。では、彼が手にした青春の幸福とは、具体的にどのようなものであるのか。それが、第7話のこのシーンにおいてはっきり提示されていると思う。


1本のジュースを回し飲みしながら、同じ海、同じ空を見上げるということ。残念ながら空は曇りで、お世辞にも美しい景色とは言い難い。しかし、仲間たちと共に観る景色は、たとえ美しくなくとも感動的なものだ。皆で一緒になって、騒いだり、力を合わせたり、ケンカしたりして辿りついた一つの到達点。それが傍からどう思われようとも、たった一度きりの経験、一度きりの行程によって勝ち得た結果であるなら、どんな黄金よりも価値のあるものなのだ。


青春の輝きとは、そこで何が成されたかを問題にしているのではない。そうではなく、そこで誰と、どうやって、何を目指そうとしたか。その過程にこそ、青春の美しさがある。


決して真面目ではなく、想いもバラバラで、ちぐはぐな5人のチームワーク。特別な人間でも何でもない彼らが、特別でも何でもない風景を眺める。しかし、皆で一緒にそれを眺めたというその記憶は、彼らの心の中に深く刻まれ、大切な思い出として一生残り続けるだろう。


そして、同じように特別でも何でもなく、自慢できるようなことは何一つ実現できなかった我々の青春にも、やはり、特別でも何でもないけれど、大切な仲間たちと共に過ごした魔法のような時間が、心の中に確かに存在しているはずだ。今作は、その大切な記憶を、ふとした瞬間に呼び覚ましてくれる。海を眺める5人の姿は、我々が忘れかけていた青春の1ページを、心の中からじかに取り出し、画面の中に描いているかのようではないか。



― どこにいるのか今ではわからない

友達もいく人かいるけど

あの日のすべてが空しいものだと

それは 誰にも言えない


今でも同じように見果てぬ夢を描いて

走りつづけているよね どこかで


(加藤登紀子「時には昔の話を」より)


------------

「生徒会の一存」最終話感想対決に参戦中です。ぜひ、面白かった記事に投票をお願いいたします。できればコメント付きで。







にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック