れでぃ×ばと! 第2話「れでぃ×れでぃ!」

腹筋崩壊w クソ面白すぎんだろこのアニメwww


「クソ」だなんて下品な言葉、普段は使いたくないんですけどね。今作の場合、一番クリティカルに魅力を表現する言葉が、「クソ面白い」だと思う。笑いすぎて涙出てきそうだわ。




・爽快かつ濃密な”くだらない話”


純粋にギャグ萌えアニメとして評価した場合、今回の話はかなり上手く仕立て上げられていたと思う。ギャグ7割、萌え3割、そして隠し味に、ちょっといい話をひと振り。この配分が見事に活きた回だった。不条理でバカでくだらない話なのだけど、だからこそ勢いで突っ走ってしまったのは良かった。プールでの謎な装置で溺れかけるとか、ああいう非常識極まりない展開をぶちかますようでないと、たちまち中途半端な劇になってしまうからね。


展開として一番、間延びしていたのが、シャワールームでのあざといエロシチュエーション。ここは、さすがに玉井氏のよくない部分が出たなぁと、個人的には思ってしまう。いや、これを売りにしてる脚本家だからまぁいいんですけど、それにしてはあまり下半身を刺激してくれないシチュエーションに思うのは、ただ私の好みの問題だろうか。とはいえ、エロさはあまり感じなくても、マウントポジションがどうたらとか、セリフ回しで上手いこと笑わせてくれていたのは高評価。


逆に、そのシーン以外に関しては、ひとつひとつのシーンの長さといい密度といい、かなり心地よい印象を持った。あまりくどくどとせず、多少物足りないくらいの尺で次々と展開させていき、小さな波の連続からやがてクライマックス(プールでの浮き輪直撃)の大波にエスカレートさせていくテンションの上げ方は、見事。そして、一番大きな波が去った後の引き潮を楽しむかのごとく、保健室での二人のヒロインとのやりとりが大変印象的に映る、という仕掛けだ。




・金髪ドリルに正統に萌えさせる展開


セルニア=伊織=フレイムハートなどという長ったらしい名前を持つドリルちゃん。この娘はガチで萌える。改めてツンデレの威力の大きさには驚かされるが、しかし中原麻衣の奮闘も大きい。前回に続き、叫んだりわめいたり怒ったり慌てたりツンデレったりと、縦横無尽の活躍が素晴らしい。


一方でまだまだ本領を発揮していない最強彩京朋美。「退屈・・・」とつぶやいたときのティーカップに映る瞳の冷たさにゾクゾクさせられるが、本格的に秋晴を利用して”面白いこと”を巻き起こそうと決意を固めたのが、今回のエピソードだったと見える。保健室では正ヒロインらしく、幼馴染的なしおらしい姿を見せていたが、ただの萌えシチュにとどめることなくしっかりとダークサイドを提示してきたのは、まだ序章にすぎない第2話らしい演出。今後の彼女の活躍には、大いに期待したい。


もう一人、今回はまた四季鏡早苗の出番が多かったが、前述の理由で彼女の好感度はあまり良くない。ドジっ子ということで本来なら好きになっていいキャラのはずなのだけど、まず間違いなく脚本家のせいで、わざとらしいドジっ子になっちゃってるのが残念。ここまで飛んでるとさすがに引くw 彼女の復権の機会はあるのだろうか。。。




・次回からは新キャラのターン?


新キャラというか、1,2話では出番の少なかったキャラ、という意味です。自称19歳の桜沢みみな(ヘンな名前^^)を皮切りに、主要ヒロインに順番にスポットを当てていく展開だろう。コテコテな展開だが、あまりモノを考えずに素直に楽しみたい。今作が例えば「乃木坂春香の秘密」なんかと決定的に違うのは、作画クオリティがかなり高いということだ。アニメなんて作画さえ良ければ、ストーリーがしょぼくても割と見ていられるものだ。とくにキャラの魅力で売る作品において、人物描写や演出が上手いというのは、とても大きな武器となる。


そういえば男性陣は、またどーでもいい感じの、モブに毛が生えたようなやつらだなぁ。これもハーレムアニメの鉄則を踏襲していて、あくまでコテコテにベタな作品だ。従育科の級友男子二人は、まさに谷口と国木田といったトコロ。上育科のオトコはまたヘンテコな道化が出てきたが、所詮、ギャグに花を添える程度の存在だろう。そんな予想をはるかに飛び越えてゆくキャラだと嬉しいけれど、あまり期待しないでおくw


主人公の「怖い顔設定」が、2話目にして早くも忘却の彼方に置き去りにされている。次回以降、思い出したようにこの設定を持ち出すのではないかと心配しているので、もう少し普段から、顔が怖いというのをネタにしたほうがいいと思う。


まぁ、あまり揚げ足取りはしても仕方ないので、次回も期待して待ちたい。なんか、ダークホース的な存在になりそうでじつに楽しみだ。


---------------------------

あと、作品とは関係ないけど、アニメワンは本当に腹が立つ。いろいろと。ストリーミング配信はありがたいんだけど、それ以上に配慮の足りなさが目立ちすぎる。違法動画を根絶したいのなら、番組の頭に無駄にテロップ流すだけでなく、全国のアニメファンに向けての高クオリティのネット配信サービスを確立すべきだ。アニメワン程度のサービスで満足していたら、健全な視聴者マナーなんていつまで経っても育つわけがないだろう。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


花と乙女に祝福を ロイヤルブーケ
↑はなおとRB(ロイブー)発売決定。女装少年好き集まれ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック