れでぃ×ばと! 第3話「がーど×れでぃ?」

今回すごくイイハナシだなぁーと思って玉井☆豪の脚本をベタ褒めしようと思ったら、違う人だったw



・冒頭からドリルが面白すぎるw


もう、このキャラ最高だよw あだ名がドリルで定着しちゃってるし(反論するそぶりさえないw)、調子のって落とされるギャグキャラ扱いで、それでいてしっかり萌える。中原麻衣の魅力がふんだんに発揮されているのが、毎回書いてるけど、やっぱり素晴らしすぎる。


また今回は、出番こそ少なかったけれど、朋美のキャラもしっかり活きていて良かったなぁ。ドリルと秋晴、3人揃ってのコントが、今回で完全に板に付いた。このトリオを中心に回してくれるのなら、鉄板に面白い作品になるだろうというのが、確信を持てた。


ただ可愛いだけでは、どんな美少女であろうとも、大量生産・大量消費の荒波に飲み込まれ忘却されてしまう。それは極めて短いスパンで日常的に起こっていることであり、たとえ目下放送中の作品であろうとも、常にその波濤と戦い続ける必要がある。今作の場合は、その点、かなり上手く立ち回っているように見えますね。メインヒロインの二人があれだけのインパクトがあるというのは、大きな武器だと思う。


それと、ドリルなんだけど、素足(あるいはストッキング履いてるのかもしれないが、とにかく肌色の足)に直接上履きを履くのって、なかなかにエロいと思う、素晴らしい!




・秋晴はしっかり主人公やってるのかもしれない


前回の記事で、「顔が怖いという設定がすでに忘却されてるのでは」みたいなことを書いて心配してたのだけど、予感は的中してしまったw まぁいいんですけどね。顔が怖いって設定はもっといろいろイジり甲斐があると思ってたので、ちょっと残念。主人公補正でかなりカッコよく立ちまわれている分、落とすとこもしっかり落としてあげたほうが、ラブコメとしてはより面白いと思うんですけどね。


そうなってくるとやはり、秋晴の”落としドコロ”は朋美との絡みか。朋美のダークサイドがかなり怖く描けていて、またそれを本気で怖れ平伏する秋晴の描写は、かなりコミカルで良い。そういう意味では、他に大きなネタを用意せず、あくまで朋美の手の上で踊らされる様子で笑いを取りにくる秋晴の動かし方は、メインヒロインの価値を高める意図があるのだろうか。だとしたら、このやり方はなかなかうまい。


ドス黒いヒロイン。この逆説的なキャラを引き立てるのに、秋晴にもしっかり立ち回って欲しいものだ。頑張れ!w




・今回のボンドガール(違


今回の担当ヒロインは、自称19歳の幼女、桜沢みみな。あの井上喜久子さんより2歳も年上なんだぜ、信じられるかい?www


しかし、もっとおバカなキャラだと思ってたら、脚本補正もあってか意外に真面目な展開で、かなり好感触だった。ひねりはないが、しっかり胸を打つドラマ。空気を読んだ朋美のナイスフォローが心憎い。


みみなの声優さん、あおきさやか(キョンの妹役とか)っぽいなぁと思ってて、でもちょっと違うので誰かなぁと思って調べてみたら、15歳の子役タレントだったという衝撃。禁書やホリックに出てたんですなぁ。言われてみれば。。。って感じw 今後も声優活動続けるなら注目しておきたい。耳に残る声質の演技でした。




ステレオ機能を悪用しまくりの次回予告は、相変わらず何を言っているか分からず、予告の意味をなさないけれども面白い。そして聖徳太子まじですげぇと思う。まぁ架空の人物らしいのですごくて当然なんだけどさ。


そんなわけで次回何をやるのかがさっぱり謎だけど、大いに楽しみにしたい。それと、先週も今週も、アニメワンの罠(Javaのなんとかってやつ、インストールしてるはずなのにしてないって言われる)のせいで冒頭を見逃している。次週はこの罠に勝てるよう、頑張りたい。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑「天空のユミナ」待望のFD発売決定!全力で応援します!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック