聖痕のクェイサー 第6話「皇女の卵」(販促版)

あれ?規制シーン少なくね?



今週は日曜に飲み会があったので、更新が遅れてしまった。メルクマールさんヨークさんと3人で飲んだんですけどね。昼からだったので昨日12時の配信には間に合わず、一晩明けた今日は昼過ぎまで寝込んでいたら今度はアニメワンがメンテナンスとかで、結局夜になってしまった。




今回は、レールガンじゃないけど唐突にメイド回。珍しくあえぎ声が規制されてねぇと思ったら服を着ていただけとか、巧いなぁw そしてなにより、女装少年スキーの心をがっちりつかむサーシャのメイド。作り笑いでも可愛すぎる。


とはいえ今回は辻堂美由梨回。Aパートでは豪快に鼻血を吹きだすなどして今までどおりのネタキャラっぷりを発揮してくれていたが、Bパートではカッコいいところを見せてくれて、まさかこんな見せ場が与えられるとは思ってもみなかった。サーシャ曰く”だらしのない乳”とのことだが、本当にだらしないかどうかは、ディレクターズカット版を待とう。




今回、中ボスっぽい存在として言及のあったナトリウム使い。ナトリウムの特性や戦術考察は他の方におまかせするしかないのだが(←根っからの文系人間です)、公式サイトの用語集に「生体の重要な構成分であり、体液の浸透圧の維持、筋収縮や神経の興奮伝達など、動物の生理に重要な役割を果たす」とあるので、もしかしたら金属としての性質よりも、人体そのものに関わる部分で攻撃してくるのかもしれない。ナトリウムの特性についての考察はこちらでどうぞ、「混沌-chaos-という名のクロニクル」のめりんださん。さすがすぎw


今回もちらほらと顔を見せていた人物は、まぁサーシャたちと敵対するキャラなのだろうが、かといって黄金やナトリウムと同じ組織の人間かというと、まだ予断を許さない。現状、アトス対アデプトという二項対立の様相だが、それぞれの組織が一枚岩ではなさそうだし、それとはまったく系列の異なる勢力の存在があってもおかしくはない。




今のところ、各キャラを丁寧に掘り下げて描写しながら、視聴者の理解を越えすぎないよう、適度な速度を保ってストーリーを展開させてくれている。公式サイトの用語集もなかなか充実しているし、なんだかんだ言って、販売方法以外ではかなり視聴者のことを配慮してくれているようで、好感が持てる作品だ。


その用語集だが、なぜか「エスパー大全科」が一番多く文章量を割かれていて、笑ってしまったw いろいろネタを持ってるなぁw


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

この記事へのコメント

2010年02月15日 23:45
こんばんわー!
またまた紹介されててびっくりですw
ありがとうございますm(_ _)m

化学をあまりご存知ない方から見れば、私の感想は専門用語があり、すごいと思われるかもしれません。
でも、化学を勉強している方から見れば全然大したことないと思いますよ。
やろうと思えば誰だってできますから。
化学は高校のときに少しかじった程度なのでねw

公式サイトに用語集なんてあったんですね。
さっそく見てきましたが、確かに細かく書かれていますね。
ナトリウムの項目を読むと、仰る通り人体に関わる部分で攻撃してきそうですね。
人体が摂取するナトリウムのほとんどは塩化ナトリウム(食塩の主成分)であり、これが欠乏すると、アルカローシス、痙攣、異常発汗などを起こすようです。

他の項目についても新しい発見が幾つかあり、今後の感想に活かせそうな気がします。
ではでは~。
おパゲーヌス
2010年02月16日 00:03
>めりんださん
いやぁ、実際化学をかじったことがある人は少なくないと思うのだけど、それを作品考察の一環としてきちんと記事に盛り込んでるその意欲がさすがですよw ちょっと資料を参照するだけでもかなりの労力になりますからねー。

しかし、そうか、ナトリウムは塩なのかー。これはかつてない強敵になりそうで、楽しみですね。

この記事へのトラックバック