バカとテストと召喚獣 第5話「地図と宝とストライカー・シグマV」

あれ?遊園地のペアチケットは?



・弱者に優しいバカコメ


ギャグアニメって、笑わせるためならどんな非道にも徹することが許されるジャンルだと思う。けれど今作は、純真な心を持った人間に、ちゃんと救いの道を用意する。


直接的には葉月ちゃんのことを言っているのだが、同じことは猛毒ケーキの作者・瑞希や、バカなりの努力を見せた明久たちについても、言うことができる。甘い考えのもとに楽な道を行こうとする者に対しては厳しい現実を突き付けるが、しかし努力を惜しまず真摯に困難に立ち向かうなら、それが報われる展開を用意するのが今作の良いところなのではないか。そんなことを考えた。


学校という小さな社会の底辺にあって、マイペースではあるが決して腐ることなく日々を懸命に生き抜くFクラスの面々。彼らがバカを見て苦しむさまをあざ笑うのではなく、彼らの頑張りが何らかのカタチで報われる様子を描くのなら、単なる喜劇の枠組みを超えて感動を生みだすことができる。第5話まで見てきた上での、これが素直な所感である。




・今回の演出


「ぱにぽにだっしゅ!」や「ねぎま!?」で多用された、一昔前のRPGやアドベンチャーゲーム風の演出が用いられた今回。そこだけ見てたら懐かしさとともに「シャフト関係者の仕事かなぁ」などと思ってたのだけど、これは大沼監督の指示か、ナベシンが独自の裁量で盛り込んだのか。最近シャフトではやってくれない演出なので(もう飽きたのか?w)、ちょっと嬉しかった。


それに加えて今回は、いつも以上にオーバーすぎるトンデモ演出や芝居が多々見られて、非常に面白かった。宝探しをする一連のシーンでは、明久グループ以外の連中はぶつ切りの小エピソードを挿入しているだけで、脚本的にはかなり単純な構成だった。それだけに、演出の力で魅せられるかどうかが、大きな鍵となる回であった。


クライマックスにあたるはずの、「校内しらみつぶし作戦」の場面は、絵的にもコントとしてもやや冗長で盛り上がりに欠ける。絵の動きが少ないわりに探索ポイントが多すぎて、特殊な映像表現の面白さが維持できていない。酷い目に合うのが明久だけっていうのも、もっと工夫が欲しかったなぁ。せっかく3レーンあるのだから、それぞれのカットで重層的に、びっくり箱のような仕掛けを見せて欲しかった。




・チケット等は今後への伏線?


今回一番気になったのが、遊園地のチケットが何の意味もなさなかった点。いや、秀吉に絡んだコントをやるのに使われてたんだけど、それより前から霧島翔子が欲しがっていたブツであるだけに、彼女と対峙した場面で使われなかったのが不自然だった。てっきり、召喚戦で敗北してストラップ没収→チケットとストラップを交換→雄二死亡イベント発生、みたいな流れを予想してたんだけど?w


何も考えずに伏線を放置したとは到底思えないので、これは次回以降へ取っておいたものと見るべきかもしれない。あのチケットをめぐって瑞希・美波・翔子の三つ巴バトルが始まるとか、あったら面白そうだ。同じように明久がゲットした腕輪も、今後活用されるのだろう。




・CMにて


CMで、「バカテス for mixi」(mixi用アプリ、つまりはブラウザゲーム)の宣伝をやっていた。自分はmixiユーザーなので、ちゃっかりプレイしてます。mixiの方はブログ名をそのままニックネームにして垢を作成してるので、mixiユーザーの方は気軽にマイミク申請してくださいな。


しかしこのゲーム、公共の電波を使って大々的に宣伝するほど、まだシステムが整ってないと思うんだけどなぁ?w 不具合もさることながら、ゲームバランスやシステムの充実度が、まだまだ甘すぎるというか、完成に向けて調整してる、という印象が強い。ネトゲで言えばオープンベータ的な感じ?


この状態で堂々と宣伝するその姿勢には感服するが、アニメを放送しているうちにアピールしておかないと、すぐに賞味期限切れになるコンテンツですからねぇ。仕方ないのかも。


姫路瑞希、出ないかなぁ。欲しいなぁ。




そんなわけで、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ノイ
2010年02月04日 12:10
あのチケットの使用エピソードは原作3.5巻収録の短編話『俺と翔子と如月ハイランド』に載ってます 私のオススメな話ですから読んでみて下さい
おパゲーヌス
2010年02月04日 15:55
>ノイさん
コメントどうもありがとうございます。そうですね、原作のほうも人気のようですし、もし機会があれば読んでみようと思います。
2010年02月04日 17:27
こんにちは。
「アニメは日本の文化遺産」のみゅーびーと申します。
いきなりですが、相互リンクをお願いしたいのですがよろしいでしょうか?
こちらからはすでにリンクを貼らせてもらってます。
おパゲーヌス
2010年02月04日 22:43
>みゅーびーさん
コメントどうもありがとうございます。相互リンクの件、喜んでお受けいたします。さっそくリンク貼らせていただkましたので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック