迷い猫オーバーラン! 第1話「迷い猫、駆けた」

このアニメすげぇ!




・見事だった第1話


事前情報なんも無しに視聴しましたが、最初は「にゃんこい」と「おまひま」の合体&劣化版かなぁとか失礼なことを考えてしまった。ぱっと見の作画はわりとどうでもいい感じだし(←そもそもコレが間違いのもと)、キャラはいかにも量産型という印象。キャストだけはすごくツボを刺激しまくりの起用で、それを楽しむアニメかなぁと思ってました。


ところがどっこい。文乃の「孫娘だかタコスズメだか知らないけど」にまずハートをがしっと掴まれ、その後もやたらとメリハリの効いた脚本展開、とくに無音状態をいいアクセントにした小気味よいテンポにほいほいと乗せらて行った頃には、すっかり「このアニメなかなかやりおる!」という評価に切り替わった。


それが完全に、「このアニメすげぇwww」に変わったのは、やはり文乃・巧・家康の三人が、”巨大猫”を追いかけ回すシーン。あそこはいかにも板垣伸っていうアニメーションだったが、その見せ方の素晴らしさにほとほと感動した。


もう、ここまで読んだ方はとっくにお分かりだろうが、私としては完全に、作り手の想い描いたとおりの反応をしていたことと思う。ここで掴んで、ここで引っ張って、ここで爆発させる、みたいな設計図の上で、まさに期待通り、作戦通りに弄ばれてしまった感覚だった。お見事、一本取られた!みたいなw




・キャラクターについて


量産型うんぬんというのはデザインの話。それをどう動かすかが作品の肝だということで、今作は、前述の通りキャストの好みも手伝って、十二分なインパクトを提供できていたと思う。


まぁ、女の子は可愛く描かれて、ある意味当然なわけですが。この手のアニメでヒロインに魅力が無かったら誰得アニメになってしまう。今作の場合は、まず”いわゆる”ツンデレな、でもそれぞれに毛色の違う二人のキャラで、相当強引に、ハチャメチャに劇をひっかき回してくれた。考える暇もなしに、ぐいぐいと引き込まれていきましたね。


また、主人公の適度なモノローグが、上手い具合に熱の調整をしてくれていたな。「デュラララ!!」での、紀田正臣のナレーションに近い印象を受けた。このモノローグ演出は今回だけかもしれませんが。


男性キャラの、いわゆる3バカも、初回にしては相当いい味を出していて良かった。変態の家康は、ただバカをやって痛い目を見るのではなく、ヒロインを辱める方向に動いてくれているのが素晴らしい。またもう一人の静かなほう(大吾郎?)も、”動”を引き立てるための”静”の役割としてだけでなく、”動”があるからこそ引きたった”静”の魅力を、提示できていたのではないか。


肝心の「まよい猫」と、もうひとりのお姉さんヒロインは、今回は顔出しだけ。奇行に走りやすそうなこの二人が絡んで、次回からはさらにしっちゃかめっちゃかに劇を転げまわしてくれるのかと思うと、楽しみで仕方が無いw




・監督が変わるとか


今回は監督に板垣伸が入っていて、しかも脚本・コンテ・演出に原画も担当と、まさに独壇場といったところ。とくに脚本もアニメーター自身が担当したというのが、前述の通りの見事さに直結していたのは、間違いない。


しかし、どうやら監督が毎回変わるとかいう話が出ている。第1話でもかなり好き勝手にやらせた印象の強い今作のこと、次回以降の人材起用も含めて、いよいよ期待が膨らんでくる。


この作品が、各監督の対抗合戦と言おうか博覧会と言おうか、ともかくそうした良い化学反応を存分に見せてくれることを、楽しみにしよう。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック