WORKING!! 第8話「伊波、はじめて?のお・で・か・け!」

男性陣の扱いひでぇw ま、いつものことですが。




・温泉ではなくデート回


水道管が破裂するとか、いったい何があったんだろうwww


今回のエピソードは、みんなで温泉街にお出かけをする話。温泉シーン(というより、湯上りの浴衣シーン)が見られるかと期待したのだけど、そちらはおあずけ。でもニヤニヤシーンがたくさん見られたのでよかった。


小鳥遊と伊波はハナから二人きりでデートを満喫してて大変いいムード。山田はなんか妹キャラを気取って相馬にべったり。佐藤さんは相変わらず、女性陣に散々、振りまわされてるなぁw 健気な佐藤は本当に可哀相だが、この辛さ、苦しさもまた、恋の醍醐味だ。頑張れw




・参加動機にみる人間関係の複雑さ


しかしこういうイベントって、行く前はまぁいろいろ意志や思惑が交錯するのは良いとして、行くと決まったらみんなで一緒に行くのが、セオリーだと思うんですけどね。今回はなんと、行き帰り&現地行動が、すべてバラバラ。というか、到着するまで誰と誰が来るのかを、把握できてすらいない。なんともチグハグな旅行イベントだw 


しかしこういうところが、まさにワグナリアらしい不統一感。決して異体同心ではなく、むしろ思いっきり異体異心なんだけど、でもなぜか一緒に行動してしまう。あぁ、類は友を呼ぶ、というやつですかねw


こうした状況だからこそ、メンバーそれぞれの、旅行へ参加を決意した動機の部分で、それぞれのキャラの特性と人間関係が如実に表れてくるのが面白い。巧い作劇だと思う。




たとえば主役の小鳥遊は、妹に後押しされたとはいえ、伊波を放っておいたら他人に迷惑がかかる、なんてことを第一に心配していて、どこまでも厄介な性格だと思う。これが、最終的には伊波のため、ということで話がまとまれば良いのだけど、彼の場合は本気で伊波を猛獣扱いして考えていそうだから、決してイイハナシダナーとはならないw


言ってみれば小鳥遊の行動は、驚異的な力を発揮する伊波まひるを厳しく制御しコントロールするべく、ロボット三原則第1条(「ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。」)を適用させようと躍起になっているようなものだ。


分かりにくい例えだが、ロボット三原則がそのまま”人間のあるべき規範”になぞらえられるというのは、アシモフ自らがその小説の中で取りあげているテーマである。なまじ人間より遥かに優秀で強いチカラを持っているロボットは、だからこそ人間よりずっと厳格に、ある規範の中に縛りつけておかなければ、人間社会はたちまち破綻してしまう。だがロボットみたいに反則的な暴力をふるう伊波まひるは、AIで制御できるだけの頭脳を搭載していないので(笑)、小鳥遊が身を挺して、伊波が人間社会の枠組みから外れないよう矯正しようとしているわけだ。


彼が寝室で、伊波が暴走することは分かり切っているのにそれを看過することができないと悶々とするのは、彼がそれだけ、ルールたるべき自分自身の立場を原理的に解釈していると言える。彼の態度がどこか冷めてる印象を感じるのは、そのためではないか。もし彼がもっと親身になって「伊波まひるのために」という意識で奮闘したら、まひるの男性恐怖症克服もぐっと早まるのではないかな、なんて想像してしまったり。




・次回は女装回!?


って、ことりちゃんきたーーーーー!!!www


待ってました。ちょお待ってました。来週が楽しみ過ぎるwww




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年05月29日 08:49
道路工事で水道管をうっかりぶち抜くなんて、よくあることですよ。
昔、工事現場でライトセーバーもどきを持って自動車の誘導をする警備員バイトをやっていたのですが、一度、現場でそれが起きましたが「あーあ、やっちまったか」みたいな雰囲気でした。

今作は、おそらく年中無休であろうファミレスが舞台ですから、どうしてもそれ以外の場所にメインキャラを集めるのは難しいでしょうから、うまい導入だと思いました。
でも、営業補償とかで、工事会社の人は大変だったろうなぁ、とか余計なことを考えてしまいましたが。
おパゲーヌス
2010年05月29日 11:14
>はるるさん
え、よくあることなんですか・・・。それは知りませんでした。水道管破裂で一日断水なんて、いままで見たことはおろか、聞いたことすらありませんで。あぁでも、決して珍しくないことだからこそ、聞いたことが無い(ニュースにならない)ってことなのか・・・。

営業補償は、すべて店長の飯代に消えるか、せめて音尾さんの旅費に充てられるか、とにかくろくな使われ方をしそうにありませんね。

この記事へのトラックバック