WORKING!! 第13話(最終回)「デートと言う名の決戦、小鳥遊と伊波のそれから…」

アバンの伊波のカットが、今回の全てだと思った。あまりに上手すぎて涙でたw




・最終回感想


第1話と同じ構成で、OP無しで本編に入り、OP曲+総集編映像で締めくくった。またファミリーレストラン・ワグナリアを映しながらの「いらっしゃいませ」で作品全体の始まりと終わりを象徴させたのは、心憎い演出。結局いつも通りにワグナリア従業員たちの日常を描き、たいしてドラマを進展させたり、無駄にシリアスに転調したりせずに終わらせたのは、いかにも今作らしい。


いちおう、始めてセリフのついた松本麻耶(CV川瀬晶子。誰ぞ?w 「こいこい7」は見てません)が登場したり、小鳥遊が道ならぬ恋(!?)を意識してみたりという展開は見せたものの、結局ワグナリアは今までどおり。むろん、今作の場合はこれで大正解ですね。


いちおう、小鳥遊と伊波がもう少しくらい接近して欲しかったという期待はあって、結局、手も握れずに帰ってきてしまったのは残念だったのだけど、しかしまた小鳥ちゃんも見れたし、”何も変わらないからこその面白さと安心感”と提供してくれる作品たることを貫いたのは、100%、視聴者の希望に応えてくれたと思う。ただひとつ不満な点と言えばそれは、わずか13話目にしてもうこの作品とお別れしなければならないという一点だけだろう。寂しすぎる!




・今作の映像表現について


映像的にも、最終回だからといって別段何か気張ることもなく、非常に手堅く視聴者の期待に応える演出だった。映像的な見どころと言えば、何と言ってもアバンタイトルにおける伊波まひるの部屋のカット。あまりに魅力的なカット過ぎて涙出てきたよ。本編のほうは堅実に作ってあった印象で、しかしだからと言って無難なのではなく、堅実に巧い。きっと私のような素人には気付かないいろんな工夫が仕込んであるのかもしれないなぁ。コンテは福田道生氏。また作画の安定感は言わずもがな。今作は全編とおして、作画が安定して高かったですな。


OP映像(普段のやつ)に見事に象徴されていると思うのだけど、この作品って、背景がわりとシンプルで記号化されている印象が強い。いや、ちゃんとロケーションは再現してるみたいだし、例えば今回描かれたユニクロ(?)なんかあまりにまんまでビックリさせられたけど、普段のファミレスの内装にしても、あるいは外出したときの風景にしても、けっこうさっぱりとした背景世界に見える。あえて背景描かないカットもあったりするし。


しかしそんなシンプルな背景の中で、まるで浮き彫りになったようなキャラクターの動きが、非常に魅力的だ。キャラの演技がまずすごくいいし、細かいところで良く動かしている。背景の舞台は作品の空気感を醸し出す上で最低限のものに抑えて、だからこそ強調できるキャラクターを見せようと言うスタンスだったのだろう。第1話の時点では、このあっさりとした舞台が少し物足りなさがあって、自分はアニメの魅力のかなりの部分が背景で決まると思っているので、最初は今作の出来栄えにちょっと懐疑的だった。第1話はエピソードの繋ぎ方にぶつ切り感があったのも、その一因。


しかし、まずエピソードの作り方に関しては回を追ってすぐに解消し(しまいには非常に見事な脚本を持ってくるようになった)、また背景も前述のような効果があると自覚したときに、なるほどこれは非常によく計算されたアニメーションなのだなぁと痛感した。見事だったと思う。OPなんて、バックがあれだけシンプルな中でキャラにあそこまでうねうねと動かれたら、もうニヤニヤするしかないではないか。


キャラで魅せる作品であるということを自覚するのは良いとして、その魅力を十二分に活かしきるというのは、なかなか出来るものではない。今作はそれに挑戦し、見事に成功させてしまったアニメだったと思う。今作の感想記事には毎週たくさんのアクセスがあって、こんなたいしたストーリーもない作品がどうしてここまで注目されるのか疑問だったのだが、たぶん間違いなく、アニメーションの果たす役割は大きかったのではないかと思う。




・ずっと見ていたい


これは誰しもが思ってることだろうけれど。1クールは少ないよ、もっとやって欲しいw 今作はキャラの掛け合いだけで楽しめるので、夕方に放映されるいくつかの国民的アニメと同じように、いつまでもいつまでも楽しんでいられる作品なわけだ。


前にも書いたけど、何か発展しそうで何も変わらない、しかし何も起こらないようでしっかりドラマが加速している、この延々とめぐり続けるメリーゴーラウンドのような魅力。何が面白いんだか分からないけど毎週心底楽しませてもらったし、またキャラ的にもまだまだたくさんのエピソードを抱えていそうな作品でもあるから、もっと長く楽しみたいと切実に思うわけで。とくに1クールしかないということで、エピソードの比率をかなり伊波まひるに置いていたような印象が強く、あの人数のキャラをまだまだ描き切ってはとてもいないと思ってしまうので、これはぜひとも続きを作って欲しいところだ。


最終話感想で「2期やって」なんて書くのはあまりにありきたりな文句だが、今作に関しては許してもらえることと思うw 本当に面白かった。



----


それでは、以上となります。どうもありがとうございました。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ZONE
2010年06月29日 21:22
久々に登場!
ボクの中での今期ナンバー1はワーキングでしたね!
見ていて毎回楽しませてもらいました!
是非2期やってほしいですね!
おパゲーヌス
2010年06月30日 07:02
>ZONEさん
おおおっ、お久しぶりです!元気だったですか。こんどまたファミスタの方でチャットしませう。

今期ナンバー1はワーキング、すごく分かります。いや、異論はあるんですけどねww 心情的にはよーく分かるw

来季アニメも感想書いてくので、ぜひまた読みに来てくださいな。

この記事へのトラックバック