四畳半神話大系 第11話(最終回)「四畳半紀の終わり」&シリーズ感想

すごくいい最終回だった!




・最終話感想


前回の続き(?)で、いまだに延々と続く四畳半の迷路を放浪中の主人公。この迷路の構造(パラレルワールドを行き来している)を理解した彼が、自分の様々にある可能性を客観的に吟味していくなかで、部屋に閉じこもりっきりだった自分には無い輝かしい人生の宝石を、別の自分たちの中に見出していく。


隣の芝は青い。それぞれの人生でそれぞれなりに精いっぱい生きてきたはずの主人公が、自分と他者(他者の幻像というべきか)との対比で自嘲的に自身を否定するばかりで、自らの意思で選択した道を一向に楽しもうとしていなかった。極めて単純だが、とても気付きにくい真実にようやく行きついた主人公が、今度こそは自分の意思を具現化し、その選択に責任を持って、精いっぱいに日々を謳歌しようと決意するにいたったのが、このみみっちくも壮大な四畳半神話の結末であった。


特別版OPからぐいぐいと惹きつけられていった今回だが、やはり終盤、部屋から飛び出して自分の人生を生きようと決意した主人公の生き生きとした活躍や、第1話に通ずる小津との顛末、そして病室での主人公の悪魔的なニヤケ顔と、ときにダイナミックでときに滑稽な、そして余りにも綺麗な幕引きを迎えたこの最終回の出来栄えは、実に実に見事だった。全11話のすべての回、すべてのカット、全てのセリフがまったく余るところも不足するところもなかったと実感できた。こんなに良いものを見せてくれたことに心から感謝を捧げたい。




・恋愛に幸福はある。だが、それだけではない


いったいどんな結末を迎えるのだろうと予想したときに、当然、もちぐま(5匹そろって”もちぐマン”、単体だと”もちぐま”らしい。初めて知ったw)を明石さんに返却して、そのついでに告白してカップル成立なんだろうな、という予測は当然誰しもが思っていたことだろう。もちろんそこはきちんと予測通りに描かれて(全裸シチュは想定外だったがw)、まぁそうなるだろうねぇという印象。いままで散々じらされていただけに、明石さんの魅力爆発な告白(?)シーンは大きなカタルシスがあったのは確かだけど、意外性という意味ではそれほど、意外ではなかっただろう。


しかし、この作品のテーマはそんな単純なものではなくて、恋愛は確かに幸福を象徴するものではあるが、しかしそんなものは人生の一部でしかない。良いところも悪いところも全部ひっくるめて、いまそこに確実にある幸福を、ありのままに享受する勇気。これこそが、今作の描こうとしていたテーマだ。


別に明石さんと付き合うことが全てではない。何か「正しい生き方」を提唱するなんて思いもよらない。たとえ部屋に引きこもるだけの生き方でも、あるいは不毛なイタズラ合戦に身を捧げる生き方でも、はたまたロードレースに青春をかける生き方でも、それを確かに”選択”し、楽しんで生き切って見せようという覚悟。それが必要だったのだ。




これはしかし非常に重要で興味深いメッセージだと思う。言わばこれは幸福論のお話だ。幸福とは何か? それを分かっている人間は極めて少ない。幸福とは、快楽であり、麻薬のようなもの。神が、頭の悪い人間がちゃんと生きようと思えるように、鼻先にぶらさげた餌。それが幸福の正体だ。いままで今作の主人公は、そんな目の前のニンジンを追いかけて必死に走り続けていた駄馬だったというわけだ。


しかし、人間はこの地上で唯一、”問う”ことのできる生き物である。人間は問う、幸福とは何か? いまおれが追い求めている幸福にいったいどれだけの価値があるのか? こんな目の前の餌が、幸福だと言うのか? そして答える。それは否だ、我々にとってもっと大切なもの、真の幸福というものがどこかにあるはずだ、と。


今作はまさに、そうした問いを投げかけ、考え抜き、答えを提示したドラマだったと言える。それも、頭でっかちに言葉を弄して語るのではなく、もっと身近で低俗なドラマを通して体感的に答えを叩きつけた。今作の持つメッセージ性をどう受け取るかは視聴者個人の思想信念に委ねられるべきだが、しかしこれほどまでに”地に足のついた”カタチでテーマを描き切って見せたことは、高く評価したい。そうそう出来ることではない。




・アニメーションよりも作劇に惹かれた作品だった


今作は鬼才・湯浅政明の監督作品ということで、非常に独特なアニメーションを見せてくれた作品だった。湯浅氏の作品に出会ったのは今作が初めてだったのだが、第1話から最終話まで、あまりに特殊な画面世界やそこで繰り広げられる濃密なアニメーション、それに次から次へと湧いて出てくる予想外のアイディアにいちいち驚嘆し、まったく気を抜くことのできない作品だった。


しかしあえて言わせていただくなら、自分はこの特殊な映像世界ではなく、間違いなく、ストーリーと、セリフと、それを見せる演出の確かさに惚れていた。映像単体の魅力も素晴らしいものがあったけれど、ドラマ単体としてはもっと心惹かれるものがあって、そのドラマの良さを引き立てるためのアニメーションとして、最高に見事だったと思っている。


こういう実験的な映像って、映像単体だけで十分に芸術たり得るために、ともすればストーリーやセリフとの連携をおざなりにしてしまうのではないかという危惧があった。シャフトの黒板ネタとかがまさにそれで。面白いんだけど、必然性が無い。むろんシャフトの場合は、その必然性が無いという点に必然性があると思っているのだけど、「四畳半」の映像演出もそういう傾向にあるのではないかと勝手に予測していて、その予測が完全に外れた印象だ。


これだけ特殊な映像を見せてくれているのに、その特殊さに気付くのをつい忘れてしまうほど、ドラマが良くて、またドラマと映像が混然一体の連携を見せていた。正直、絵的な面白さを追求する映像作りが、こうまでドラマと相性良く成立してしまうとは考えもしなかった。はじめて「ef - a tale of memories.」を見た時に同じようなことを感じたなぁ。作品の方向性はまるで違うけど、同じように映像と物語の化学反応を演出してくれていたと思う。


これを機に、湯浅監督の他の作品も手に取ってみようと思う。とにかく第1話から本当に引き込まれて、楽しませてもらった。今期は、「Angel Beats!」といい「迷い猫」といい「いちばんうしろの大魔王」といい、多かれ少なかれ実験的な姿勢を取る企画が目に付いた印象があったが、その最たるものが「四畳半神話大系」だったと思うし、また今作がもっとも出来が良かった。エンターテイメント性、完成度、クオリティ、そして実験要素。これらがすべて最高度のレベルで融合できている稀有な作品だったと評したい。



----


それでは、以上となります。どうもありがとうございました。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 四畳半神話大系 #11 四畳半紀の終わり

    Excerpt: ドス黒い糸で結ばれている関係 四畳半神話大系 第1巻(初回限定生産版)[Blu-ray](2010/08/20)浅沼晋太郎坂本真綾商品詳細を見る四畳半神話大系 #11 四... Weblog: HISASHI'S ver1.34 racked: 2010-07-02 09:16
  • 四畳半神話大系 第11話(最終話)「四畳半紀の終わり」

    Excerpt: 四畳半神話大系 第11話(最終話)「四畳半紀の終わり」 脚本:上田 誠、湯浅政明 絵コンテ・演出:湯浅政明 作画監督:伊東伸高 今な�... Weblog: Welcome to our adolescence. racked: 2010-07-02 15:40
  • [感想][アニメ]四畳半神話大系 第11話「四畳半紀の終わり」視聴

    Excerpt: 四畳半神話大系 主人公は四畳半の全貌を知る ということで完結編見事に全部出し切ったなぁって思う一切のあと腐れがなくそれでいて視聴者の心をがっしりつかんで離さない終わり方だった綺麗に〆すぎてて語ること.. Weblog: 主にライトノベルを読むよ^0^/ racked: 2010-07-02 17:08
  • 四畳半神話大系 第11話 「四畳半紀の終わり」

    Excerpt: 「八面六臂の大活躍で、己のキャンパスライフを謳歌しながらすべての私にちょっかいを出し続ける。  こんな男に出会っていれば、  私�... Weblog: Free Time. racked: 2010-07-02 18:21
  • 四畳半神話大系 第11話「四畳半紀の終わり」

    Excerpt: 「叶うならあの日へ時間を戻したい!」 四畳半から抜け出せなくなった私が次にとった行動は――!? 今回はEDとOPが逆になってるんですね! 途中�... Weblog: Spare Time racked: 2010-07-02 19:09
  • 四畳半神話大系 最終回

    Excerpt: 今期の前半までは、アニメの視聴すら殆ど出来ていなかったので、この作品も見始めたのがかなり遅れたんですよね。途中から追いついたものの、途中からでは容易に感想を書き辛く遂に最終回に至るまで何も書かないまま.. Weblog: 心のおもむくままに-光と闇の交錯地- racked: 2010-07-02 20:20
  • 四畳半神話大系 全11話

    Excerpt: 最終回ということで総合的な感想です湯浅さんが監督と言うことでかなり面白い演出や画面作りをしていた作品でしたねそもそもこのアニメ3話ぐらいまで見て放置していたのを最終回が... Weblog: にき☆ろぐ racked: 2010-07-02 20:37
  • 四畳半神話大系 第11話「四畳半紀の終わり」

    Excerpt: しきりにOPで「本編はこの後」(笑 今回はEDをOPに使いながらも、テロップでは「エンディングテーマ」と書いてました。 エンディングがオープニング。すなわち最終回を意味.. Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2010-07-02 21:15
  • 『四畳半神話大系』#11「四畳半紀の終わり」(最終回)

    Excerpt: 「俺なりの愛だ!!」 永遠に続く四畳半の世界の中で、 別の「私」の痕跡を見つけて、思いを馳せる私。 私にもそんな楽しげな生活が送れる... Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2010-07-02 22:18
  • 四畳半神話大系  第11話 (最終話) 「四畳半紀の終わり」 感想

    Excerpt: 「俺なりの愛だ」 四畳半神話大系 第1巻(初回限定生産版)[Blu-ray](2010/08/20)浅沼晋太郎坂本真綾商品詳細を見る Weblog: 狼藉者 racked: 2010-07-03 01:06
  • 『四畳半神話体系』第十一話

    Excerpt: ついに最終回。 前回から風呂敷を畳み始め、無事完結。 イイ最終回だった。 11話通して無駄がない、綺麗な作品だったねぇ。 原作よりもスッキリ纏まってたかも。 こんなに感動する最終回になるとは思わな.. Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2010-07-04 01:54
  • 四畳半神話大系 11話(終) 「四畳半紀の終わり」 感想

    Excerpt: ★★★★★★★★★★(10:素晴らしい!) 「俺なりの愛だ」 まさかの小津END。 でも凄く良い最終回だった。満足した。 運命を変えるのに... Weblog: サボテンロボット racked: 2010-07-04 12:09
  • [アニメ]「四畳半神話大系」10話11話(最終回)

    Excerpt: 10話 ”何も選ばなかった地獄”の回。ストーリーもそうだが、実写が多くカラーも赤黒くって観てて陰鬱となる。 占いオババ欠場回だけど、占いオババ料金システムと呼応した形で各部屋(つまり各パラレルワール.. Weblog: 懐柔する怪獣 racked: 2010-07-04 15:50
  • 【四畳半神話大系】 第11話(最終回)「四畳半...

    Excerpt: 大学三回生の「私」は、薔薇色のキャンパスライフを夢見ながらも無意義な2年間を過ごしてきた。入学した時に数あるサークルの中から、とあるサークルを選ぶがそれを選んだ事によっ... Weblog: TOM's Garden racked: 2010-07-05 02:02
  • 四畳半神話大系 11話 「四畳半紀の終わり」

    Excerpt: 二畳から三畳、三畳から四畳世界は大きくなっていく Weblog: 穹翔ける星 racked: 2010-07-09 22:15