荒川アンダー ザ ブリッジ×2 第5話「5 BRIDGE×2」

珍しく、橋の外の世界に注目するエピソード。




アバンにリクの”語り”が入ったので、シリアス要素もやってくれるかなと期待していたのだけど、今回もまた脇役キャラを押したててのコメディエピソード。今回は2期の新キャラである隊長(劇中では巨匠、あるいはぽてち先生)メインと、ビリー&ジャクリーンがメインの2本立てだった。ギャグの質はなかなか良かったけど、セリフの聞き取れない部分がちょっとあったのは痛かったなぁ。あとでもう一度見返しておかねば。


それにしても、ここまで橋の外の世界が問題になるエピソードって、リク以外では珍しい。星やシロさんについて、元の職業が言及されたことはあったが、それを主題にしてストーリーを作り上げたことはかつて無かったはずだ。これを2期の特徴と見て良いのかは無論まだ分からず、というかただ脇役を描くのに「実は○○でした」というドッキリを使わなければネタが無かっただけのような気もする。まだ出番のありそうなアマゾネス等がどう描かれるかも含めて、今後の展開を待って判断したい。




読者受けを狙うことに飽き飽きしてしまった漫画家が、自分の描きたいものを描こうと暴走して失敗してしまうというのは、なかなか皮肉なネタだなぁ。とくに今回面白いのが、暴走したのは漫画家だけではなく、彼をサポートする担当編集までが、一緒に暴走してしまったという点だ。漫画家が個人作業では無いということを踏まえての描写だろうが、アニメ制作について言えば漫画以上に集団作業としての意味合いが濃いから、アニメスタッフがどのような意識でこのエピソードを映像化したのか、いろいろと想像を膨らませたくなる。シャフトはこんど完全オリジナル作品を作るという話だが、やりたいことと視聴者の要求とが乖離しすぎないように、という難問と真っ向から向き合うことになるのだから、どうか頑張ってもらいたい。とはいえシャフトファンとしては、たまには視聴者が全然求めていないような、ぶっ飛んだ方向に暴れてくれたほうが、嬉しかったりはするのだけどね。ヘタに視聴者に媚びるような態度は、シャフトに限らず、どんなアニメでもやって欲しくない。


作り手の姿勢を自ら問うカタチとなったAパートに対して、Bパートはもっと実生活とは馴染みの薄い、しかしだからこそ色々と怖いもの見たさで興味が湧いてくる世界を取り上げたエピソードとなった。極道の世界を映像作品で描くことは、実写はもちろん、アニメでも決して少なくは無いが、今回のように独特の隠語(?)に代用することで妄想を掻き立てるやり方というのは、巧いなぁ。直截的な言及をあえて避けることで、劇の裏側で進行している壮絶なドラマを、おぼろげに想像させて楽しませてくれる。劇としてはセリフが主体の、あまり激しい動きや演出の少ないパートなのだが、語られている内容の曖昧さと、役者の真剣な演技とによって、まったくダレることなく見せてしまっているのがすごい。着物に着替えたジャクリーンの迫力たっぷりな雰囲気は、後藤邑子の賜物。




Cパートではニノさんが、なんとリクのことを「恋人」と呼んでモノマネしていた! これはびっくりさせられたなぁ。最近リクはすっかりニノの恋人役が板についてきた感じだとは思っていたが、逆にニノに関しては、普段の何気ない言動からはリクの恋人っぽい様子がまるで感じられなかった。それが、ここでいきなりリクをそんな甘い代名詞で呼んでくれるなんて、どういう風の吹きまわしか。今回の最大の見せ場だったと思う。


やはりこの作品は、ニノとリクのロマンスが無ければ始まらないと思う。脇役にスポットを当てたコメディも良いが、早くメインディッシュを味わいたいものだ。もうシリーズ中盤と言って良い時期だ、ドラマの進展にも期待しておきたい。




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック