僕は友達が少ない 第12話(最終回)「僕達は友達が少ない」

夜空はやっぱりメインヒロインだった! 旧友二人のちょっと寂しそうな表情が印象的な最終回でした。



良い最終回だった、と思わせる幕引きに持って行く作品は少なくないけれども、最終話において「これは良い第1話だ」なんて思わせる作品はそうそう無いだろう。『はがない』第12話Aパートでの夜空の回想シーンは、よくある最終話とはまた別の不思議な感覚に陥らせてくれた。


ずっと小鷹目線で描かれてきたいままでの第11話。これとまったく同じエピソードを、夜空視点でもういっかい11話かけてやってくれたらどんなに面白いだろう、なんて叶わぬ妄想もしたくなる。なんだか強引で少し物足りなさのあったあの第1話が、ひとつ視点を変えただけでこんなにドラマティックになるなんて。そしてそのドラマが、前回までずっと、夜空の胸の中で繰り広げられてきたなんて。挿入歌にのせて振り返るだけでは全然物足りなくて、ひとつひとつのささいな出来事や経験を、ぜんぶ夜空の回想セリフ付きで見せて欲しくなった。またそれが無理でも、自分で夜空の気持ちを想像しながらもう一度最初から視聴し直してみたいと思わせる作り。この作品の”出来の悪さ”だとばかり思っていたいくつもの違和感が、あとから振り返ってみればそのほとんどが、夜空の言葉にできない心の動きをアピールする意味があったんじゃなかろうかと思う。その一つ一つをぜひ検証し、夜空の揺れる想いをトレースしてみたい。そんな、目の覚めるような思いのする最終回だった。


シリーズ全体を通じて、不平不満も無いわけではない。1クールという短い尺だとは言っても、各キャラそれぞれの内面に踏み込んだ描写がほとんど見られず、毎回同じような展開のイベントを決して高くなり切らない微妙なテンションで見せられたという印象がぬぐえない。ぶっちゃけ、幸村やダブル妹の存在価値が分からない。彼らが友達になっていくかけがえのない時間を描くにしても、あるいは夜空と星奈を中心としたラブコメ展開をやるにしても、もっとやりようがあったと思うし、いずれにせよ中途半端だった。んで、その割に妙に陰鬱なシーンが入り込んでテンション下げていくし。


しかしだからこそ、前回まであったモヤモヤ感というか、パズルのピースがどうにも噛み合わない印象が、今回見せられた第1話回想シーンによって見事に打ち消されたように感じた。夜空視点で見ると第1話はこうなっていたのだから、第2話以降もそれを参考にして再構築してみたらいいよと、作り手に指摘されてハっとさせられる。今にしてみれば、なかなか巧い作り方をしていたのだなぁと感心させられた。


星奈に対するフラグを立てていたいくつかの場面を除けば、このシリーズは夜空と小鷹の再会のお話だったわけだ。なるほどそれなら、幸村たちのドラマがほとんど無かったのもうなずける。何もしなかったのではなくて、夜空と小鷹が再会するまでは、何もできなかったのだ。おそらくこの続きの物語において、他のメンバーの見どころ満点なドラマが展開されているのだろうし、そこでこそ本当の意味で、隣人部がお互いを友人だと認め合う過程が描かれていることだろうと想像できる。それはアニメでやってくれるかは分からないけれど、機会があれば、また彼らの楽しくも残念な青春を一緒に楽しむことができるだろう。




夜空が小鷹に対して、これからもソラではなく夜空と呼べ、と言ったのはなかなか象徴的な場面だ。志熊理科が初めて隣人部にやってきた時だったろうか、理科が男女の間の友情はあり得ないと断言し、夜空がそれを即座に否定したシーンがあった。もし高校生になった今でも、小鷹と夜空がタカとソラであったなら、男女間の友情だって正常に機能しうることが証明できただろう。しかし夜空がタカとソラの関係に戻ることを拒絶した今、夜空と小鷹の友情の問題は極めて微妙な様相を呈している。あるいはもしかしたらそれは、ソラがスカートを履いてタカの前に姿を現すことをためらった時点から、すでに始まっていた問題だったのかもしれない。


これに対する小鷹の態度だって不安定だ。もし子供時代のようにソラ、タカと呼び合う関係になったとして、それから先に何が待っているか、想像できないわけではないはずだ。現に小鷹は、夜空とも星奈とも、いざとなれば恋愛関係に発展してしまうだけの精神的下地を十分に育ててしまっている。夜空の髪型を褒めたり男装に惚けていたりする小鷹を見ていれば、友達同士の仲の良さとはまったく質の異なるくすぐったさをお互いに意識していることは明白だが、かといって異性の友人に対する認識を親友から恋人へとナチュラルに進展させるほどの自由な価値観を、小鷹は持っていまい。


男女間の友情が成立するか否かという問いかけは、男女間で性的欲求をまったく抜きにした関係が成立するかどうかという点と、親友と人生の伴侶をイコールで結ぶことができるかどうかという点の、まったく異なるふたつの側面から取り組まなければいけない問題だ。とくに夜空と小鷹の場合、後者の側面についての考え方がより切実な問題となってきそうに見える。具体的には、ソラ、タカと呼び合う関係に再びなったときに、二人が夫婦の姿を取っているか否か、そんな空想が成立するかどうか、という問題だ。個人的には、かりに小鷹と夜空が恋人となり夫婦となっても、お互いのことは小鷹、夜空と呼び捨てにしているほうが自然に感じるけれど、でもタカ、ソラと呼び合って愛を育む姿(それはもちろん幼少時の友情とはまったく別物になるだろうけれど)というのも捨てがたい。このあたりは、原作を知らない自分には想像することしかできないけれど、じつに興味深いテーマだ。


もちろんそんな小難しいことを持ち出す以前に、今はまだ夜空だって、隣人部の活動を通して「友達ごっこ」に興じているだけで精いっぱいで、自分が理想とする親友を目の前に迎え入れるだけの準備が整っていないという事情もあるのだろう。彼女たちが十分に経験値を積んでから改めて、子どもの頃の友情と、いま新しく育んだ友情と、これから突入するかもしれない恋の予感と、どれをどのように取捨選択して関係を深めていくのか、その判断を見ることができるだろう。



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村





僕は友達が少ない お守り 三日月夜空 -友達募集-
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 僕は友達が少ない お守り 三日月夜空 -友達募集- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック