アマガミSS+plus 第5話 七咲逢 前編「ツヨガリ」

甘い! 甘すぎる! このラブラブっぷりは反則!



今回からは七咲編。表面上は以前と変わらない風に努めていた絢辻さんや、2期のエピソードの真っ最中に大きく変化していった梨穂子とは異なって、七咲の場合はもう最初っから、周囲の人たちも公認の仲としてイチャイチャしている。1期のラストからもうじき1年が経とうと言う頃にして、いまだにこの甘さはなんなんだっていう。


それも、クールで真面目な態度を気取りたい七咲を、純一がバカップルモードへぐいぐいと押し込んでいく様子が、1期の頃とは攻守交代してる感じで微笑ましい。犬っころみたいに甘えた目でみつめる純一の表情は、お姉さん肌の七咲には効果抜群。先輩なのに弟みたい、っていうギャップが、母性本能をくすぐるんだろうか。


ヒザ枕ならぬ腹枕、というかもう完全に股間枕だよっていう保健室での一幕は、七咲のあられもない恰好と、さぞや暖かくていい香りのするお腹なのだろうなぁという想像も働いて、非常に強烈なインパクトを発揮したシーンだったけれど、しかしここでの純一と七咲の奇妙な関係性が、この二人が互いに惹かれあっている部分なのだろうなぁと思う。どう考えてもアヤシイ雰囲気に突入しそうな恥ずかしいシチュエーションのなか、優しい子守唄と体のぬくもりが、いつしか男を静寂の眠りのなかにいざなってゆく。不健全な状況から健全な心理状態が生まれるのも、二人がただ性的欲求の対象として相手をみているのではなく、それ以上にどこか家族的な心の繋がりを求めているからこそ。七咲にとっては本当に理想的な彼氏と言えるのかもしれない。




そんな姉弟的恋人関係に暗い影を落とすのは、お互いの気持ちのズレではなく、外的圧力によって強制的に引き離されてしまう運命的離別だ。一緒にいるのが当然であった家族が、徐々に時間を共有しなくなっていく過程が、青春時代のひとつの側面でもある。最初から青春時代真っただ中にいた二人が家族的な絆によって結ばれた以上、お互いがお互いの生活に干渉し切れないのは当然であって、そこはなんとか割り切らないといけないハズなのだが、しかし家族の絆に強い思い入れのある七咲は、当然一緒に過ごすはずだった記念日にバラバラに引き離されてしまうのは、我々が考える以上に苦痛だったようだ。いくら不可抗力であり、純一の誠実さをよく分かっているとは言っても、こればかりはどうしようもない。


それにしても純一の通う予備校はすさまじいw いまどき珍しいスパルタだ、と思いきや、この作品は時代設定が少し古いので、お受験戦争という言葉に象徴される学力主義の気風を引きずっている時代ということを考えれば、純一が強引に拉致監禁されてしまったコミカルシーンもあながちリアリティが皆無であるとは言えない。もしかしたら現実にこれくらいやる予備校がごろごろ存在していたかもしれないし。(予備校なんて行ったことのない自分にゃよく分かりませんが。) でも絢辻さんにしごかれるのなら、お勉強合宿も悪くないかもしれない。って、それではルートが変わってしまいそうだw


いずれにせよこの二人は、純一の受験がひと段落するまではこんな感じですれ違いが多くなるだろうとは思う。七咲も言っていたけれど、クリスマスを逃してしまうと、次にちゃんとした時間が取れるのは何週間も後になってしまう。付き合ってから1年目のカップルにとって、数週間や数か月の無為の時間がどれだけ悪影響を及ぼすか。受験に合格しさえすればいくらでも会えるようになる、と保証されていたとしても、やはり二人の記念日でもあるクリスマスを一緒にいられなくなってしまったのは痛い。この障害を、七咲はどうやって乗り越えるのだろう。優等生発言の多い彼女が、ここでどれくらい必死な姿を見せてくれるか、注目しておきたい。



なお、中多さんイジメは順当に進行中。このルートでは生徒会長ではなく学級委員長ということで、以前のときよりはいくぶんかマシだと思ったのもつかの間、なんとクラス劇を披露することになって、中多さんはもちろん主役級の扱いということで、これは会長選挙よりも恥ずかしい。最近、美也のにししと笑う顔がだんだん憎らしく見えてきたよw 



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

あるるかん
2012年02月04日 23:19
七咲を布団に入れてなにやったんでしょう。七咲が抵抗をやめたのが凄い気になる(笑)。キスをしたのは間違いないでしょうが、もしかして手早くさらにその先を…橘さん恐るべし!


白辻さんしか知らない筈なのに寮長のイメージ映像はアレなのは、七咲ルートの橘さんは絢辻の本質を見抜いているのか!? 流石、橘さんだ(笑)!
にしても、寮長の絢辻に違和感がまるでありませんでしたよ。絢辻はパッケージヒロインですから、実質メインヒロインのはずですよね?メインヒロインにアレが似合うなんて絢辻の他は戦場ヶ原ひたぎくらいでは?
あと他ヒロインのルートだと、絢辻さんは救済されてないんですよね。将来、救済してくれる人物に出会えるとも限らないとも考えると、なんとま言えない気分になりました。



七咲の股間枕はすごく魅力的です。是非とも体験したいです。そして橘さんは変態全開のほうが盛り上がります。
しかし股間枕なんて、なぜこれを提案できるんだ彼は、「引かれるかも」という懸念より欲望の方が勝るからなのか?
あ、もしかして橘さんも七咲が変態であることを見抜いているのかもしれません(笑)。


七咲が完全無欠最強ヒロインすぎる…。しかもゆかなヴォイスは卑怯だろ…。ゆかなってだけで計測不能な魅力ですよ!EDの「大好きだよ」はヤバいですよ。
七咲がしょんぼりしているのは可愛らしいですよねぇ、でも我慢も限界そうです。七咲は一人でも頑張れるけど、一人でも生きていけるわけじゃありません、ここはやるときはやる男(他の時は残念ながら…)である橘さんが頑張ってもらいましょう!!
おパゲーヌス
2012年02月05日 17:42
>あるるかんさん

今回は随所に見られましたが、基本的にはやっぱり七咲は真面目で、とくに部長になったり彼女になったりといろいろ立場が変化した今は、余計に心に「遊び」が少なくなっている感じですね。1年生のころの小悪魔っぷりが影を潜めている印象で、それを分かってる純一がうまうく七咲の隙を突いて、彼女の生活に余裕とうるおいを与えようと努力してくれているように見えます。「引かれるかも」というリスクをあえておかす純一の行動には、たくさんの優しさや愛情がこもっていると思いますね。

絢辻さんに限らず、純一とくっつかなかった場合この子はどうなってしまうのだろう、と思わせる要素を、どのヒロインも持っていますよね。だからこそ『アマガミSS』は全ヒロインルートを対等に消化しているのでしょう。

この記事へのトラックバック

  • アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」 感想

    Excerpt: 私の心を占める、あなたの割合。 アマガミSS+ plus 第5話 感想です。 Weblog: crystal cage racked: 2012-02-04 14:54
  • アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢編 前編 ツヨガリ

    Excerpt: あれから約1年、クリスマスを前にした時期から開幕。 逢との仲は順調なようで、純一もこのルートでは中々の肉食系。 初っ端から甘い雰囲気ですね。 片や受験生、片や水泳部の部長 ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2012-02-04 16:15
  • アマガミSS+Plus TBS(2/02)#05

    Excerpt: 第5話 七咲逢 前篇 ツヨガリ 冬の海で二人きりの逢と純一。寒いので抱き付く純一。塾通いの純一と水泳部長として忙しい逢は すれ違っていた。 朝は逢が迎えに来るがまだ眠っている純一を 起こしに部屋に入る.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-02-04 16:25
  • アマガミSS+plus 第05話 七咲逢・前編 『ツヨガリ』

    Excerpt: 梨穂子との差が凄い。開始直後から海岸で寄り添ったり、朝起こしに行ったらベッドに引きずり込まれたり。ラブラブ真っ盛りの純一と七咲。あれから一年経っており、時系列的には梨穂子のEDより先の出来事です。で.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2012-02-04 16:52
  • アマガミSS+ plus 第05話「変態仮面の不純一!!」感想

    Excerpt: 前回、梨穂子さんと付き合っていくことになってハッピーエンドになった純一。不器用ながらも優しい純一に共感できる部分が多かったのではないでしょうか?純一の誠実さが心を打ちますね。今回は別ルートになります。.. Weblog: あきひろのコミックニュース racked: 2012-02-04 17:26
  • アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」 感想

    Excerpt: 甘い、甘すぎるよ― Weblog: wendyの旅路 racked: 2012-02-04 18:19
  • 「アマガミSS+プラス」 第5話 七咲逢編『ツヨガリ』

    Excerpt:  第5話 七咲逢編「ツヨガリ」  「七咲、あったか~♪」  冬の浜辺は寒いと、七咲に寄り添う、純一。  出会いから、もうすぐ1年、純一は大学受験に七咲は水泳部部長として、2人.. Weblog: おきらく委員会 埼玉支部 racked: 2012-02-04 19:06
  • アマガミSS+第5話感想

    Excerpt: #5「七咲逢編 前編 ツヨガリ」 絢辻さんが鋭い変化球、梨穂子ちゃんがまったりチ Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 racked: 2012-02-04 21:09
  • アマガミSS+ plus 第5話「七咲逢 前編 ツヨガリ」

    Excerpt: ドラマCD アマガミ vol.3 七咲逢編?来ちゃいました、先輩♪?(2009/10/23)ドラマ、ゆかな 他商品詳細を見る  七咲逢には、ツンとした第一印象を抱いていました。すっかりと橘さんの彼女.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2012-02-04 21:09
  • アマガミSS+ 七咲逢 前編『ツヨガリ』

    Excerpt: アマガミSS+  七咲逢 前編『ツヨガリ』 ≪あらすじ≫ 創設祭の日を境に付き合うことになった橘純一(たちばな・じゅんいち)と、後輩の七咲逢(ななさき・あい)。しかし逢は、昨年卒業した、文武.. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2012-02-04 21:17
  • アマガミSS+ plus 第5話「七咲逢 前編 ツヨガリ」

    Excerpt: キャラソン Songs w/OST「always vol.01」今回からは七咲逢編! 強気ヘタレ攻めの変態紳士が堪能できる回ですねw Weblog: 明善的な見方 racked: 2012-02-04 21:19
  • アマガミSS+ plus 5話

    Excerpt: ハイレベルすぎてついていけねえ! というわけで、 「アマガミSS+ plus」5話 ゆかな枕の巻。 お願いの内容もとんでもないけど、 引き受けちゃう方も大概だよなーと思う今日この.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2012-02-04 22:14
  • アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢 前編「ツヨガリ」感想

    Excerpt: アマガミSS+ plus 第5話 七咲逢 前編「ツヨガリ」感想 イマージーーーン! Weblog: かて日記-あにめな生活- racked: 2012-02-04 22:28
  • アマガミSS+ plus 第5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」

    Excerpt: まったく 七咲編の橘さんは ガッツリ肉食系で最低で最高だぜ!(苦笑)  1期でも一番衝撃だった温泉は 鹿の異常繁殖で使用不能にw 今年は違うとこでデートを考えていた逢でしたが…。 ▼ アマガ.. Weblog: SERA@らくblog racked: 2012-02-04 23:49
  • アマガミSS+ plus 5話 「七咲逢 前編 ツヨガリ」 感想

    Excerpt: いきなり羨ましすぎるううううううう これが変態紳士の実力か。俺たちの純一さんはこんなことも難なくやってのけてしまうのか(;゚д゚) 今年もクリスマスデートする予定なのかな? 俺も七咲さんとデ.. Weblog: 今、最高か――。 racked: 2012-02-04 23:57
  • アマガミSS+plus #05 「七咲 逢 前編 ツヨガリ」

    Excerpt: これからは膝枕じゃなくて土手枕の時代。w 「アマガミSS+(plus)」の第5話。 昨年のクリスマスに露天風呂でイチャイチャ、カップルになって関係は うまく行っている様子の純一と逢ちゃん。 .. Weblog: ゆる本 blog racked: 2012-02-05 01:59
  • アマガミSS+plus 第5話「ツヨガリ」

    Excerpt: アバンから変態紳士フルスロットルな純一さん^^; 逢ちゃんもまんざらでないのが。 黒辻さんから時間経過が半年ずつ経ってる感じ? (梨穂ちゃんは夏休み、今回の逢ちゃんは1年後) 梅原が純一に.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2012-02-05 05:13
  • アマガミSS+plus 第5話 感想「七咲逢編 前編 ツヨガリ」

    Excerpt: アマガミSS+plusですが、橘純一は七咲逢と海辺でイチャイチャします。逢は鹿の異常繁殖にも心を痛めますが、海辺なら鹿に見られる心配もありません。純一は真面目に勉強しているようで、徹夜でビーバー三国志.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-02-05 08:53
  • アマガミ SS+plus 第5話 七咲逢 前編「ツヨガリ」

    Excerpt: 橘純一と七咲逢がつきあい始めてやく1年弱。純一は大学受験を目指し、逢は水泳部の部長を引き継いで忙しい日々を過ごしてました。でも初っぱなから冬の海でラブラブモード全開。毎朝、橘美也に代わって逢が純一を起.. Weblog: 無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想- racked: 2012-02-13 20:31