アマガミSS+plus 第6話 七咲逢 後編「トウソウ」

ラーメンに変身しなくて良かった。真っ当なラブロマンスだなぁ。




楽しみにしていたクリスマス・イブに、強制的に離れ離れにさせられてしまった純一と七咲。今回はとくに七咲の寂しさにスポットを当てたエピソードではあったのだけど、そのわりにタイトルが純一の行動を指しているあたりが面白い。それだけ七咲にとって、純一がすべての基準になっているということなのだろうか。(トウソウ=七咲の闘争、という解釈は苦しすぎるだろうw)


劇中で七咲自身が驚いているように、恋人が出来る前と後では、七咲の精神状態がこんなにも変わるものかと思わされる。純一と離れるのがこんなにも辛いのは、もちろん、七咲がそれだけ純一のことを求めているという証拠。そしてその感情に自分で驚いているということは、それ以前の人生において、彼女はこれほど強く何かを求めたことはほとんどなかったということになる。強いて言えば、弟の存在が唯一、ソレにあたるものと言えそうで、だからやはり七咲にとって、身を焦がすような強い想いをもって他者との絆を求める場合は、血のつながった家族か、それと同じくらいに濃い関係性が必要なのだ。


そういう意味では七咲は、まるで母性本能のかたまりのようなヒロインと言えるかもしれない。とくにこの2期シリーズでは、純一を「大きな子ども」と表現したのに象徴的なように、とにかく七咲の母性を強調するシーンが山盛りに描かれていた印象だ。前回のお腹まくらも、ついついなまめかしい太ももに目が行ってしまいがちだけれど、しかしあれほど母体を意識させる構図もなかなかない。


1期のころの七咲は、母性ではなく、少女性の強調されたヒロインだったと思う。元来、仔猫のような造形のキャラクターでもあり、また気ままな言動や挑発的な態度、相手の下卑た欲望まで見透かして翻弄するその姿は、ニンフェット、という言葉がかなり似合う。「ロリータ」という定義で括られるある種の少女たちは、本来は9~14歳という限られた年齢のなかに発現するものであるとされているので、高校生の七咲がその中に含まれることはありえない。けれど、この年齢の問題を、西洋人と日本人との違い、あるいは三次元と二次元との違いから生じる誤差を考慮したうえで、そのものずばりとは言わないまでも、十分にニンフェットの性質を有するキャラクターとして、七咲逢の15~16歳当時の姿を評価することは可能ではないかと自分は思う。


愛を知り、ひとつ年齢を重ねた現在の七咲の姿においては、かつての少女性はかなり後退し、かわりに強調されたのが母性であった。それだけ七咲が、恋人や、あるいは人生の伴侶としてぜひ迎え入れたいと思えるだけの魅力を獲得してきたということだ。このような変化は他のヒロインにも当然見られはするだろうが、七咲の場合にはこれがじつに鮮やかに浮かび上がっている。あどけない少女が、一人前の魅惑的な女性となり、さらには将来どのような母親になるであろうかと想像させるまでに至る、あの独特の、そして劇的な変化。男性にとっては神秘としか言いようがない成長の軌跡が、こうして映像化されていることに驚きを禁じ得ない。


さらに付け加えるなら、女性がもっとも美しく魅惑的な表情になるのは、我が子を抱いたりあやしたりする時であると思う。前回も今回も、七咲はまさにそういう意味において、本当に素敵な表情を見せてくれていたのではないだろうか。彼女のそのような顔を引き出した純一もまた、自分の使命を全うしてみせたと言えるかもしれない。




さて、次回は棚町薫編とのこと。あれ、1期と順番が違うのはなんでだろう? まぁ中多さんは今回も含めてサービスシーンがちょっと多すぎたので、七咲編以上に甘~いエピソードが期待できそうな薫編を、十分に堪能することにしよう。




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

あるるかん
2012年02月11日 00:36
七咲がすごく可愛かったです。七咲は存外に依存心が強いのも、魅力的ですよ。そしてそんな七咲だからこそ、橘さんも男気を発揮させてくれますね。
ダウンではなく、あの白っぽいコートはよく似合ってましたね。彼女は細身でスタイルがいいから尚更。
ホテルの前で手を握り返すのはいいですね。きっとあの場所での経験はなかったのでしょう(笑)。後の花火を見るシーンも上半身しか見えないことと、起きたばっかりなのことに邪推してしまいます。


梅原もいい奴ですね、嫉妬して邪魔するようなことをせず、後押しするなんで。
麻耶ちゃんとはこれでフラグが立つかもと、期待してます。あと一年もしなううちに梅原は卒業します。そうすれば、教師と生徒という関係もなくなります。
梅原も麻耶ちゃんと結ばれるための前降りだとすれば、彼も充分にリア充だと思いますよ。だってあんな色気たっぷりな美女(しかも歳上)と良い仲になれるなら…。
麻耶ちゃん、去年は独りぼっちのクリスマスで酒乱になってしまいましたんでしょうね(笑)
おパゲーヌス
2012年02月11日 14:24
>あるるかんさん
依存心という点では、ヒロイン中もっとも強い人かもしれませんね。まぁ某ストーカーさんは別としてもw 今回の七咲は、白いコートといいホテル前の仕草といい、大人っぽい色気も強調されていましたね。

麻耶先生はエステに行ってたんじゃないですか? 梅原とばったり出会ったうえに、誘われる気まんまんでナンパに反応してるあたり、大いに脈ありかもしれませんが、でも梅原って同級生の子(いつも薫と一緒にいる彼女)とくっつくんじゃないんですか。梅原にもいろんなルートが用意されているのですかね。
あるるかん
2012年02月11日 15:56
薫の友人・田中恵子ですよね?彼女を演じる声優さんは、コメンタリィーでは梅原と結ばれることをかなり嫌がってましたよ(笑)。逆に薫役のサトリナさんが、梅原をフォローしてましたが。
個人的にはサブキャラでは、響を越えて麻耶ちゃんが好きなので、好漢である梅原と結ばれてほしいですよ。トロ子を卒業して麻耶ちゃんといちゃこいてほしい!
おパゲーヌス
2012年02月11日 17:29
>あるるかんさん
梅原いいやつなのにー。でもたしかに、男子目線での「いいやつ」と、女子目線でのそれでは、意味合いがまるで違うのかもしれません。

でもいくら麻耶先生がちゃんと給料もらってるからといっても、高校出たばかりの梅原と結ばれるのは、梅原自身が許さないかもしれません。彼にはしっかり自分の道(板前さん?)を進んでもらって、一人前になってから、人生の伴侶をみつけて欲しいですね。

この記事へのトラックバック

  • アマガミSS+ plus 第6話 「七咲逢 後編 トウソウ」 感想

    Excerpt: あなたの温もりが愛しくて。 アマガミSS+ plus 第6話 感想です。 Weblog: crystal cage racked: 2012-02-11 00:13
  • アマガミSS+plus 第6話 感想「七咲逢編 後編 トウソウ」

    Excerpt: アマガミSS+plusですが、橘純一のいないクリスマスに七咲逢は自分で自分を抱きしめて寂しがります。一方、美也と中多紗江の恥ずかしい劇ですが、「おおロミオ~」と比較的まともになっています。逢は美也たち.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2012-02-11 00:47
  • アマガミSS+ plus 第6話 「七咲逢 後編 トウソウ」 感想

    Excerpt: イチャイチャが止まらない― Weblog: wendyの旅路 racked: 2012-02-11 01:05
  • アマガミSS+ plus 第6話 「七咲逢 後編 トウソウ」 感想

    Excerpt: 末永くお付き合いください・・・ 純一さん、青春してるなー・・ Weblog: ☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~ racked: 2012-02-11 01:10
  • アマガミSS+Plus TBS(2/09)#06

    Excerpt: 第6話 七咲逢 後編 トウソウ 創設祭当日、射的するはるかに付き添う響。ロミオとジュリエット劇の美也と紗江。おでん屋台の逢。純一は塾の合宿強制参加中。去年のクリスマスが楽しかったと思い出す逢。自然と涙.. Weblog: ぬる~くまったりと racked: 2012-02-11 01:13
  • アマガミSS+ plus 第6話 「七咲逢 後編 トウソウ」

    Excerpt: 怪盗紳士現る!(笑)  純一が合宿に連れて行かれ、七咲は寂しいイブ…。 ってとこに合宿を抜け出した純一が颯爽登場☆ミ w ▼ アマガミSS+ plus 第6話 「七咲逢 後編 トウソウ」  .. Weblog: SERA@らくblog racked: 2012-02-11 01:33
  • アマガミSS+plus 第06話 七咲逢・後編 『トウソウ』

    Excerpt: 白い恋人。この可愛さは反則ですね。付き合い始めてから一年後、再びのクリスマス。カップルとしては今までで一番年季が入っているヒロインです。 なのに純一は塾の合宿で不在。逢いたい時にあなたはいない。恋愛.. Weblog: こいさんの放送中アニメの感想 racked: 2012-02-11 02:02
  • アマガミSS+plus #06 「七咲 逢 後編 トウソウ」

    Excerpt: 変態紳士の新しいプレイ、土手枕。その罪で収監中(ウソ)。 「アマガミSS+(plus)」の第6話。 塾に強制連行されて合宿中の純一。クリスマスイブを迎えて創設祭は終わる。 寂しそうな逢をパジ.. Weblog: ゆる本 blog racked: 2012-02-11 02:29
  • アマガミSS+plus 第6話「トウソウ」

    Excerpt: 塾のスパルタ合宿を抜け出してきた変態紳士! 逢ちゃんがいるところがわかるなんて、さすがスキルが只者ではないw いいラブラブっぷりを見せてもらいました(^^) いつの間にか歓楽街に来てるとは…やは.. Weblog: のらりんすけっち racked: 2012-02-11 06:42
  • アマガミSS+ plus 第6話「七咲逢 後編 トウソウ」

    Excerpt: ドラマCD アマガミ vol.3 七咲逢編?来ちゃいました、先輩♪?(2009/10/23)ドラマ、ゆかな 他商品詳細を見る  2期目は朗らかな展開が続いて、安心して観られますね。幸せそうで、観賞の.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2012-02-11 07:15
  • アマガミSS+ 七咲逢 後編『トウソウ』

    Excerpt: アマガミSS+  七咲逢 後編『トウソウ』 ≪あらすじ≫ 思わぬ事態で受験生の橘純一(たちばな・じゅんいち)は創設祭を前に強制的に学習塾の合宿に参加させられることになってしまった。連れ去られ.. Weblog: 刹那的虹色世界 racked: 2012-02-11 10:09
  • アマガミSS+ plus 第6話 「七咲逢 後編 トウソウ」

    Excerpt: 純一が強制的に合宿に参加させられたので創設祭でありクリスマスイブは七咲一人だけの寂しいものになってしまいました、一人になって初めて自分がこんなに弱くなっていた事に気付いたようですが、それが恋なの..... Weblog: 萌えアニメで楽天生活 racked: 2012-02-11 10:36
  • アマガミSS+ plus 6話

    Excerpt: デート行かなあかんねん。 というわけで、 「アマガミSS+ plus」6話 最優先事項の巻。 怪盗紳士…一体何者なんだ! 大きな子供なら仕方ないな。 そんな橘さんが、かっこよか.. Weblog: アニメ徒然草 racked: 2012-02-11 10:49
  • アマガミSS+plus 6話 「怪盗紳士じゃなく変態紳士だ!!」感想

    Excerpt: 前回、女の子の股間に頭をうずめた純一、いや不純一であったがその妹、美也もなかなかの変態。おっぱいソムリエと呼べます。さて今回は七咲逢編のラストです。会えない二人はどうなってしまうのか!? Weblog: あきひろのコミックニュース racked: 2012-02-11 12:40
  • アマガミSS+plus  七咲逢編 後編 「 トウソウ」

    Excerpt: 梅原、彼女ゲットおめでとう!(ぇ 麻耶先生と梅原の「あの後」が見たい!! 是非、第13話高橋麻耶編「キンダン」お願いします!(爆 もう・・・ 怪盗紳士がカッコよすぎて ..... Weblog: nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! racked: 2012-02-11 13:08
  • 「アマガミSS+プラス」 第6話 七咲逢編『トウソウ』

    Excerpt:  第6話 七咲逢編 後編「トウソウ」  「いつの間に、こんなに弱くなっちゃったんだろう・・・?」  去年は楽しかった・・・そんな事を思い出し、涙を流す七咲。  創設祭でクリス.. Weblog: おきらく委員会 埼玉支部 racked: 2012-02-11 17:25
  • アマガミSS+ plus 第6話「七咲逢 後編 トウソウ」

    Excerpt: キャラソン Songs w/OST「always vol.01」今回の純一は、まさに紳士! エロはほとんどありませんでしたが、 でも、それが無くても満足のいく内容でしたね! Weblog: 明善的な見方 racked: 2012-02-11 21:04
  • アマガミSS+ plus #6

    Excerpt: 【七咲逢 後編 トウソウ】 アマガミSS+ plus (1)絢辻 詞 【Blu-ray】出演:前野智昭ポニーキャニオン(2012-04-04)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る .. Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~ racked: 2012-02-11 21:19
  • 『アマガミSS +』 第6話 観ました

    Excerpt: 前の年のクリスマスは二人で楽しくいられたのに… そんな寂しい想いを抱えた逢ちゃんの恋は? というのが今回の流れでした。 そう言えばこの逢ちゃんは部活に家の用事に大忙しだったわけだから、本当に純一く.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2012-02-11 22:16
  • アマガミSS+ plus 第6話 七咲逢 後編「トウソウ」

    Excerpt: アマガミSS+ plus 第6話 七咲逢 後編「トウソウ」 Weblog: アマデウスの錯乱? racked: 2012-02-11 23:45
  • アマガミSS+ plus 第06話 「七咲逢 後編 トウソウ」

    Excerpt: 「紳士 大地に立つ」 終わったからといって突然立つなw 創設祭も終わり、橘さんのいないクリスマスイブに寂しそうな七咲。 そんな七咲をみゃーと中多さんがお泊まりパーティに誘います。.. Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2012-02-12 04:02
  • アマガミSS+ plus 第6話 七咲逢編 後編 トウソウ

    Excerpt: 純一は不在のクリスマス。 逢は創設祭で水泳部伝統のおでん屋台をしていますが、休憩時間に1人喧騒を外れると、去年を思い出してしまいます。 去年は楽しかったなと、思わず涙も ... Weblog: ゲーム漬け racked: 2012-02-14 02:13