氷菓 第15話「十文字事件」

里志のライバル宣言!? 脱・データベエースで男気を見せることはできるのかっ



文化祭エピソードもすでに4話目だが、ここにきてやっとミステリーらしくなってきた。今回のメインテーマは、いくつかのクラブで発生している窃盗事件。「十文字」を名乗る怪盗とやらの正体を探るべく、古典部をはじめ校内の自称探偵たちが活発に動き出す。


導入としてまずは奉太郎の名誉回復から。第11話までの、入須先輩に持ちかけられた映画の謎解きエピソードにおいて、奉太郎は女帝に唆されて調子に乗ったのかなんなのか、ちょっと信じられない凡ミスを連発して、彼を名探偵と目する皆の期待を裏切る格好となってしまった。しかし今回は、最後に事件のあらましを聞かされた奉太郎が、千反田や里志よりはるかに早く、そして鮮やかに真相究明の糸口を見つけ出してしまった。よく考えれば誰でも思い至ることだと謙遜していたが、あのスピードで真実にずばりと切り込んでいく手並みは、さすが折木奉太郎だと称賛せざるを得ない。


彼は嫌々ながら頭を働かせているときが一番冴えているのか、それとも千反田の視線に晒されていないとダメなのか。いずれにせよ、奉太郎は自分自身を才能も使い道もないダメ人間だと信じ込んでいてこそ、冷静に推理に臨めるのだろう。自分から進んで才能を披露してやろうと意気込んでしまうと、途端に足元が見えなくなってしまう。まぁそんなのは誰でもそうなのだけど、里志が考えている「奉太郎の真価」とやらがどうすればちゃんと発揮できるのか、この点について千反田えるの存在に期待したくなるのは納得だ。頼まれたから仕方がないとか、これ以上面倒なことにはしたくないとか、そんなネガティブな言葉を並べながら推理する探偵なんてはなはだ心象が悪いけれど、そうやって精神的逃げ道をつねに確保しておかなければいけない、なかなかデリケートな探偵さんであることは間違いない。


奉太郎が解き明かした事件の手がかりは、同時進行で校内の多くの人々がそれぞれに思い至り、何とかしてこれを自分が解決してみせようと動き出していた。壁新聞部が実際に怪盗の標的とされたことが、事件の注目度をさらに高めていったのだろう。先々週から何度も里志に勝負を挑んでいた囲碁部の谷も、里志と同じような着眼点で行動を開始。次のターゲットとなる奇術部でばったりと鉢合わせるハメになってしまった。じつはミステリーファンでした、と得意げに語る彼を見たときの、里志の微妙な表情がなんとも印象深い。


里志は奉太郎のことを高く評価していて、だからこそ奉太郎と張り合ってみたい自分の気持ちがだんだん抑えられなくなっている。なので里志としては、谷のような”小物”と勝負している暇などありはしない。ただしそれは里志が一方的にそう思っているだけで、これまでの描写を見る限り、里志と谷はなかなか好敵手である。谷がミステリー好きを公言した瞬間の姿に、ひょっとしたら里志は自分自身を重ねてしまったのではないだろうか。そして奇術部での張り込みが不発(というか完全に返り討ちにあってる)となった時、里志は自分と谷が探偵として同レベルに過ぎないことを痛感させられたはずだ。以前から里志は、彼にしては珍しく、谷に対して嫌悪感のような感情を抱いているようで、それにはまだ描かれていない直接的な原因があるのかもしれないけれど、奉太郎には決して届かない自分の力量を思い知らされる存在として、谷のことが正視に堪えない人物であると思っているのかもしれない。


それにしても、当初はデータベースに徹して奉太郎を盛り立てる立場にこだわっていた里志が、ここにきてはっきりと奉太郎に対するライバル心をむき出しにして、それを通じて自分自身の運命を変革しようと試みているのを見るのは、じつに高揚感あふれる展開となってきた。彼にどこまでのことができるのか、実に楽しみだ。


----


摩耶花のほうも今回は少しばかり進展があった。摩耶花にきつく当たっていた先輩は、本当の悪意でそんな態度を取っていたのでは必ずしもないことが、明らかにされつつあるようだ。摩耶花が惚れ込んでいる件の漫画も、秘められていたその正体が少しづつ明らかになってきたところ。この一件も文化祭エピソードの中で描き切ってしまうのだろうか。なんだか今回のストーリーは接点の少ないドラマが同時並行的に描かれているが、このタイミングで語られることにきっと何か意味や意図があるのだろう。


摩耶花は奉太郎と話してるとき妙に楽しそうなので、漫研がつらいなら古典部ブースにいればいいのに、なんて思いながら見てたのだけど、どうやら摩耶花はあえて漫研ブースに踏みとどまり、このコミュニティで自分の居場所をこじ開けようと奮闘しているらしい。なんて健気な! 文化祭に入ってから、摩耶花の株が急上昇中だ。




摩耶花ほどではないにしても、千反田も今回ばかりははっきりと、慣れない仕事への疲労感・倦怠感を口にしていた。公的な態度で話をするのが苦手、というのはよーく分かるけど、こればかりは場数を踏んで慣れてもらうしかない。天然な彼女も、振り返ってみて自分がいかに使えないかをまざまざと思い知らされているという、ちょっと可哀そうな図になっている。それでいて、対外交渉をすべて単独で引き受けてしまっているものだから、ほかの三人からはフォローの入れようがなさそうなのが難しいところだ。


入須のアドバイスがまったく何の意味も持たなかったのは、もちろん千反田自身の理解度と応用力が壊滅的に弱かったからだが、たぶんこれは性格の問題だろう。入須のように原理原則から考えを組み立てていこうとするのではなく、誰々に対してはこうなさいと、対処療法的にひとつひとつ指導し、できれば台本まで書いてあげないといけない。もちろん、じかにお手本を見せてあげることができれば一番よく、この点は古典部の人数不足が災いしたところか。この後、千反田がどのように反省するのか、注目だ。




相変わらずこの世の春を謳歌しているのが奉太郎。最近は妙に間延びした能天気な声で発する「おー」というセリフがやたら飛び出している印象だが、わざとなのか無自覚なのか知らないけれど、これでおどけた風を装っているつもりなのが可愛い。明るい感情をどうやって表明したらいいのか分からなくて、とりあえずこの格好に収まっているということなのだろう。表情も前はもっと鋭い印象があったが、いまはだらっと筋肉が弛緩しているようで、お祭り気分にあてられているというのも半分本当だろうが、これを機に新たな自分探しでもしているのかもしれない。この余裕綽々な態度が、でもいまいちピントがボケていて、なんとも珍妙な雰囲気を醸し出している。この表情がこれからの奉太郎のスタンダードになるのか、それとも文化祭期間限定の仮面なのか。彼の人間探究は、まだ始まったばかりだ。




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

あるるかん
2012年08月05日 11:56
この『クシャドリアの順番』は、奉太郎以外の部員たちが己と向き合うのがテーマなのかと原作を読んだときに思いました。ちょうど前作の『愚者のエンドロール』が奉太郎が自分と向き合おうと背伸びしてたのと対比になっている気がしました。前作ではえるたちは奉太郎に頼りすぎて、最後に間違いを指摘したのは色々と古典部全部、格好が悪かったですね。
今回は奉太郎がかなり楽をして、他が苦しんで悩んでもらうので五分五分だと思います。


えるは原作以上にへっぽこっぷりに磨きがかかっていましたよ(笑)。個人的にはえるが担った交渉の役目は、あの部員たちじゃ奉太郎が一番適任だと思います。里志は飄々としているが、交渉は得手じゃないんですよね。井原も歯に着せぬ物言いをするのは親しい仲間内だけで、結構人見知りで臆病なんですよね。あと心配性なのが交渉とかには向かないかなと思います。
そういう意味じゃ奉太郎のある種のふてぶてしさ、有事の際の手回しの良さなどは適任な気がしますね。奉太郎の未熟な点がなくなれば、入須を傀儡にしてみせた奉太郎の姉貴・供恵と同等になると思うとゾッとしますよ(笑)。
おパゲーヌス
2012年08月05日 23:22
>あるるかんさん
『クシャドリアの順番』ってのが、いまやってるエピソードの原作タイトルですか? 確かに、奉太郎以外の三人がそれぞれに自分の殻にぶつかって頑張っていますね。これを乗り越えた先の古典部の姿が楽しみです。

千反田の迷走は、アニメーションの妙がいかんなく発揮されていましたね。「いけませんいけません!」のセリフを投入するタイミングとかも絶妙で。

奉太郎と千反田のポジショニングが逆だろうというのは、ずっと思っていました。同学年生4人だけのクラブなんだから、部長だからとかいう話は無しに、純粋に能力や得手不得手で役割分担を決めればいいとは思いますが、そういう柔軟さを身に着けるためのいわば試練を、ここで経験させられているということでしょうかね。


この記事へのトラックバック

  • 氷菓 第15話 「十文字事件」

    Excerpt:  奉太郎のお弁当の豪華さ。 Weblog: つれづれ racked: 2012-07-30 23:12
  • 氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: えるちゃんたちは、ワイルド・ファイアに勝って古典部に帰還。 奉太郎の出した小麦粉での勝利で盛り上がってますね(´▽`*) そしてもうひとつ... カンヤ祭の裏で暗躍する怪盗・十文字の.. Weblog: 空 と 夏 の 間 ... racked: 2012-07-30 23:49
  • 氷菓 第15話 「十文字事件」 感想

    Excerpt: 盗難事件の謎に迫りはじめた古典部。わらしべプロトコルは継続中…? Weblog: Little Colors racked: 2012-07-30 23:58
  • 氷菓 第15話 「十文字事件」 感想

    Excerpt: 文化祭、結構引っ張りますね。 この分だと次回でもまだ解決しなさそうな感じですよ。 奉太郎は十文字事件について、えるが気になるから仕方なく考えてるって 惚れてるじゃないですか(笑) お料理対.. Weblog: ひえんきゃく racked: 2012-07-31 00:21
  • 氷菓 15話「十文字事件」

    Excerpt: 期待の眼差し。えるちゃんの得意技ですねw 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2012-07-31 00:25
  • 氷菓 第15話 「十文字事件」

    Excerpt: 「わたし!気になります!」 前口上まで入り表情も実に気合の入った気になりますw 奉太郎のくるぞくるぞという反応に視聴者としてもなにやら緊張感が増してきた今週のえるの決め台詞だったw 新技気にな.. Weblog: ムメイサの隠れ家 racked: 2012-07-31 00:52
  • 氷菓 15話 「十文字事件」 感想 じゅ、じゅうもじだと・・・・

    Excerpt: テレビとPCを駆使して常に2~3競技観戦中の律ちゃん博士です(`・ω・´)ゞビシッ!! いまも更新しながらテニス、フェンシング、柔道を観戦しながらい書いてます。 アニメ見るために寝る時間を削る生.. Weblog: ぷ~ぎ~(仮) racked: 2012-07-31 01:47
  • 氷菓 -HYOUKA- 第15話 感想

    Excerpt:  氷菓 -HYOUKA-  第15話 『十文字事件』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2012-07-31 02:40
  • 氷菓 15話 「十文字事件」 感想

    Excerpt: 才能の有無と適材適所。 Weblog: うつけ者アイムソーリー racked: 2012-07-31 02:45
  • 『氷菓』 第15話 観ました

    Excerpt: とりあえず今回は事件の概要と犯人が目指すであろう犯行の形の予測が出来るようになったところで終わりで、まだ文化祭二日目でした。古典部的に気になるあの山は一日目最後のときの173部から自力で売った16部と.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2012-07-31 04:13
  • 氷菓 第15話 「十文字事件」 感想

    Excerpt: 「十文字」の謎を追え― Weblog: wendyの旅路 racked: 2012-07-31 05:39
  • 氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: 氷菓の第15話を見ました 第15話 十文字事件 「珍しく弁当を作ってくれたのは有難いが、姉貴よ…何故エスニック…?」 奉太郎がお弁当を食べていると、ワイルド・ファイアに勝ったえる.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2012-07-31 05:53
  • 「氷菓」第15話

    Excerpt: あいうえおかきくけこ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207300000/ 氷菓 .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-07-31 05:54
  • 氷菓 15話「動かない安楽椅子探偵折木と動く福部。疲れるえるたそ」(感想)

    Excerpt: まだまだ続く学園祭。 十文字を捕まえることを決心する福部。 今までに見せたことない姿です。 今回は動かないで推理する折木と 動く福部が対照的に描かれました。 そして福部は千反.. Weblog: 失われた何か racked: 2012-07-31 07:10
  • 氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: 氷菓 通常版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る  学園祭が始まってから、ちょくちょくと発生する盗難事件。十文字事件を解決するために、折木 奉太郎は動きだ.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2012-07-31 08:52
  • 氷菓~15話感想~

    Excerpt: 「十文字事件」 カンヤ祭で次々に起こる謎の事件。 えるは奉太郎に十文字の謎を聞こうとするがあまり乗り気ではない様子だった。 里志と摩耶花もこの事を追い、壁新聞部に載せても.. Weblog: ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。 racked: 2012-07-31 12:15
  • 氷菓 #15 「十文字事件」

    Excerpt: 謎と隠蔽と実戦と  どうも、管理人です。なのは2ndA s(2度目)をようやく見に行ってきました。泣き所は前回とは少しずれていましたが、複数回見ても泣けるクオリティなのはさすが。3回目を見ると.. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2012-07-31 22:46
  • 氷菓 第15話 「十文字事件」

    Excerpt: 氷菓 限定版 第3巻 [DVD](2012/08/31)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る 千反田える、壁新聞部に入須冬実に教わった必殺技を 行使して、古典部のことを話題.. Weblog: 北十字星 racked: 2012-07-31 23:55
  • 氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]『奉太郎は変わった、いや真価を発揮した』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐.. Weblog: 明善的な見方 racked: 2012-07-31 23:59
  • 氷菓 「十文字事件」

    Excerpt: 料理対決は面白かったな Weblog: 説得能力はない racked: 2012-08-01 00:00
  • 氷菓:15話感想

    Excerpt: 氷菓の感想です。 十文字事件に乗っかっていこう! Weblog: しろくろの日常 racked: 2012-08-01 00:02
  • 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第15話 雑感

    Excerpt: [氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第15話 「十文字事件」 #kotenbu2012 #ep15 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということで.. Weblog: 妖精帝國 臣民コンソーシアム racked: 2012-08-01 00:12
  • 動かざる奉太郎、駆けまわる里志 アニメ感想 氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: 気になります発動5秒前 Weblog: 往く先は風に訊け racked: 2012-08-01 18:21
  • 氷菓 第15話『十文字事件』感想

    Excerpt: 「それでですね折木さん、見ていただきたいものがあるんですが」 「・・・これです」 お料理研主催のコンテストで優勝を果たしたえる達。 その興奮も冷めやらぬまま、先程現場で発見した『十文.. Weblog: アニメ好きな俺は株主 racked: 2012-08-03 07:57
  • 親という存在の哀愁(TARI TARIとか映画「おおかみこどもの雨と雪」とか)

    Excerpt: 【聖闘士星矢Ω 第17話】キキの弟子・ラキさん登場の巻。前作キャラ・キキ絡みのお話だったので、ご本人はもちろん、ムウが住んでいた塔(紫龍に一階層吹き飛ばされたアレ)とかも ... Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) racked: 2012-08-03 13:31
  • 氷菓~#15「十文字事件」

    Excerpt:  神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第15話 お料理... Weblog: ピンポイントplus racked: 2012-08-04 16:13
  • 氷菓 第十五話「十文字事件」

    Excerpt:  自分の抱える問題が、きれいに、何一つ無くなった瞬間なんて、今までに一度もない。  いつだって僕らは、多かれ少なかれ、或いは大小を問わず、常に何らかの問題に悩まされ続けている。「問題がない」と... Weblog: Old Dancer's BLOG racked: 2012-08-05 05:34
  • 氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: こうなった好奇心の天使・・・いや、ここまできたら堕天使か?w・・・は奉太郎には止められない(笑)。 クドリャフカ編はこれまでと違って古典部の4人にほぼ均等に比重を置いた群像劇になっているのが特徴ですが.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2012-08-06 00:02
  • [アニメ]氷菓 第15話「十文字事件」

    Excerpt: ミステリーっぽくなってきましたよ。それと同時に摩耶花と里志が心と体で動き出す。摩耶花の漫研での立場とか居心地の悪さはなんとかしてあげたいですね。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2012-08-07 00:29