氷菓 第16話「最後の標的」

奉太郎がエンジンかかってまいりました。




文化祭エピソードはまだまだ続く。今回は奉太郎が本格的に、十文字事件への推理を巡らせる話。唐突に折木姉が登場したが、摩耶花のくれた手鏡と引き換えに、摩耶花の探していた同人誌を置いていくあたり、このお姉さんの本作品中におけるトリックスター的な立ち位置がよく窺える。できれば一日早く持ってきて欲しかったところではあるけれどw


そしてこの同人誌『夕べには骸に』が、奉太郎に重要なインスピレーションを与える。漫画の内容を素直に絶賛していたり、この本を千反田と取り合う場面など、奉太郎がまだまだ余裕たっぷりに日常の幸福を堪能している様子が見られるけれども、今回ばかりはこの余裕が頼もしく、下手に意気込むことなく冷静に推理を働かせている。それに、どうやら奉太郎自身が、この事件の謎を解き明かすことに興味や楽しさを見出しているようだ。これはわれらが名探偵どのにとって非常に大きな一歩。まぁここ数日は十分に時間と体力を無駄にしてきたのだから、充填したエネルギーのはけ口にこの事件はちょうど良かったのかもしれない。


同人誌のあとがきに書かれてあった「次回作」の予告と、現在進行中の十文字事件に何か接点があるのではないか、という奉太郎の推測は、今のところ当てずっぽうの域を出ない。両者は、ただちょっとやり口が似ているように見える、というくらいの曖昧な関連性しかなく、インスピレーションの材料とはなったが、決定的な切り札になるとは、まだちょっと信じがたい段階だ。奉太郎以外の人間が同じことを言っても、誰も取り合ってはくれなかっただろう。けれど多面体としての姿を持つ真相・真実の全体像を把握するためには、思ってもみなかった方向に視点を移すというのは極めて有効なこと。今回、里志と二人きりで奉太郎が自分の考えを述べた場面では、まずはその視点を移動させて考えてみるべきことを表明した。この新たな着眼点からさらにどうやって切り込んでいくのか、次回の奉太郎の推理の行方がじつに楽しみだ。


----


奉太郎の考えを聞かされた里志にしてみれば、この友人がどのようにして無関係なふたつの事象を、眼前の謎を解き明かす鍵として活用しようと思い至るのか、ちょっと信じられない思いだっただろう。ある意味では正攻法とも言える手法を、ほかの雑多な自称探偵たちに混ざって進めてきた里志は、部室から一歩も出なかった奉太郎がこうも簡単に糸口を見つけ出してしまうことに、悔しさ以上に、自分の才能に対する失望を感じずにはいられなかったようだ。


つい一日前まで全力で文化祭を楽しんでいたのが嘘のように、里志の表情や言動からは余裕がなくなっている。奉太郎が里志の変化にどこまで気付いているかは不明だが、事件解決後の二人の友情が気になってくるところ。他者の才能や幸運に対する男の嫉妬の辛さというものは痛いほど分かるだけに、里志のことが心配だ。こればっかりはプライドの問題でもあるので、いくら慰めたり励ましたりしても無駄に終わることが多く、またそれは一生抱え続ける心の傷になりかねない。せめて、奉太郎を出し抜くカタチで事件解決への重要な局面を自分自身で担うことができたなら、里志にとってのせめてもの慰めになるとは思うのだけれど。


個人的な願いとしては、できれば「名探偵・折木奉太郎」というキャラクターは、奉太郎と里志の共同戦線として、どちらかが欠けても不完全な、お互いに認め合い協力し合う名コンビとしての探偵像であって欲しい。そのためには里志が、データベースやアドバイザーとしての役割を誇りを持って担当してもらうのが一番良いわけで、今回の一件が二人にとっての理想形を模索する舞台であって欲しいのだが、はたしてどうなるだろうか。


----


あと少し辛辣なことを言わせてもらうと、文化祭に突入してからの千反田さんの空気っぷりがどうしようもないところまで来ている気がするw この人はその前のエピソードでも酔っぱらってぶっ倒れてただけだったからなぁ。主人公のやる気を無理やり奮い立たせる起爆剤としての役割が、ここしばらくは希薄になっているように感じる。


奉太郎が自発的に(そして楽しみながら)探偵役を引き受けることになったら、それは千反田をはじめ古典部にとっては幸せなことかもしれないけれど、ヒロインとしてはどーなのかと言わざるを得ないわけでw 萌え担当として素晴らしいのは大歓迎だけど、奉太郎と里志の関係が何らかの進展を見せそうな今、ヒロインの存在意義も同時に見直しが行われているのかもしれない。


・・・摩耶花が、なんとなく奉太郎のことを(恋愛的な意味で)気にしてるように見えるんだけど、気のせいかな? もしそんなことになったらラブコメとしては盛り上がりそうだけど、そこに千反田が割り込む展開が想像できない。恋愛要素は当分、期待できないかな。っていうか今のままだと、奉太郎と里志でカップリング成立するなぁw それはそれでアリですが。二人とも可愛いし。




----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

あるるかん
2012年08月07日 17:11
奉太郎の姉・供恵は『めぞん一刻』の音無惣一郎みたいに特に意味もなく顔が見えないですね(笑)。
短い出番でしたか、僅かな情報から事件をある程度把握して、可愛い弟にヒントとなる品を託すなど、少ない出番で、あの入須を愛する弟の成長のための駒に利用してみせた実力の片鱗が垣間見えましたね!


里志は前作でも「自分は一番にはなれない」などと、おどけて自嘲してましたが、彼もまだまだ青二才なんですよ。自分の弱さや欠点を笑い飛ばしたり、受け入れることはまだできません。前作のおどけた態度は強がりで、今回見せた、奉太郎への焦燥・羨望・嫉妬・諦観が彼の本心を表してましたね。この部分は原作でも『クドリャフカの順番』で初めて明かされました。


里志が「安心院鐸波」というペンネームを、三文字の名字とは安直だとか言って、えるがショックを受けて慌てて里志が安直だと言ったのは下の名前のほうだと取り繕ったら、奉太郎に気づき奉太郎は別だと言ったら、伊原摩耶花が不機嫌になり里志がさらに墓穴を掘ったエピソードが抜けていたのは残念です。



『氷菓』のドラマCDのジャケットを見ましたが、古典部・入須・十文字・遠垣内がみんなで阿呆なポーズをしていたのが笑えました(笑)。入須がどんな弱味を握られたらあんな、恥ずかしくて阿呆なポーズをするのか、私、気になります!!


奉太郎と摩耶花のカップリングはできないと思いますよ。摩耶花は数年に渡り里志を慕っていて、里志も奉太郎もそれを承知していて、里志も有り体に言って摩耶花に(友情的な意味ではなく)好意を持っているが、彼個人の問題で答えられていない状況なんで、まぁ無理でしょうね。
個人的には奉太郎とのカップリングはえるか入須ではどうかでしょう?
おパゲーヌス
2012年08月10日 22:11
>あるるかんさん
奉太郎×摩耶花は、原作未読者の勝手な妄想と思ってください。画面の端々から、もしかしたらそういう妄想もアリじゃないかと思ってみたまでですので。

しかし一方で、千反田が奉太郎の恋人になる日もまた、永遠にやってこないようなイメージではありますw 奉太郎の片思いに終わりそう(それも、かなり惨めな部類の)。10年後くらいには彼女が平気な顔して唐突に、見知らぬ誰かとの結婚を報告してくるような予感がします。入須先輩は・・・なぜかあの人は同性愛者であってほしい願望がw

里志の青二才臭さは、文化祭エピソードに入ってからにわかに表れてきた部分ですね。それ以前のエピでは、いろんなことに興味を抱きつつも本当に情熱を傾けるものが無いんじゃないかと想像していましたが、叙述トリックに関する議論でホームズへの入れ込みようを見せられて、やっと里志の人物像が地に足をつけたように感じました。彼もここでようやく、この物語における主人公の一員になれたのではないかと。これからの里志の活躍?が楽しみです。

この記事へのトラックバック

  • 氷菓 第16話 「最後の標的」 感想

    Excerpt: 同床異夢― Weblog: wendyの旅路 racked: 2012-08-06 23:48
  • 氷菓 16話「最後の標的」

    Excerpt: 水をかけられた摩耶花。 今の状況に、本当は耐えられなかったのかな。 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray](2012/07/27)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る Weblog: 新しい世界へ・・・ racked: 2012-08-06 23:50
  • 氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 奉太郎の姉、学校にまで襲来!w あくまで顔は見せないって演出ですか( ̄▽ ̄)  えるちゃんの会ったことあるようなって反応見ると、 奉太郎に似てるんでしょうかね? Weblog: 空 と 夏 の 間 ... racked: 2012-08-07 00:19
  • 『氷菓』 第16話 観ました

    Excerpt: 『ク』で始まる部活での盗難は無かった。 その代わり、『ケ』で始まる「軽音部」で「弦」が盗まれた… 神山高校で「ク」から始まる部活動は『クイズ研究会』と『グローバルアクト部』の二つだけ。そのうち『クイ.. Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋 racked: 2012-08-07 03:57
  • 氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 氷菓の第16話を見ました 第16話 最後の標的 ――十文字事件を餌にして氷菓を売ろうという発想は悪くない。だが、それでも完売には少し足りないか…。考えてみるか、上手くいくか分からな.. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2012-08-07 05:48
  • 氷菓 -HYOUKA- 第16話 感想

    Excerpt:  氷菓 -HYOUKA-  第16話 『最後の標的』 感想  次のページへ Weblog: 荒野の出来事 racked: 2012-08-07 06:32
  • 氷菓 16話 「最後の標的」 感想

    Excerpt: キング先輩が舞先輩に。ぶっちゃけ色気がない時点であのコスはアウトです。 Weblog: うつけ者アイムソーリー racked: 2012-08-07 08:40
  • 氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る  折木 供恵は事件の真相に気がついたようで、可愛い弟にヒントを与えるために同人漫画を渡したようです。わらしべ長者が、面白いように物.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2012-08-07 09:14
  • 氷菓~16話感想~

    Excerpt: 「最後の標的」 十文字を追っている里志。 しかし、事件はまた別の場所で起こり、けいおん部で弦がとられたという。 放課後ティータイム「ガタッ」 里志の行動は空回りする結果と.. Weblog: ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。 racked: 2012-08-07 12:46
  • 輝かしい奉太郎 アニメ感想 氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 福部里志奮起!! Weblog: 往く先は風に訊け racked: 2012-08-07 20:08
  • 氷菓 第16話 【最後の標的】 感想

    Excerpt: グローバルアクトクラブって何やっていんだろう? 次の盗むものはクですね。 しかし(多分自称)探偵がたくさん増えましたね~ でもどうせ、もう盗まれているってオチなんでしょ?  って思っていました.. Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 racked: 2012-08-07 20:27
  • 氷菓 #16 「最後の標的」

    Excerpt: 種明かし前の、前提の見直し  どうも、管理人です。何か先週引いた風邪をぶり返しそうな勢いでちょっと怖いのだが…。今週中は今日からほぼ毎日スケジュール入ってて、おまけにラストがコミケなだけにここ.. Weblog: 戯れ言ちゃんねる racked: 2012-08-07 22:50
  • 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第16話 雑感

    Excerpt: [氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第16話 「最後の標的」 #kotenbu2012 #ep16 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということで.. Weblog: 妖精帝國 臣民コンソーシアム racked: 2012-08-07 22:50
  • 氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 氷菓 限定版 第3巻 [Blu-ray]『期待してるよ、奉太郎・・・』 製作:京都アニメーション 監督:武本康弘 原作・構成協力:米澤穂信 折木奉太郎:中村悠一 千反田える:佐藤聡美 .. Weblog: 明善的な見方 racked: 2012-08-08 00:05
  • 氷菓 第16話 「最後の標的」 感想

    Excerpt: 伏線の張り方が面白いですね。 次回の解決編が楽しみです。 怪盗「十文字」を現行犯逮捕しようとする里志。 一方、奉太郎は相変わらず、店番。 そんな中、奉太郎の姉、供恵が学校にやって来る。 .. Weblog: ひえんきゃく racked: 2012-08-08 00:12
  • [アニメ]氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 物語が動き始めそうで動かない、このじれったい気持ちが解決への悩みとなり、登場人物へとシンクロする。なんだか本当にカンヤ祭を楽しんでいるかのよう。 Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ racked: 2012-08-08 19:22
  • (アニメ感想) 氷菓 第16話 「最後の標的」

    Excerpt: 投稿者・ピッコロ 未完成ストライド(2012/08/08)こだまさおり商品詳細を見る ☆氷菓 第14話 「ワイルド・ファイア」の感想をポッドキャストにて収録! 爽やか学園青春スト.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2012-08-08 20:48
  • 氷菓 第16話「最後の標的」 レビュー・感想

    Excerpt: さあ十文字、来るなら来い! 十文字事件に正面から挑む里志、それはシャーロキアンになりきれないデータベースのとしての意地なのか・・・? Weblog: ヲタブロ racked: 2012-08-08 20:53
  • 氷菓16話 里志から見る光と影

    Excerpt: 氷菓の16話のレビューです! いやー、よかったですね! レ○プ目 えるたそな!! 十文字事件について現時点の推理.. Weblog: うっかりトーちゃんのま~ったり日記 racked: 2012-08-08 22:42
  • 努力型と天才型(ガンダムAGEとかTARI TARIとか)

    Excerpt: 【聖闘士星矢Ω 第18話】蒼摩くんが親の仇であるソニアさんと戦うお話。前半で出てきた蒼摩くんと彼の父親の思い出話がちゃんと結末に活かされていたので、今回は小じんまりとしな ... Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮) racked: 2012-08-10 15:44
  • 氷菓 第16話『最後の標的』感想

    Excerpt: 「おーっす」 「相変わらず省エネに勤しんでるわね」 「姉貴?本当に来るとわ・・・」 文集が順調に売れていた矢先、古典部の部室で一人静かに店番をしていた折木の前に供恵が様子を見に現われ.. Weblog: アニメ好きな俺は株主 racked: 2012-08-10 21:58
  • 氷菓:16話感想

    Excerpt: 氷菓の感想です。 真相は近い。 Weblog: しろくろの日常 racked: 2012-08-10 23:19
  • 氷菓 第16話「最後の標的」

    Excerpt: 文化祭に来た供恵、壁新聞を見てさっそく何か心当たりを見出したようですが・・・徹底して彼女の顔見せありませんね~(苦笑)。えるが感づくくらいなので奉太郎とどこかしら面影か雰囲気が似ているのでしょうけど・.. Weblog: ボヘミアンな京都住まい racked: 2012-08-11 19:36