キディ・ガーランド 第11話「シャドウワーカー」

今週は「けんぷファー」も「にゃんこい!」も無いから、心に余裕を持ってじっくり見ることができた。来週からは時間が遅くなるのか。。。録画頼りになるなぁ。



々回、前回と2週続けて、シリアス調のストーリーと戦闘シーンを描いてきたということで、今週は改めて、今シリーズで扱う事件の構図の確認と、ライバルとなるキャラの描写に時間を割く回。ゆったりしたテンポなのは分かりやすくて良いのだけれど、冗長な感が強いのは相変わらず。これはもう、こういうモノだと思って見るしかない。


GTO側とGソサエティ側と、ふたつの視点でそれぞれ別のドラマを並行展開させたりすれば、脚本的にもっと濃縮されたアニメになっただろうにと思うのだけどね。作画といいストーリー構成といい、朝や夕方にやる何年も前の子ども向け作品の作りになっているのが、今の深夜アニメのクオリティと比較してどうしても物足りなさがある。いまさらだけどねん。





トゥーシャのスパイ作戦を通じて敵方を人間味たっぷりに描くのはいいアイディアだった。夢中になっていらぬことをペラペラとやるリトゥーシャは、イタイタしいのと危なっかしいのとでとても見ていられない。その分、押しは弱いけれど落ち着きのあるパウークとセットで、なかなかいいキャラをしている。


そして、これまでは倒すべき相手としてどうにもいけすかない連中という印象だったシャドウワーカーたちも、その日常をコミカルに描くことで、たちまち魅力的なキャラとして確立されてきた。M属性のメガネメイドがまた絶妙に彼らの言動を盛り立てる。このメイドさんの使い方の巧さには感心した。ていうか現時点で一番、可愛いんだけどwww


巧いと思ったのはメイドさんだけでなく、結局3組ともお互いを監視してガクトエルに報告していた、という設定を見せた点もそうだ。カリスマ性のある指導者になんとか気に入られようと、三者三様のやり方で工夫し、焦り、敵対感情を募らせている、その描写がとても良かった。こういうドロドロした人間関係が描かれてこそ、シリアスな劇は盛り上がる。それが描かれた今回のエピソードは、かなり好きだ。


敵キャラに感情移入させるというのを、今作はかなり意図的に行っている。ファーストガンダムなんかはまさにそうなのだけど、やはり戦う相手の背負うものが見えるというのはぐっとくる。





体的な構図として、GTOとGソサエティの二極対立という構図が、いよいよ明確に提示された。


一応、現段階で注目しておきたいのは、正義の味方はどちらか?という問題だ。


シリーズ前半のバカな展開を鵜呑みにするなら、ここは分かりやすく、GTOが銀河の平和を守る組織で、ガクトエルは悪者だという認識に、どうしても立ってしまいたくなる。けれど、そんな単純な構図にはならないかもしれないという要素も、だんだん伏線として散りばめられているようにも見える。


例えば1期でストーリーが大きく動き出したとき、主人公たちは平和の維持という目的を掲げながら、ノーブルズによる貴族主義的な階級差別を容認し、それを守ろうと動いていた。そしてその任務の矛盾に気付いた時から、割と気楽な1話完結型のSFアニメだったのが、重苦しい空気のただよう作品に変貌していったと記憶している(当時テレビで見て以降、一切触れて来なかった作品なので、記憶違いだったら申し訳ない)。それを考えるなら、この「キディ・ガーランド」において、貴族階級たるノーブルズの特権を否定した上に成り立っている世界観が、果たして本当に人々の平和と幸福を約束するものなのか、その疑問点、矛盾点を突いてくる可能性は、十分にあると思う。


とくに今回、お茶目なリトゥーシャの話をにこにこしながら聞いていたお婆さんが、じつはノーブルズとしてひどい弾圧を被ってきた過去があり、ガクトエルとそれを支える孫(?)たちに大きな期待を寄せているという描写を挿入してきたのは、注目に値する。もし単純な勧善懲悪の構図であるなら、あんなに素敵お婆さんが、無条件にGソサエティを支持しているはずがない(もちろん作劇手法の話である)。病室でのこのささいなひとコマは、今作が正義対悪の単純な構図にはなり得ないという今後の展開を予見させるものだった。


キーワードは、支配と弾圧。かつての貴族と市民、資本家と労働者の間に起こった不毛な争いの歴史を、架空の世界で改めてトレースし、その是非を検討してみようという意図が、作り手にはあるのかもしれない。「キディ・ガーランド」が、一人の人間、一個の国家、ひとつの惑星が一体何を指針として行けば良いのかを完全に見失っているこの混迷の時代に、一筋の光明を差し入れる作品になってくれれば、望外の喜びである。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^


輝光翼戦記 天空のユミナFD
↑「天空のユミナ」待望のFD発売決定!全力で応援します!

"キディ・ガーランド 第11話「シャドウワーカー」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント