キディ・ガーランド 第22話「流れ始める時間」

展開は熱い!


・・・だがっw


いまさら今作の映像に何をか言わんや、とつっこまれそうだけど、それにしたって、Bパートの展開は、ストーリーの熱さ・面白さを映像がフォローしきれておらず、ちょっともったいない。こんなに面白い展開なのに!




ストーリー的には、リュビスやリトゥーシャたちが、ガクトエルの冷酷な仕打ちを目の当たりにして精神的に揺さぶられていく様子はなかなか真に迫るものがあったし、ピンチのアスクールを助けようと乗りこんでくるク・フィーユや、他のESメンバーの登場などは燃えに燃える。そして早くもガクトエルの野望を食いとめたかと思いきや、じつはブラフだったとか、どんだけハラハラさせれば気が済むのかとw


アスクールが据え付けられていた謎の椅子は、最初はさすがに戸惑ったけれど、ガクトエルのやろうとしていることの大きさを見せつけられると、無理やりにでも納得させられてしまった。全銀河といち都市とを天秤にかけさせられ、なんとか活路を見出そうとするアスクールの悲痛な叫び。そして、シャドウワーカーたちどころか実妹でさえも手駒としか見ていないような、ガクトエルの見事なラスボスっぷり。銀河中を壊滅させてどんな意味があるのかという疑問も、選民思想を振りかざしていたのだというのが判明し、敵の意図にも納得のいく説明がついて良かった。


GTOのESメンバーを相手に「勝てない」と呟いたリュビスたちだが、実力以上に、気力で負けていたというのがよく伝わってきたな。人類を自分たちで守るんだという決意に燃える戦士たちを前に、大義が揺らぎ、戦う意味を見失ったシャドウワーカーたちは、あまりにももろい。


逆に言えば、戦う意志のまったく衰えていない連中(ガクトエルやサフィル)との対決こそ、真のクライマックスということだ。とくに今回はガクトエルに出し抜かれた格好となり、依然として戦局は圧倒的に不利だ。大逆転劇をどのように描いてくれるか、次回を楽しみにしたい。




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえるとやる気でます^^



"キディ・ガーランド 第22話「流れ始める時間」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント