荒川アンダー ザ ブリッジ 第7話「7 BRIDGE」

どうしよう、今回の幕引きは、本気でゾクっとした




・今回のお話


鯨が空のさらなる上を知ったら、そこを目指さずにはいられない・・・。今回のアバンの”語り”は、珍しくニノが担当したが、本編とどんな関わりがあるかは分からないものの、「せわしなく心臓が動いている」などといってうつむいて見せた彼女の表情に、なにかシリアスなものを感じてどきっとさせられる。


そんな幕開けを見せた「荒川アンダー ザ ブリッジ」第7話は、Aパートではリクの開いた学校の様子を、Bパートでは萌え成分たっぷりなP子を描く。


”起立と礼”を教えるのに、いきなり「それが常識だから」と説明し始めるリクの浅はかさには失笑を禁じえないが、常識論をなんとか叩きこもうとする彼の空回りっぷりが面白いw また方針転換した後のリクの、頭の回転の速さと適応力は見事で、生徒の予想外の言動に振り回される感は付きまとうものの、想像以上に良く先生をこなしている。


生徒の学習意欲に合わせて、かつ青空教室というロケーションを活用して自然科学から手を付けた彼の教育方針は大いに納得がいく。ステラが登場して何もかもぶち壊しになりかけたが、すぐにステラの心情を読み取ってさりげなくクラスに溶け込ませようとする「短冊作戦」には、こいつ何て頭良いんだと、感心させられた。初日はまぁこんな感じだったが、根気よく続ければ、きっと教育史に名を刻む教師になれるかもしれないwww (ヘレン・ケラーの家庭教師やエジソンの母等、教育機関から落ちこぼれた生徒をどう育てるかという努力で美談を残した人々を、私は心から尊敬する。)




・今回のテーマは常識


転じてBパートは、リクがP子の畑を手伝いに行ったエピソードだったが、まず間違いなくP子は、この作品最大の萌えキャラでしょうな。小見川千明の演技が大変かぁいい。しかしそんな萌えは個人的に勝手に楽しんでおけば良いのであって、問題はP子の恋から導き出された、リクの大いなる疑問だ。「常識ってなんだ?」という呟きと共にフラッシュバックされたいくつかの映像は、これまでは一応ギャグのオブラートで包んでいた今作の持つテーマ性を、恐らく初めて、露骨に提示してきたシーンだった。ちょうど私が現在レビューに取り組んでいる「地球少女アルジュナ」をどこか連想させる演出で、本気で背筋がゾクっとさせられた。


Aパートで常識論を揶揄するエピソードを見せておき、Bパートではそれとまったく関係ないような話に視聴者の視線をそらしておいてから、最後の最後でかつてない鋭さと共に根幹テーマを突き付けるこのやり方に、心の底からシビれた。まさか! という方向から鋭角に主戦力を転進させて相手(視聴者)の心臓部を貫こうとする今回の作劇のダイナミックさは、アレクサンドロス大王がガウガメラでとった戦術を、そのままドラマという戦場で再現して見せたかのようだった!




さて、常識とは何だろう。前回の記事では労働という側面から、常識と非常識の織りなす示唆に富んだユーモアの意図を探ってみたばかりだが、今回はさらに大きな視点から、この常識というものを考えさせるエピソードだったと思う。それはむろん、P子が村長の生き方に託して語った「本当の生き方」に関するセリフを直接的な契機として考えるべき問題だが、さらに言えば、第1話からずっと、我々の前に突き付けられ続けてきたテーマでもある。


次回以降、このテーマをどうやって掘り下げてくれるかは分からないものの、しかし今作が、例えば古代ギリシアの哲学者・ディオゲネス(と、その逸話)に通じる思想を掲げているように、見える。私は哲学専攻ではないのであまり断言的に語ると無知を晒すことになりそうだが、ありていに言えばそれは、都市(現代で言えば文明)の生活に縛られた人間たちに対する痛烈な批判であり、いわゆる常識人と自称する人々が、どれほど人間本来の生きざまを歪めているかという事実を、訴えるものである。


こうした考え方は現代ではなお一層、注目に値する大きな意味を持っている。すなわち現代文明は、さも当然のこととして、まったく非常識な行為がまかり通っているからだ。我々常識人が暮らしているこの文明社会は、衣食住さえ足りぬ何億という子どもたちの存在を知りながらも、戦争と娯楽に膨大な資源を注ぎ込む。このままではあと何十年と経たずに地球が滅ぶと分かっていながらも、資源を食いつぶし有害物質をまき散らす。たった一度勃発すれば瞬時に地上を死で埋め尽くせる核戦争の脅威の上にパワーバランスの均衡を保ち、多くの人々が世界平和の実現を絵空事だと割り切っている。なんと、なんと歪(いびつ)な常識世界なのだろう!


もし、仮に、この世界の全ての人々が、荒川の橋の下の住人のように、のん気で勝手気ままな、しかし平和で正直な生活を始めたとしたら、どうだろう。この地上からありとある国家や、法や、思想信条の一切が雲散霧消する。まるでジョン・レノンの唄のようだ。生活はちょっと不便になり健康を損ねるものも多かろうが、50年前後の自由な人生を謳歌することが約束されよう。そしてそうした中で生きる人生こそが、真に常識的な生き方でないと、誰が言えるのであろうか?




・・・もちろん、ただのギャグアニメから私は飛躍しすぎであるw けれどそれだけ大袈裟に考えて良いだけの下地を、この作品は持っている。また、現代文明とその中での我々の生き方を根底から見直すことは、現代に生きる人間の急務でもあると、これは真面目に思う。というか、はっきり言って手遅れじゃないかとさえ思うのだ。だからせめて今からでも、せめて自分自身の生き方だけでも、”本物”を見つける努力をしたいし、して欲しい。そう私は言いたい。


今作を通してそのきっかけのひとつでも与えたいという想いが、作者にもあるのではないかと、推測している。その正否はどうあれ、よくよく注目し思索すべき作品であることを、何度でも訴えておきたい。




・次回予告


カッパよ・・・・・・。


子どもを追いかけるな!! 迷惑がってんだろ!!w


いままでで一番笑った次回予告かもしれませんw


----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^

"荒川アンダー ザ ブリッジ 第7話「7 BRIDGE」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント