デュラララ!! 第22話「解散宣言」

ダラーズすげぇー!




・ダラーズの本領発揮


ことさらに暴走しようとする黄巾賊の法螺田一派に対して、無色透明の者たちがどうやって対抗するのかなぁと思っていたのだが、いかにもギャングですといった感じの黄巾賊とはまったく対照的なやり口での「巨乳ちゃん救出作戦」は、じつに面白かった。


黄巾賊もダラーズも、リーダーがいちいち指示してるんではなくて、メンバーがかなり行き当たりばったりに動いている。けれど広い情報と人的つながりとアイディアに満ち溢れたダラーズ側が、今回は圧勝。誰にも縛られない、誰からも命令されたわけでもない、完全に自発的な行動による、組織の運営。そこには利点も欠点もあると思うけれど、今回ばかりは奇跡的に皆の心がひとつになっての成功といっていいだろう。TV版「東のエデン」最終話でのミサイル撃墜シーンに、発想としては近いと思った。


とはいえもちろん、これで黄巾賊はダラーズに対していよいよ敵愾心を募らせる。まぁやってることは変わらないのだけれど、紀田は部下のことに無頓着になっちゃってるし、帝人は帝人で唐突に解散宣言しちゃうしで、二人のリーダーが事実上、組織を放り出したカタチとなった。こうなればかつての黄青の抗争と同じように、報復に次ぐ報復の合戦が繰り広げられる公算が大きくなってくる。とくに、掲示板が消失してしまった後のダラーズの面々がどのような行動を取るのかは、要注目だろう。




古代ギリシアにおいて、民主主義を謳って栄えたアテナイという都市があった。アテナイは王政を敷くスパルタと対立し、アテナイの政治体制を至上のものとして、独裁制や寡頭制をとる敵対国家を非難した。しかしそんな民主主義国家であるアテナイが対外的にとった行動はといえば、エーゲ海諸国を属国のように従えて同盟と言う名の帝国主義に走り、あまつさえ何の咎も無いシチリア島を利権のために征服しようとさえした。市民の独立と権利を謳う国家が、自らの利益のためには進んで他者に隷属を求めたのである。


民主主義はいとも簡単に、衆愚政治に陥る。今後のダラーズを支配する意見がどういった風向きを見せるのか、臨也の目論み通りに動くのかはたまた大きく異なる貌を見せることになるのか、楽しみだ。




・竜ヶ峯帝人は何を想う?


今回面白いと思ったのが、今回帝人が、皆に必死に呼びかけてはいたけれど、結局自分が何をするでもなく終わってしまったこと。旗を振って音頭を取ってはいたようだけれど、今回杏里が黄巾賊からホイホイと逃げ回っていられたのは、帝人の功績とは全然別の話だろう。今回の帝人は自分自身も激しく変転する状況に釣られて走り回っていったところで、結局お姫様を自分の手で救い出すところまで辿りつけなかった。そこで彼が感じたのは、いったいどんな気持ちだったのだろうか。


協力してくれた皆に感謝を捧げはしていたが、もしこれが自分だったら、自分の全然知らない場所で、全然知らないカタチで事件が解決して、それで良しと思えるほど能天気にはなれまい。帝人の、どこか達観したような落ち着きには、何か深い想いが込められているようだ。


ダラーズという組織の存在に限界を感じたのか、それとも自分の居場所はそこには無いと考えたのか。多くの人が驚きの声を上げた「解散宣言」の真の意図と、彼が見つけた”一番大事なこと”の意味が、次回以降明らかにされることを期待したい。




もちろん同じことは、紀田や杏里についても言えるわけで、とくに杏里は自分の娘たちを利用したことがどんな結果をもたらしたのか、ようやく感づいたようだ。ここに来て、組織の抗争という外面的なドラマの流れの中に、主役3人の内面描写がぐっと絡んでくる展開になってきそうだ。




・まさかの静ちゃん!


それにしても今回の幕引きは衝撃的だったなぁ。あれほどの強さを誇っていた静ちゃんが、鉄砲なんかでやられてしまうとは。いや、常に”火事場の馬鹿力”状態という設定なんだから、さすがに本物の銃の弾丸を喰らったら無事ではいられないというのは、理屈では分かるのだけど・・・。


これも臨也さんの差し金なんだろうねぇ。銃で殺せるならとっくの昔にやっていてもおかしくは無かったと思うのだけど、自分で手を汚さないで実行できる機会を窺っていたのか。息絶える前に新羅が駆けつけてくれることを切に願う。


しかし、倒れ方までカッコいいなおいw



----


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^







デュラララ!! あぶらとり紙 竜ヶ峰帝人
ブロッコリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"デュラララ!! 第22話「解散宣言」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント