デュラララ!! 第23話「千錯万綜」

ついに一堂に会した三者。臨也の計算はどこまで!?




・三人の覚悟と決意


いよいよ主役の三人が、お互いの距離をぐっと縮めて見せた今回のエピソード。三人の姿だけ見てると、これで一気にドラマが好転しそうだと期待が持てるのだけど、臨也さんが狂喜してるのを見るとこの後の展開がどうなるのか、怖くて仕方が無いw


殺す覚悟を決めて自分の仲間たちのもとに舞い戻った紀田正臣の悲壮感が、目の前の敵が元の仲間ではなく最初からの敵だったのだと明らかになったときの精神的な救い。そこから心地よいくらいに法螺田を追い詰めて行くアクションは見事だったなぁ。そして一応はピンチになった彼のところへ、カッコよく杏里と帝人(を乗せたセルティ)が登場してきた一連の展開は、映像の見事さもあって燃えに燃える。いいところで寺東コンテ回を充てるよなぁw


いちおう今回まだ理解しきれなかったのが、帝人の意図。”大切なものを見つけた”といったようなことを前回言っていたけれど、それがダラーズ解散という結論に至った経緯と、部屋に閉じこもって良しとしていた態度に、いまいち結びつかなかった。どういうことなのだろう?


紀田と杏里が大きな覚悟と決意を背負って見せているのに、帝人はなんだかセルティに尻を叩かれてやってきた感がちょっとあって、見せ場がまだ先にあるのか、それとも自分が理解できてないだけなのかが分からなくてちょっと戸惑っている。最近、チャットしながら流し見することがあるからかなw




・静雄生きてた!w


今回一番びっくりだったのが静雄ですかねw 前回明らかに死んだような”引き”だったから、あんなにのん気な顔で歩いてくるとは、改めて彼の常人離れした体質の凄さを思い知らされる。まさに驚天動地だ。


そんな静雄と新羅のやりとりはなかなか面白かった。太ももにハサミを突き立てた状態で騒ぐなとw しかもそのあと、宣言通りちゃんと紀田を殺しに行っていたし。この人の勘違いをどうやって解くのかは、見ものですね。静雄は臨也と対峙してこそ魅力を発揮するキャラだと思うので、子ども相手にムキにならずに、宿敵のところへ向かって欲しいwww




・サイモンの語ること


そういう意味では、やはり池袋最強候補の一人であろうサイモンとも、ガチで戦うところが見たいとは思う。だけどサイモンの場合、本気で危ない目を経験したか見てきたかしているのが紀田との会話で表れていて、彼の徹底した平和主義には深く共感を覚えたところ。


これはじつに個人的なことではあるのだが、私は極寒の2月のモンゴルへ、旅行したことがある。モンゴルはご存じの通りかなり貧しい国で、路上生活を余儀なくされる子どもたち(ストリートチルドレン、もしくはモンゴルの場合、マンホールチルドレンとも)をたくさん、首都ウランバートルでは見かけることになった。ある時などは「食べ物をくれ」としつこくせがまれたことがあって、しかし周囲のたくさんのストリートチルドレンの視線が怖くなった私は、何もしてあげることができないまま逃げるようにその場を立ち去った。


彼らストリートチルドレンたちは、しばしば煙草を吸っていた。大の嫌煙家である私はそれに憤慨して、どうして10歳にもならない子どもたちが、明日の食べるものにすら困っているのに、煙草なんかふかしているのかと、馬鹿な質問をしたものだ。そのときモンゴル人の友人が答えたのは、「だってそうしないと凍えちゃうから」だった。


サイモンのウォッカ云々のくだりは、自分のそんな自分の恥ずかしい(そして貴重な)経験を強烈に思い起こさせた。だからどうした、ということは言えないのだけれども、そんなこともありましたよ、という話。


----


しかしほんと、どう決着がつくのか分かりませんな。目の覚めるような最終話のエピソードを、期待したいところ。裏で動いてるっぽい沙樹や波江さんが気になって仕方が無い。


それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^


"デュラララ!! 第23話「千錯万綜」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント