荒川アンダー ザ ブリッジ 第12話「12 BRIDGE」

パパも意外と可愛い面があるじゃないかw




・リクと星が蹴落とされるシーン


子どもっぽい喧嘩を見せてさんざん劇のテンポを加速させておいて、もう堪忍ならぬというタイミングで蹴落とされたリクと星。この瞬間の演出が、もう素晴らしすぎて涙でそうだった。


だって、ふつうあそこは、リクたちが落下する場面なのだから、当然カメラも下に落ちるわけでしょう。視聴者も当然それを期待していたはずだが、しかし実際にはステラの心底嬉しそうな、期待に満ちた表情をドアップに映し出してから、ぐあーっとカメラが上昇! 蹴落とされた瞬間の、物理現象ではなくステラたちの意識のポイントを追いかけて、画面の臨場感を何倍・何十倍にも高めて見せた。こちらの予測を完全に出し抜いた、あまりに鮮やか過ぎる手並み。なんでもないシーンなのに、なんてものを見せてくれるのか!


これだからホント、シャフト作品は油断ならない。実際に携わる人材が入れ替わったとしても、ただ新房監督作品というだけで、常に実験的で新しいものを求め、常識を打破し、視聴者の度肝を抜いてやろうと画策する姿勢が追求される。作り手にとっても受け手にとっても、非常に良い意味での切磋琢磨が生まれる所以であるし、だからこそ時折、目の前に立ちはだかる壁をぶち抜いてしまうようなシーンを見せることも増えてくる。むろんどうしたって商売である以上、常識的な作品作りの枠に留まらざるを得ないけれども、しかしその中でチャンスさえあればどんどん面白いことをやってやろうという意識が醸成されているのだろう。


改めて、シャフト作品のもつ可能性の大きさを痛感させられた気がした。好きだなぁ、シャフト。大沼さんや尾石さんの出番が減っても、今作のシリーズディレクターである宮本氏や、あるいは絶望シリーズでお馴染みの龍輪氏とか、個性的な人材がしっかり”シャフトらしさ”を維持している。とくに龍輪さんなんかは、従来のシャフト演出にはいまいちしっくりこないなぁと思っていたけれど、「ダンパ」もそうだが今作のED映像なんかを見ても、その力量は一定の評価に値するのは明白で、今後ますますの活躍を期待したくなってくる。シャフトがまだまだ伸びることができるのか、要注目だ。




・リクとニノの恋物語は順調?


今回はリクとニノの二人してアバンの”語り”を担当したわけだが、なんかすごくニヤニヤさせられる内容だった気がするwww


結局最後までわりとヘタレだったリク。今回の事件の結末には力不足なまま終わってしまったが、しかし父に電話をかけるというたったそれだけの、しかしとんでもない勇気を要するその行動に手を付けて見せたリクに、運命の女神がご褒美をくれたようだ。


ただのギャグアニメではないことは重々承知しているつもりだったが、社会派のテーマ性に加えてラブロマンスまでこんなに上手く描かれたら、もうたまったものではないと言うか。真っすぐな気持ちを真っすぐに伝えるということが、どれだけ勇気と覚悟が必要なことであって、しかしどれだけ人の人生を大きく変え得るチカラを秘めているかということを、真摯に(そしてロマンチックに)描きあげてくれた。決意ある行動は、奇跡を生むのだなぁ。




・今回のお話とテーマ


そんなわけで今回は、橋の上と下の攻防(およびそこから描き出される現代社会への風刺)はほとんど置いてけぼりになって、リクとニノの恋物語が中心テーマであった。父と子の対決を期待してたので、この展開にはちょっと不服w


だがもちろん、示唆に富んだ内容であったのはいつも通りで、とくに今回はリクパパの言動から、人生における大切なことを視聴者に考えさせようと言うテーマがあった。「パパも人の親である」としきりに言われていたことに、どういった意味が込められていたか。あっさりめではあったが、資本主義社会の権化として生きるリクの父が、ロケットの中を見て自省し、息子の生き方にいくばくかの期待をよせて見せたところに、これまで扱われてきた今作の問題提起にたいする回答が、含まれていたのだろう。


むしろ、あまりがっつりと父子の価値感の対立を描かずに、この程度のほのめかしで済ませたということは、あとは視聴者自身が考えるべき問題であるとして我々に投げかけられたメッセージであると、見て良いだろう。河川敷の生活を守るというリクの目標(およびそれに伴う主人公とヒロインのロマンス)が表層的なテーマであり、それをしっかりと描いて見せた段階で、現行エピソードは決着してもいいところだ。だからそれと同時に裏テーマと言うべき現代社会への問題提起も、次回への持ち越しとか投げっぱなしとかではなく、今回の描写で区切りをつけた(やりたいことを描き切った)と捉えるべきだろう。そうした認識から、改めてリク父の語った言葉に、耳を傾けて欲しい。




ところで今回の事件を決着せしめた謎の人物。まぁたぶん河童なんだろうけど、この展開はさすがにご都合主義すぎて笑ったw 


村長は勝ち組なのか。だとしたら結局、金のあるやつがすべてにおいて勝つのだと、そうやってひねた解釈をされかねないと思うw もちろん今回の主題はリク自身の成長を描くエピソードだから、問題解決をこういうやり方にしたのは別に悪いことではない。まだまだリクも親(実の父や高井、そして河童も?)に守られて生きる若者なのだなぁと再認識したし、そんな彼が卵の殻を破ろうと努力する姿が、見る者に清々しい勇気を与えてくれる。かてて加えて、もしものすごい金や権力の持ち主が、フザけた緑の着ぐるみを着て河川敷で暮らしているだなんて、これこそ結果主義に暴走する現代文明に対する、痛烈な皮肉だろう。



----


恐らくドラマ的なクライマックスは今回で終わりで、次回は予告通り(?)ぶっ飛んだ回になるのかもしれない。それとも、もう少しリクとニノのニヤニヤシーンを楽しませてくれるだろうか。さすがに予想がつきづらいが、予想を上回ってくれるであろうことはまず間違いないと、期待しておきたい。



それでは、今回は以上です。



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^







荒川アンダー ザ ブリッジ VOL.3【数量限定生産版】 [Blu-ray]
キングレコード

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

"荒川アンダー ザ ブリッジ 第12話「12 BRIDGE」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント