電波女と青春男 第1話「宇宙人の都会」

またぞろ不思議な作品がスタート。シャフト作品がたくさん見られるのはそれだけで幸せです。




・どんな作品になるのか


ふとももか! ふとももなのか!? 足フェチにはたまらない作品ということでいいんだろうか、足フェチではない自分も少なからず興奮しましたよ。


えっと、いちおうギャグ(というかコメディ)アニメということで認識しておくけれど。でもそんな作品になるのかどうか、現時点ではさっぱり分からないw 個人的に収穫だったのは、大好きな野中藍の演技がたくさん聞けたということ、もともと毒電波系だとばかり思っていた藍ぽんの演じるキャラクターがどう見ても毒電波系なのにサブキャラクターにすぎずもっと毒電波なイキモノがヒロインを張っていたということ、そしてシャフトが自慢の演出技法を駆使して息をのむようなビジュアルを提供してくれているということ。これだけでもう、今期トップクラスに楽しみなアニメになってくる。


それからなにより注目なのは、新進気鋭の現役女子大生脚本家(なのかっ!?w)、綾奈ゆにこ氏がシリーズ構成から担当している点だ。彼女は『世紀末オカルト学院』等で素晴らしい脚本を書いていて注目していたのだけど、『荒川UB』での赤尾でこといい、シャフトはこういうオサレ系のコメディ・ギャグ作品に、決して経験豊かとは言えない女性脚本家を起用するのは何か理由があるのだろうか。一作品を除いてはすべて原作付きアニメを手掛けているシャフトだが、いくら原作が優秀でも、それをアニメにするにはやはり脚本家のチカラも重要になってくるはずで、新房総監督らが脚本という媒体にどんなものを求めているのか、気になってくる。それが垣間見れる作品になるのかどうかは分からないが、いずれにせよ注目株の綾奈脚本をしっかりと堪能できると嬉しいので、その点にも大いに期待しておきたいところ。


お話のほうは、まだまだどうなるか分からない。一見常識人に見えてじつは適応能力抜群のツッコミ役である主人公・丹羽真が、いかにも気取ったラノベっぽいウィットに富んだセリフ回しの会話劇を繰り広げて、非日常のナンセンスなコメディを楽しませてくれるらしい。しかし、ヒロインのちくわ女、もとい藤和エリオが、ただの電波ではなく本当に宇宙人だったりして、なにか超地球規模の事件に主人公が巻き込まれるかもしれないし、あるいは現代文明のあり方に警鐘を鳴らすテーマ性を孕んでいる可能性だってある。シャフト作品だけに映像演出や音響面での注目点はたくさんあるけれど、物語のほうにも油断せずにきちんと気を配って視聴しておきたい。とりあえずは。



・隔絶される”内”と”外”の意識


それにしても、第1話にして藤和母娘(?)の奇怪な魅力がすごいなぁ。女性キャラがモブまで含めて超絶可愛いのは良いとしても、女々さんのあざとすぎる言動や、エリオのひょこひょこと動く布団や足のタッチなんかは、第1話だからってやりすぎなくらいアニメアニメしていて、これが今作の不可思議で近寄りがたいオーラを強烈に後押ししている。なんというか、ガラスの向こうにおとぎの国があって、そこの住人の非現実的な言動がおかしくて仕方がないのだけれど、ふと気づくと、自分もそのガラスの向こう側に立っていて、そんな自分を俯瞰して眺めている別の自分が存在しているのを水槽の中から見上げるような、そんなイメージ。いや、何が言いたいのか分かりづらいだろうけどww 


けれど、主人公が引っ越してきたという”宇宙人の見守る町”というキャッチフレーズ、藤和家のヘンテコな空間、エリオの部屋のまるでクラゲの水槽のような異世界感、こうした要素はなにもかも、非実在的だ。そして、その外部の存在であると確信して疑わない真が、女々からの電話を速攻で切って見せるなどの奇天烈さをすぐに身に着け(このバイタリティと適応力の高さは彼の大きな特徴だろう)、そしてエリオをコンビニに連れ出したシーンでのなんとも言えぬ親近感・生活臭は、水槽の外の住人であるはずの我々視聴者をいつのまにか今作の世界の内部に引き込んでしまう。そうやってだんだんとこのヘンテコな世界にはまり込んで行った我々は、自転車のハンドルの上にすっくと立ち上がったエリオ、彼女の始めて見せる顔や腕や髪の毛や上半身の神秘的なまでの美しさ・神々しさに見惚れ、圧倒されて、はじめて、自分がいつのまにか水槽の内部に存在していることを知ることになる。しかしてそれを知った自分は確かに画面の外にいるのだが、画面の内と外に分離して同時に存在しているかのような錯覚、これが、『電波女と青春男』第1話において追求されていた映像・脚本上の演出意図だったのではないだろうか。


エリオの人間離れした(それこそ宇宙的といって良い)美貌と、むき出しの肩やらボタンの合間から覗く素肌やらにすっかりメロメロになってしまったであろう視聴者に対して、作り手の用意したオチはあまりにも残酷だ。「あっそ」。この、視聴者を劇の外側に突き放す強烈な一言を最大限の感慨をもって呟くために、用意周到に忘我を促すビジュアルとくどいくらいのセリフを配置していたということ。これを持って、視聴者意識における”内部に入り込む自分”と”外部から眺める自分”の隔離は完成する。第2話以降、今作がどのような展開を繰り広げるのかは分からないが、現段階で、この奇妙な作品が前提として受け手にもとめる姿勢は、見事に誘導・確立されたと言えるだろう。あとは、この有利な状況をいかに巧みに利用して、我々視聴者を翻弄してくれるか。作り手のワザの如何をぜひとも楽しみにしたい。




エリオかわいいよエリオ、だけでは済まされない作品になってほしいなぁ。まぁ個人的には、野中藍さえいればあとはなんでもいいんですがw




----


それでは、今回は以上です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加中です。拍手の代わりですので、読んで良かったとちょっとでも思ったら、クリックしてもらえると嬉しいです^^





電波女と青春男 (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
入間 人間

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 電波女と青春男 (電撃文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"電波女と青春男 第1話「宇宙人の都会」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント