氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」

今期の大本命? ミステリーが苦手な自分でも、これなら楽しめそう。



台詞ばかりで動きの少ない地味なドラマを、いかにして生き生きとしたアニメーションに昇華するか。京アニならではのやり方で挑戦し、驚くほど濃密な画面世界を作り上げた『氷菓』第1話。さすがとしか言いようがない出来栄えにただただ感服するしかない。


事前に情報を仕入れていなかったので、この意味不明なタイトルの作品がいったいどのような内容のものなのか、実際に見てみるまではさっぱり想像がつかなかった。そしてじつは視聴後のいまでも、まだ「こうだ!」と言い切れるような核心に迫る理解はできておらず、なんとなくの方向性をぼんやりと予想しているだけに過ぎない。とりあえずのところは、①恋愛よりは友情や日々の生活そのものに重心を据えた青春賛歌、②世界をちょっと盛り上げるための千反田えるの団、③名探偵・折木奉太郎の解決事件簿、といった要素で構成されている日常系アニメなのだと認識しておこうと思うw


今回のエピソードは、作品全体のテーマを見据えているからだろうか、とにかく小難しい表現の台詞が頻出していて、ずいぶんリスキーな脚本だなぁと思ってしまった。今回の脚本が原作の言葉づかいを用いているのなら、原作は小説ということで文字だからこその強みを活かした作品なのだろうと想像させるところだが、アニメにはあまり馴染んでこなかった言葉を音として届ける場合、どうしても視聴者の思考に澱みや停滞(場合によっては理解不能)を生じさせてしまう。その停滞を、視聴者の思考を加速させてより深く作品内部に踏み込んでもらうための装置として(つまり異化を狙った仕掛けとして)わざとやっているのなら良いと思うし、少なくとも第1話はまさにそうした狙いがよく見えたのだが、不必要にまだるっこしい脚本になってしまう可能性もあるだろうから、バランスを考えて慎重に言葉を選んでいって欲しいところ。


一方で、言葉にならない感情については、これはアニメーションならではの発想力・想像力でもって直接に視聴者の心に訴えてくるのが、このドラマを「アニメ作品」として成立させるのに大いに貢献していたと思う。奉太郎が千反田のペースに巻き込まれて雁字搦めになっていく様子とか、下校の際に福部里志が解き明かして見せた奉太郎の心境の変化にハっとさせられるシーンなど、主人公の心の動きをほとんどタイムロス無しに視聴者に理解させ共感させるのはアニメならではの表現力だ。とくにこの作品は、緻密な背景描写や印象的な光・色彩の美しさでもって作品世界にリアルな質感を与えている一方、それが現実にはありえないイマジネーションの世界とごく簡単にリンクし融合する場面を差し挟むことによって、10代の少年が周囲の世界に抱く曖昧で夢想的な(≒青春らしい)認識を巧みに表現している。青春モノと言えばアニメでもやり尽くされた感があるようだけれど、映像演出次第ではいくらでも、より深くより生々しい青春像に迫ることができるという、ひとつの好例と言える作品になるのではないかと期待させる。


----


ところで自分は、「ミステリ」と括られるジャンルの作品が苦手だ。けれどホラーやヤクザもの、あるいはBLなどのように、もうそのジャンルそのものが苦手で忌避しているのとは違って、ミステリ(とくに推理もの)は、「本来好きになれるハズなのに、なぜか苦手な作品がやたらと多い」という傾向があって、どう向き合ったらよいのかよく分からないもやっとした感覚をいつも抱いてしまう。謎解きや推理自体は大好きなのに、なぜか好きになれないミステリ作品が多いのだ。


苦手になってしまう理由はいくつかある。ひとつは、劇中で仕掛けられるトリックとその解決法に納得がいかない場合があること。犯人の作った仕掛けがあまりにも非効率的で無意味なものだったり、トンデモ科学の臭いがぷんぷんしたりすることがあり、それらはトリック発動時の驚きを効果的に演出しようとするあまり、種明かしの際にいかにも無理やりな後付け設定だと感じてしまう。あるいはそのトリックに迫る探偵の推理も、キン肉マンじゃないんだからと言いたくなるようなこじつけor後付け推理が案外に多く見受けられる印象がある。ましてや超能力を駆使して事件を解決したり、超常現象で片づけられてしまったりすると、ミステリ演出が台無しになったと評価せざるを得なくなる。『氷菓』第1話は、発生した不思議現象自体があまりにも地味だった分、興ざめさせられてしまうような強引な推理は見られなかったから良かったものの、疑問点や不満点が無いわけではなく、今後もこの手の不安はしばらく付きまとってきそうだ。


もう一点目は、これはミステリというよりは犯罪を扱った作品の多くに言えることかもしれないけれど、犯行の動機が犯人の心の弱みとしてお涙ちょうだい演出で語られたり、あるいはそれが社会の悪弊に結び付けられたりする物語展開。これは『ギャグマンガ日和』の「名探偵だよ うさみちゃん」シリーズで巧みに皮肉られており、自分もそれにならって「犯人はいつもクマ吉手法」と呼んでいるのだけど、これが自分の趣味にまったく合わない。ミステリが苦手な理由としてはトリック云々よりもむしろこっちのほうが重要で、この手の展開を見せられそうだという予感がするともうモチベーションが大きく下がっていってしまう。しかしドラマの締めには感情を揺さぶる場面が必要になってくるということで、どうしても、推理ものと「犯人はいつもクマ吉手法」は切っても切れない縁があるのだろう。最近ではミステリ要素を省いてでも「クマ吉」を描こうとする作品をいくつか見せられたこともあって、正直にいってミステリ風の作品には辟易しはじめていたところだった。


ところが『氷菓』は、ミステリ風(あるいはミステリそのもの)の作品として奉太郎の推理が興味深く描かれているものの、事件といっても殺人ではなく”日常のなかにひそむちょっとした不思議”程度のものであり、それを解決した先に描かれるドラマは当然「クマ吉」などではなく、主人公の見る灰色の世界に、ヒロイン・えるがもたらした鮮やかな色彩と、そしてその眩しさに戸惑う青春の1ページ。それが今作における推理の”解”である。ここにおいて、推理という行為そのものに備わる面白さと、甘酸っぱい青春ドラマもしくはジュブナイル作品の持つ輝きが、ひとつになる。


エンターテイメント作品にも、戦略と戦術がある。今作のストーリーに関して言えば、無気力(本人はモットーとか言ってるけど)な少年がヒロインの豊かな感性に触れて、自分が本当にエネルギーと時間を費やしたいと思えるモノを見つけ出す過程を描くことが、戦略にあたる。そして各エピソードにおいて、ヒロインがこの世の不思議に関心を持ち、主人公が謎解き・推理を披露して見せるのが、戦術だ。この戦略と戦術の双方を効果的に連動させるにあたって、主人公の役割である推理が、客観的な立場から世界の仕組みにアクセスしようとする行為であるという点は、今作においては大きな意味を持ってくることだろう。そしてその”意味”は、彼らの身にふりかかる事件が卑近なものであればあるほど重要さを増してくるはずだ。奉太郎の推理が、ほかならぬ奉太郎自身にどんな変化をもたらしていくか。それを解き明かすもう一人の探偵・福部里志の言動ともどもに、見守っていくことにしたい。




次回は、4人目のメインキャラと思しき伊原摩耶花が登場することになるのだろうか。古典部なる謎の部活動の正体や、千反田えるとか奉太郎の姉が古典部にどのような関係を持っているのか、そして古い校舎?の存在など、気になる伏線をいくつも散りばめていった第1話のエピソード。次回以降これがどのように花開いていくのか、楽しみだ。



----


それでは、今回は以上です。


面白いと思ったら、ぜひ下の方にある拍手ボタン(ブログ気持ち玉)をクリックしてください^^



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


"氷菓 第1話「伝統ある古典部の再生」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント